日本ダービー2018 出走馬短評その3

夕方ですね。ボンカです。

葵ステークスは悶絶の結果となりました。。

◎ラヴカンプー

〇アサクサゲンキ

▲トゥラヴェスーラ

☆アンヴァル

抑え12.13.15

1着ゴールドクイーン 消 9人気

2着ラブカンプー ◎ 6人気

2着トゥラヴェスーラ ▲

4着ヴィズ △

5着アサクサゲンキ 〇

買い目

ワイド1-2 (本線)

三連複◎―〇▲―〇▲△

 

あれ?買ったはずの◎―▲のワイドは・・・???(笑)

まさかの買い目漏れでした

夜中に購入するとこういったことがありますので気を付けていきたいですね。死にたい

つーか3連複内枠先行馬くらい抑えとけよ・・・って感じですね(笑)馬券が下手や。

あとアサクサゲンキ二度と出遅れないでください


さて切り替えて明日行われる日本ダービー2018の出走馬短評のラストを書いていきたいと思います!!

現在は500万以下で2分24秒中盤がでるアホみたいに早い馬場ですが、、、どうなるか。

日本ダービー2018関連記事

日本ダービー2018出走馬短評その1

日本ダービー2018出走馬短評その2

日本ダービー2018血統考察

日本ダービー2018ラップ考察


ワグネリアン 血統★★★

騎手 福永 厩舎 友道康夫

生産 NF 馬主 金子真人ホールディングス

父 ディープインパクト 母 ミスアンコール

皐月賞では期待を裏切って7着と沈みましたね。

ただ血統的にもタイプ的にも明らかに皐月賞向きの馬とは言えず、この馬とキタノコマンドールはともにダービー向きと言ってきました。

コーナーで動けず、加速力もない馬のため東京延長の条件替わりはプラスだと考えたいです、皐月賞ではステルヴィオやグレイル、キタノコマンドールより早く動いたにもかかわらず瞬間的に見劣ったわけですから、その点は条件替わりでやや解消されそうですし。

ただやはり不安なのは枠が難しいことで、この枠だと恐らく後方からとなりポジションが取れないかポジションを無理して取ったとしても道中外々になりそうです、中団の馬が分厚いので恐らくスローのほうがいい馬だと考えていますので、展開も向かないと厳しいかな。

 

ブラストワンピース 血統☆★★

騎手 池添 厩舎 大竹正博

生産 NF 馬主 シルクレーシング

父 ハービンジャー 母 ツルマルワンピース

無敗馬ですね。かなりいい馬です。毎日杯ではギベオンを子ども扱いしてゆりかもめ賞自体は相手が弱かったものの4馬身差の快勝、シルクレーシングは今年かなり勢いがあります。。

血統や戦歴から見てもまず距離は持ってくると思います。ただ血統的に見て超高速馬場は微妙かな?という懸念はあります。

瞬発力やポジショニングもうまい、トップスピードの質もある、1800である程度流れた中でもやれたということで適性的には前走よりは条件は良くなると思うんですがね。馬場だけ心配。

重めの印を打つと思います。

 

アドマイヤアルバ 血統 ☆★★

騎手 丸山 厩舎 須貝尚介

生産 NF 馬主 近藤利一

父 ハーツクライ 母 エリドゥバビロン

買いの要素はあるんですよね。血統とポジショニングがワンチャン上手くいく可能性があるところです。

ただ足りないでしょう。消します。

 

コズミックフォース 血統☆★★

騎手 石橋脩 厩舎 国枝栄

生産 NF 馬主 サンデーレーシング

父 キングカメハメハ 母 ミクロコスモス

足りないでしょう。

 

ステイフーリッシュ 血統☆★★

騎手 横山典 厩舎 矢作芳人

生産 社台ファーム 厩舎 社台レースホース

父 ステイゴールド 母 カウアイレーン

困った騎手ですね。ワンチャン突発逃げあるか?と考えたんですが、、、2列目でしょう。

明日の馬体重に要注意の馬ですね。共同通信杯では馬体が減ってどうしようもなかったので前走戻した体重を何とか維持できているか。

前走の内容が結構いいんですよね。平均ペースで一足も使えてましたし前目で競馬もできたので有力馬との兼ね合いを考えるとこの馬自身ペースを引き上げても面白いかもしれません。

というよりも前目の馬にペースを上げたほうがいい馬が多いんですよね。(サンリヴァル、ステイフーリッシュ、ジェネラーレウーノ、エポカドーロなど)

人気はないので抑えても面白いかもしれません。

 

ゴーフォザサミット 血統★★★

騎手 蛯名 厩舎 藤沢和雄

生産 矢野牧場 馬主 山本英俊

父 ハーツクライ 母 ラグジャリ―

好枠ですね。距離延長してよくなった部分もあります。

ただこの馬自身はゲートが悪い馬で前走はかなり出ましたがネックでありますね。

もしポジションが獲れたなら面白いとは思いますけど。。。

仕掛けはある程度分散したほうが良さそうですね。

地力で劣ると考えているのであっても3着が限度かなというイメージ。

 

エタリオウ 血統☆★★

騎手 ボウマン 厩舎 友道康夫

生産 NF 馬主 Gリビエールレーシング

父 ステイゴールド 母 ホットチャチャ

青葉賞組なら安定感があるのはこっちかなあ。

血統は割といいんですよね、ダンジグと米国系を持ってますし。

ただあくまで青葉賞組ではの話で、全体でみるとやはり地力的に劣るかなと。

ロンスパに近い形で勝負したいのでこの馬が前目に着け、さらにこの馬の前にマークされるような馬(ダノンプレミアムなど)がいる展開が望ましく、今回そうなるかと言ったら微妙です。

 

サンリヴァル 血統☆★★

騎手 浜中 厩舎 藤岡健一

生産 斎藤安行 馬主 幅田京子

父 ルーラーシップ 母 アンフィルージュ

血統は★3に近い評価です。延長ローテだけ不安ですね。

ただ馬のタイプ的にはトップスピードを使えるのが一瞬ですので東京では脚の使いどころが難しいし、前傾ラップなどペースが流れたほうがいい馬なのでそういった意味で乗り替わりはかなり痛い。

枠順は最悪に近いのでどこまで腹をくくって前に行けるか、またペースを引き上げるかですね。

現状全く人気がありませんのでヒモで引っ掛けたほうがおもしろいですね。

 

以上です閲覧ありがとうございました!!良かったらクリックお願いします!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です