日本ダービー2018 血統考察

こんばんはボンカです!

爆睡かましてました。。

早い時間のうちに血統考察を終えてしまいたかったのですが。。。睡魔は悪ですね(笑)

 

とりあえずダービー前までの血統推奨馬の成績を集計してみました!

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)

複勝率 42% 複勝回収率 169.2%

これは大注目の血統考察ですね。(自分自身でハードルを上げていくスタイル)

基本的にできるだけ人気薄を血統推奨仕様としているのですがちらほら人気馬もいますね。そしてこいつらが勝てないという。

ここはもうすこし考えて記事を書かんといかんですね。

 

さて自慢を終えたところで日本ダービーの血統考察に入りたいと思います。

今回お話ししたいことは4つとかなり多いです。ものすごく気合が入ってますwなんたってダービーですからね。

①相性の良い種牡馬について

②キングカメハメハ=キングマンボ持ちについて

③ルーラーシップ産駒やロードカナロア産駒について

④相性の良い血について

まずはこちらの簡単な血統表をご覧ください!

 

日本ダービー2018関連記事

日本ダービー2018ラップ考察

 

 

①相性の良い種牡馬について

まずは種牡馬から見るのが吉ですよね!

ダービー過去10年の種牡馬別の成績を表にしましたのでご覧ください。

馬券になった馬を複数回出している種牡馬で今年出走馬がいるのは

ディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライ、ステイゴールドですね。

中でも母数は少ないですが回収率の面で優秀なハーツクライに注目したいと思います。

ハーツクライ産駒で馬券になったスワーヴリチャード、ワンアンドオンリー、ウインバリアシオンに共通する点がありました。

それは【33秒台の末脚を使って勝利した経験がある】点です。

今年のハーツクライ産駒にこのデータを当てはめてみると

グレイル ×

アドマイヤアルバ ×

ゴーフォザサミット 〇

タイムフライヤー 〇

となりました。特にグレイルは見た目の血統はいいのですが皐月賞記事で書いたように上りに限界があるタイプで、上りがかかる馬場や展開のほうが良いタイプの可能性が高いため、ハーツの延長東京替わりで穴人気する可能性がありますが今回は早くも消し宣言をしておきたいと思います。

また、ディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒は数字上では優位で、明らかに足りない馬の出走もあるため人気馬に絞ればおいしくはないですがどうしても有力な種牡馬になりますね。

キングカメハメハ産駒に関しては次の項で少し触れておきたいことがあります。

 

②キングカメハメハ=キングマンボ持ちについて

さて前の項の最後に触れたキンカメ産駒についてですがダービーでもこの産駒の傾向が出ています。

ラップと関係する話で僕は常々口にしているのですが、キングカメハメハ産駒は緩いラップのほうがいい馬が多いんですよね。

過去10年ダービーでキングカメハメハ産駒もしくはキングマンボ持ちが馬券になった年は2017、2015、2011、2010、2009年の5回にわたってあるのですが、2009年の不良馬場開催時以外はすべて後傾ラップのだったという事実があります。

なのでどうしても前傾ラップでは強調したくない血統ですね。

今年はアイトーンがいない、ジェネラーレウーノはいる前目もまあまあいるがある程度コントロールする意識がありそうということで、実質ペースに関してはゴリゴリの前傾ラップには達さない平均ペースからスローペース位になりそうなのはキングマンボ持ちにとっては追い風かもしれませんね。

もう一つ触れておきたいのはキングマンボ持ちはパワーがある馬が多いということですね。

実際に不良馬場開催の2011、2009年はキングマンボ持ちの人気薄がともに3着に来て穴を空けました

今年は晴れ予報ですので使えない知識かもしれませんがいつか雨のダービーが来た時のために覚えておきたいですね。

 

今年のキングマンボ内包馬

キタノコマンドール

コズミックフォース

サンリヴァル (父ルーラーシップ)

ステイフーリッシュ

ステルヴィオ (父ロードカナロア)

ブラストワンピース

ワグネリアン

 

③ルーラーシップ産駒やロードカナロア産駒について

キングマンボ持ちの傾向の話からロードカナロア産駒やルーラーシップ産駒に話を発展させます、まだ傾向がつかみ切れていないので想像の段階ですし強く主張はしませんがこれらのキングマンボ持ち種牡馬は前傾が苦手というキングカメハメハ産駒の傾向を受け継いでいない可能性が高いと僕自身は考えています。

ルーラーシップ産駒はトニービンを持っていますし、ロードカナロア産駒はストームバードを持っていますのである程度前傾に対応する力を持っていてもいいのでは?という視点での考察ですが、実際ルーラーシップ産駒は高いレベルだと前傾やしまった平均ペースでもパフォーマンスを落とさない馬が多いですし。

ただルーラーシップ産駒に関しては東京は得意ですが距離延長は苦手というデータがあるので注意が必要かもしれませんね。

 

④相性の良い血について

さて、ようやく軸となる血統のお話です(笑)

長くなってしまいすいません。

過去10年で相性が良さそうだと感じた血統を2本発表します。

「ダンジグ系」「ロベルト系(4L)」

この2本です。

ロベルト系に関してはロベルトの中でもスピードがあるタイプのほうがいい気がしますね。

具体的に言うとグラスワンダー、タニノギムレット、シンボリクリスエスなど

 

今年のダンジグ内包馬

エタリオウ

グレイル

コズミックフォース

ジェネラーレウーノ

ジャンダルム

ダノンプレミアム

ブラストワンピース

 

今年のロベルト系内包馬

ジェネラーレウーノ(父スクリーンヒーロー)

ジャンダルム(母父Lear Fan)

ダノンプレミアム(母父インティカブ)

 

 

ああ~おもってたよりダノンプレミアムいいっすね。。w

さて①-④の項で上げた馬から一頭血統推奨馬を出したいと思います。

今回は様々な理由によりあまり自信がないです。

これは出走馬短評でお話ししたいと思います。

今回はこの馬!馬C

父がね~2400以上で若干弱いんですよね(これも自信ない理由の一つです。)

ただ人気薄にはなってくると思いますし、リスクよりもリターンのほうが多いと思っています!

 

以上です閲覧ありがとうございました!

この記事が役に立った、面白かったと感じた方はクリックお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です