有馬記念2018 傾向と対策

こんにちはボンカでございます。

12月に入ってから土日のレースは当週の水曜日あたりから更新し始めていたのですが今週はなんたって有馬記念。火曜にして2記事目を書いております。掛り気味ですね。(笑)

有馬記念と言えば「枠順ゲー」なのは有名な話で、僕の周りの友達も枠順発表が楽しみ!とか本命が内枠引きますように!とほざいておりますがものすごく気になりますよね枠順。僕も現状で本命候補が2頭いるので枠順発表まで毎日神棚に祈ってます。(笑)

そんな大事な大事な有馬記念の枠順抽選は12月20日木曜日の5時からユーチューブの

BS Fuji official Channeel 

で公開生放送が見られます!(上記チャンネル名リンク)

昨年の抽選会は1時間半程度でしたので5時から6時半ごろには終わるでしょうし、ライブストリーミングなので見逃した方もアーカイブで閲覧できますね。最悪外にいても通信料は食いますが見れますよ。

BSフジでも同様の中継がありますのでそちらでも見れる形ですね~。

昨年はキタサンブラックが白帽を引き当てて八〇長だのなんだの言われてましたが個人的には引きが強いだけかと。不正のしようがなくないですかあれ?(笑)

今年はどんな並びになるかな~。内が絶対条件の馬が多いですからね~。楽しみなもんです。

とまあ抽選の話はこんなもんにしといて有馬記念の過去10年データをまとめましたのでそちらをご覧ください。

有馬記念2018 過去10年分データ

・配当


・人気

→1人気の複勝率が90%とかなり高く1人気で馬券外に敗れたのは近10年では2015年の引退レースとして出走した6歳のゴールドシップ1頭のみ。配当面では平穏に収まる年と荒れる年の差が激しく、見極めが必要。単勝配当のマックスはゴールドアクターの1700円。平均は1000円を下回る。

ただ人気薄も健闘しており、6~9人気は複勝率が12.5%連対率は10%。10人気以下は複勝回収率が70%とそこそこの期待値があるので穴目はある程度手広くいってもよいかも。その年の上位人気馬が強いのかどうかの見極めは必要ですが。。。

・年齢

過去10年で馬券になった8頭3歳馬の内7頭は中山重賞勝ち経験orG1勝利経験or中山G1③着内実績のどれかがあった。これに該当しなかったのは当レースで相性の良いキンカメ産駒のトゥザグローリー。トゥザグローリーは小回りの古馬G3勝ちとG2連対経験あり。

今年の3歳馬ブラストワンピースは中山実績ナシ&非G1馬。新潟で古馬G3勝ちはあるもののデータ的には少し推しにくいかも。

・所属

→栗東有利。

今年出走する美浦所属馬

オジュウチョウサン

キセキ

サクラアンプルール

ブラストワンピース

ミッキースワロー

レイデオロ

これらの馬には不利なデータかもですねー。いろんな意味で通用するデータかはわかりませんが。

レイデオロ、キセキあたりは上位人気ほぼ確定でこれらのうちどちらかは馬券外に消えてもおかしくないでしょうね。

・枠順

馬番10以降で馬券になった9頭中7頭がG1馬。それ以外の2頭の内トゥザグローリーは前年の有馬記念で二けた人気で3着と適性を見せていた。残りの一頭アドマイヤモナークは中山芝の成績が1-2-2-1とハイアベレージで敗れた一戦も14人気5着と高い中山適性を見せていた。

G1馬もしくは有馬記念で馬券になった実績のない馬は馬番10以降で

0-1-0-61

・前走レース

以上です!閲覧ありがとうございました!

現状で重い印候補の馬を発表しておきます。

馬C



また、危険人気馬も発表しておきます。

馬D 


最強競馬ブログランキングへ

コメント