札幌記念2018 出走馬短評

こんばんはボンカです!

お盆も終わりましたね…お盆の終わりとともに夏も終わった感覚になるのは僕だけでしょうか?

ああ、一番好きな季節の夏の終わりはいつもテンションがた落ちです。。

もっと海行きたかったなあ。。コテージも行きたかった。。。

やり残しが多すぎる夏です。馬券も全然ダメやし(笑)

今週は夏の大一番札幌記念が控えておりますので何とかここで結果を出していい夏だったと言えるようにしたいですね!

今年の札幌記念、上位人気馬にやっぱり不安が多いと思うんですよ。詳しくは各馬の項にて書きますが、昨年まではいかなくてもそこそこ荒れるビジョンも見える。


札幌記念2018関連記事

札幌記念2018血統考察

今週の他重賞

北九州記念2018血統考察


【PR】エスケープマジック

競馬最強の法則2018年3月号掲載の馬券術!!

「隠れ逃げ馬」をご存知でしょうか?

競馬は逃げ馬がわかればその馬の単勝を購入し続けるだけで回収率が190%を超えることはご存知でしょうか?

ただ逃げ馬を見つけるのが難しいシーンって多いですよね。実際にゲートが開かないとわからないことばかりです。

そこで今回は競馬ファンにばれていない逃げ馬を発見する方法を公開します。

的中実績

3月17日 中山12R

13人気マッジョネラ

単勝79.9倍 複勝14.1倍

3月25日 阪神7R 

10人気メイショウタイシ

単勝39.6倍 複勝8.7倍

3月31日 中山6R

8人気シスル

複勝3.1倍

4月15日 中山10R

9人気ダノングッド

単勝26.7倍 複勝5.6倍

詳しくはバナークリック!!年間収支も掲載されています!

値段も1800円とかなり手ごろ。。。個人的にもちょっと欲しいくらいです。(展開から予想を組むことが多いですしね。)


さてさて!出走馬短評行ってみましょう~!

 

モズカッチャン 血統☆★★

父ハービンジャー、母父にキンカメ母母父はストームキャット系とチーフズクラウンとTurn-to系の配合で札幌記念ではかなり相性が良さそうな血統で評価は本来マックス。ただハービンジャーの休み明けということでその点はマイナス評価。

上位人気馬ですので不安点から。

まずモズカッチャンはド枚シーマクラシックから4か月半の休み明けで札幌記念出走ということですが、モズカッチャンは鉄砲駆けの実績がないんですよね。血統的にもハービンジャーは叩き良化型が多い種牡馬ですし、モズカッチャン自体の成績もハービンジャーの特徴とリンクしていますのでこの点は明確な割引要素。

適性的にはオークス2着、フローラs勝ち、エリザベス女王杯勝ちを見ても本質的にはスローからの立ち回り戦で結果を出しており、札幌記念は流れやすい重賞で今年のメンツを見ると尚更その色は強いですのでモズカッチャンが得意とするレースの質からは若干離れるかも。

ただこちらに関しては叩いて2走目の秋華賞3着は重馬場で結果的ハイペースでしたしこなせる範囲内ではあるとは思いますが。

基本的な前半部分のスピードを要求されるとマイスタイルやネオリアリズム、マルターズアポジーあたりは強力ですし、仮にドスローまで落ちても休み明け×の分でミッキースワロー、サクラアンプルール、クロコスミア当たりに逆転を許す可能性は割と高いかもしれません。

好走するには恐らく内目の枠必須。

1人気で明確な不安点がある馬ですし内枠以外ならヒモ扱い程度が妥当な気もします。

 

まとめ

休み明け×

・得意ペースはスローからのL2最速の立ち回り戦→札幌記念は流れそう

・血統面は休み明け以外かなり良い

内枠必須。悪くても中枠が欲しい。

 

ミッキースワロー 血統★★★

父トーセンホマレボシはディープインパクト×ノーザンテーストやセクレタリアト、クラフティプロスペクター。

母系はジャンポケにリファール、Caroなどでぱっと見の血統は札幌記念でごりごり走りそう。2011年勝ち馬のトーセンジョーダンと血統構成が近いのも〇。

んーただ案外簡単ではないと思っていて、AJCCでダンビュライトに敗れて2着だった時の内容が悪いんですよね~。

大前提として不良菊花賞以来の出走というところはあるんですが、61.3‐60のペースでL4地点最速の仕掛けが早く、瞬間的な脚を求められないレース。

その中でダンビュライトがある程度流れて強く、ダンビュライト向きのレースになったとはいえ3馬身差の完敗。

大阪杯では5着と着でいうとある程度恰好は付けた形で、L3地点11.1と瞬間的な脚を要求されてはいるんですがこれまたL4地点11.2と仕掛けが早くなったレース。

逆にL2地点11.3、L1地点11.0となったセントライト記念ではアルアイン相手に突き抜けているように、やはりこの馬は仕掛けが遅れる形のレースのほうが現状では向いているという判断。

なので本質的には札幌のコース自体はあまり向いていない印象。2011年や2012年のようにL3からL2地点でぐっと加速するL2最速のレースになったときは問題なさそうですがそれ以外だと取りこぼしもありうる。

ペースに関してはハイペースがダメかどうかは未知数。血統的にはハイぺでもやれそうだが・・・

ただやはり地力では最上位でしょう。

 

まとめ

血統は◎。2011年勝ち馬トーセンジョーダンと近似配合

・分散する競馬だと微妙。L3からL2の加速が大きい競馬向き。本質的には札幌向いてない。展開次第。

・地力はあるので休み明け+展開不向きでも突っ込んでくる可能性はある。

・ハイペース適正は未知。血統的には悪くなさそうだが・・・

 

マカヒキ 血統☆☆★

父ディープに母系がフレンチデュピティ、レインボウコーナー、サザンヘイロー。つまりヘイロークロスが存在。

血統的に強調する点はなし。

個人的にマイラーだと思っている馬。マイル試してほしいんですが札幌記念ですか。

んー人気するんですかね?ファンが多そうな馬ではあるんですが。

この馬の課題は状態面でしょう。骨折明けでもありますし、鞍上ルメールでそこそこ仕上がっている雰囲気はありますが。

僕は完調まではまだだと思います。

そしてやはり3歳時に凱旋門賞に挑戦すること自体正直反対で。

天皇賞秋で4着とそこそこやれてますがあれは不良馬場の恩恵だと感じています。

つまり凱旋門賞挑戦の名残、ヨーロッパ適性を高めたものの残りだと考えています。

なので現状ではゴリゴリの高速馬場よりも時計のかかる馬場で買いたい馬なので、時計のかかるであろう今回は状態面抜きならチャンスかも。

 

まとめ

大きな課題は状態面。骨折明けでどこまで。鞍上ルメールにはそこそこの気合を感じるが・・・

凱旋門賞挑戦の名残=時計かかる馬場への適性アリ。馬場次第で注意。

・人気次第な面もあるかも


【PR】大川慶次郎の今週の勝負予想

全盛期には「大川慶次郎の予想でオッズが変動する」のは当然であり、 現在の全ての競馬新聞・競馬雑誌・競馬放送を合算しても影響力では敵わないであろうほどの 競馬の歴史上に記録される大人物です。 その大川慶次郎の予想方法を引き継ぐという「由緒正しい正統性』を保持しているのが こちらの競馬情報サイトです。

無料で簡単登録!

登録はバナークリック!!!


サングレーザー 血統☆☆★

母系がゴリゴリの米国血統。父ディープは函館よりは走りやすいと思うのですが、強調する点はありませんね。

サングレーザーは2000へ延長ですか。。。

流れること自体は良さそう。スローだと折り合いが怖いですし。もともとは折り合い難のあった馬ですしね。

あとポジションを取れるかどうかですね。その点を鞍上はどう考えているか。後方で折り合い重視の気がしなくもないんですが・・・

また、高速馬場適性の高い馬で週中の雨で中速~低速馬場でどうか。スタミナのいる馬場にはなりそうでそこも合うか微妙。

後方折り合い重視だと届かない可能性もありそう。陣営としてはここの様子を見て天皇賞秋の出走を決定する感じなのでしょうか?

んー人気するならリスクはある馬ですね。外目を引くとよくないかも。

 

まとめ

折り合いとポジションがカギ。折り合い重視後方待機策だと届かない可能性が高い。

・馬場状態にも注意。軽い馬なので力とスタミナのいる馬場が向かない可能性もある

・外目の枠なら尚更微妙。

 

サクラアンプルール 血統★★★

昨年の覇者。血統的には札幌記念は合っているはず。

前走は明らかに仕上がり途上の中2着と好走でメイチは恐らく札幌記念だと思いますし、有力馬が休み明けたたき台という点からも妙味はそこそこあるんじゃないでしょうか。

適性的にはスローバランスのほうがいい馬。しかし今年はメンツ的に結構流れそうですし、昨年は札幌記念を快勝しましたが内枠でインで溜める+メンツレベル今年より下+中盤13.0と大きく緩んだことなど結構ハマっての勝利だったところをどう判断するかですよね・・

人気しすぎるようなら本命視したくないですし、しないようであれば普通に拾うべき馬という認識。内枠は絶対条件。

 

まとめ

・血統は合格。

札幌記念の本気度が有力馬と比較して高い

・スローバランス◎。

・今年は流れそう+昨年より相手強化+内枠引き必須と難しい面もある。

 

ネオリアリズム 血統★★★

母系がいいですね。母父Meadowlakeは洋芝巧者。また、ネオリアリズム自身このレースの覇者。

この馬もドバイ以来4か月半ぶりで状態面がどうか。天皇賞秋では状態面+馬場で大きく崩れたが・・・

今回は天皇賞秋時よりも出来は良さそう。一応たたき台の位置づけではありますが力はある程度出せると思います。

適性的には有力馬では珍しく平均以上>スローバランスのタイプで他有力馬が大きく崩れる展開なら台頭してくる可能性は高い。

マイスタイルやマルターズアポジーなどと親和性は高いかもしれませんね。

あとは久しぶりで折り合いもどうか。名手モレイラですし折り合いなどは心配しなくていい気もするのですが。

 

まとめ

久しぶりでどうか。天皇賞秋よりはましに見えるが。

他有力馬と逆の適性。平均以上>スローバランス。他有力馬と親和性が低い

・折り合いもカギ。モレイラがしっかり卸せるか。

 

マイスタイル 血統☆★★

トニービン内包は悪くない。グレイソヴリン系も走る重賞。ハーツクライは意外と2歳時から走る馬もいますが本質的には晩成。古馬になってから。

前走前々走は力が抜けてましたね。条件戦からの札幌記念挑戦。

実はマルターズアポジーと同じく評価している馬。

3歳時はスローからの好走がメインでしたが古馬になってからはハイペース先行で粘りこみを図るなどペースへの依存度合いがかなり少なくなっている印象。崩れた新潟大賞典は鞍上のミス。6番手に控えてしまっては早い脚のないこの馬には厳しい。

現状上位に通用する可能性があるのはハイペース下での一脚で、有力馬にハイペース耐性が高い馬が少ないのでスローに落としてしまうよりは通用しそう。そしてその展開が実際に起こりうるメンツですし、条件戦からの挑戦は厳しい重賞ですが今回はチャンスがあるかもしれませんね。

ただ鞍上は超絶不安です。

 

まとめ

ハイぺ耐性がある。有力馬が得意としないタイプのレースも得意。

・鞍上が不安

・ハーツクライ産駒は古馬になってからが本番。成長力に期待。

 

ゴーフォザサミット 血統☆★★

いい母馬ですね。ショウナンマイティの母でもあるラグジャリ―はストームキャットとセクレタリアトにリボーなどを内包。父はハーツクライ。短縮ローテはマイナスですね。

決して弱い馬ではないですし今後が楽しみな一頭ではあるんですが、この馬は青葉賞で勝つまで位置取りで苦しんできた馬。今回短縮ローテでまた位置取りを悪くするのであれば簡単ではないでしょう。

適性的にもダービーではL3地点11.2、L2地点11.2とトップスピードの持続力を問われていまいち弾けなかったのはマイナス要素ではないと思うんですが前半流れるとなるとハーツの子供ですしあまりよくなさそうではありますね。そもそも追走力の面で劣る説もあります。

好走するには中枠が欲しいですね。

 

まとめ

・ポジションが厳しくなりやすい馬。ペースが上がるのも微妙そう。

血統は悪くないが短縮ローテはマイナス

・中枠が欲しい。内枠か外枠ならつらいかも。


【PR】

札幌記念&北九州記念の関係者裏情報を大公開!

↓バナークリック&無料登録で情報GET!↓


マルターズアポジー 血統☆☆★

血統は強調する要素無し。

距離不安がささやかれていますが個人的にはマイルよりは2000のほうがいいと思うんですよね。

快速逃げ馬の印象が強く、前半部分である程度無理が効くことがこの馬の売りですが、マイルだとやはりオノ基本的なスピードで削ぎ切れない印象。

2000だと明確に基本的なスピードで上位ですし、後続を削ぎ切れる可能性もありますし、中山記念のような内容だとギリ3着足りる可能性もあると見ています。

また間隔があいたほうが良い馬で今回は鳴尾記念以来とそこそこ間隔があいたのもプラスでしょう。

 

まとめ

マイスタイルと同じく前残り注意が必要

・距離不安で人気落ちならでき次第では妙味。

・間隔空き気味のローテは好ましい。

 

スズカデヴィアス 血統★★★

血統自体は父キンカメで母系はフェアリーキングやリボー、ボールドルーラーとよさげ。

ただこの馬は高速上りで好走歴のある馬ですし、ここは買いとはいいがたい。

また、右回りも若干不得手な側面もありますし・・・

消しでいくと思います。

 

まとめ

低速上りの札幌記念向きの馬ではない

・右回り不得手。

 

クロコスミア 血統☆★★

父ステイゴールド、母系はボストンハーバーやブラッシンググルーム、サドラーズウェルズと欧州性が全体的に強い配合で、ある程度力のいる札幌記念の馬場は相性が良さそう。

まずこの馬に関しては戦績的に休み明けのほうがいい可能性があります。

適性的には2017年エリザベス女王杯2着や稍重馬場の府中牝馬1着など力のいる馬場でパフォーマンスを上げている節があり、時計がかかりそうな札幌記念では警戒すべき適性。

武器としてはやはり瞬発力で瞬間でギアを上げ下げできることが挙げられるので、内目&前で折り合ってL3からL2の加速度合いが高い競馬になれば怖い。ただそう長くは持たない脚ではあるので分散してしまうとあまりよくないですし、ハイペースになると我慢できない可能性も高いと見ています。

不人気ですし、ペース&枠次第では穴目として注目。

 

まとめ

力のいる馬場は得意。よって馬場が向く可能性が高い

・L3からL2の加速度が高い競馬になると怖さはある。

・ハイペースになると微妙。

・休み明けは気にしなくていい。

 

スティッフェリオ 血統☆★★

んー前走の内容はラップ的には若干足りなさそう。また、2走前マイスタイルにちぎられた時の内容を見ても苦しいか。

消します。

 

ナイトオブナイツ 血統★★★

血統的には父ハービンジャーにノーザンテースト内包と相性はいい。

ただこの馬もきびしいでしょう。

 

アストラエンブレム
アイトーン

消します。

 

以上です!

現状で穴で魅力を感じている馬を発表しておきます!

穴E

更に、微妙だと思っている人気馬も発表しておきます!

危F

 

えつらんありがとうございました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です