東京スポーツ新聞杯2018 血統考察

さあ東スポ杯2歳ステークスが今週開催されます。ワラウカドの会員としてはルヴォルグを全力応援なのですが血統考察はあくまでフラットにやっていきたいと思います。。ただちょっと今回は絞り込むのが難しいですね。


マイルCS2018関連記事

マイルCS2018データ
マイルCS2018血統考察
→マイルCS2018最終予想

今週の他重賞
→東スポ2歳ステークス2018最終予想


  • 目次
  1. 東京1800m2歳戦の種牡馬データ
  2. 東スポ2歳ステークスで強い血統について

1東京1800m2歳戦の種牡馬データ

※集計期間は過去10年でとってます。そんなに年数いらないけど。

上が新馬~2歳G3,OP特別までを集計したもので、下が2歳G3とOP特別のみで集計したもの。

新馬含みではディープブリランテがかなり走ってますね。ディープ、ハーツ、ハービンは回収率は人気するのもあって苦しめの数値ですが複勝率はどの種牡馬も30%を超えてくるという一番扱いが厄介なヤツ。

これを重賞とOP特別に集計条件を変えても上記の3種牡馬は複勝率が変わらないという。

一応今年の該当馬をまとめておきます。

該当馬

ゴータイミング(ディープインパクト)
ダノンラスター(ディープインパクト)
ルヴォルグ(ディープインパクト)
ヴァンドギャルド(ディープインパクト)
カテドラル(ハーツクライ)
ホウオウサーベル(ハーツクライ)
ニシノデイジー(ハービンジャー)


2東スポ2歳ステークスで強い血統について

絞り込みにくいほんとに。。。

とりあえず目立つのは

①4Lにミスプロ系を内包している馬
②4Lにダンジグを内包している馬
③ヨーロッパよりの重めの血を持っている馬

少し悩みますが2歳戦で強いダンジグの血を持っている馬と、回収率の高いミスプロ系内包馬を重視してみようと思います。①と②。

①に該当する馬

ハクサンタイヨウ(ブラックタイド)
ニシノデイジー(ハービンジャー)
カテドラル(ハーツクライ)
ヴェロックス(ジャスタウェイ)

②に該当する馬
アガラス(ブラックタイド)
トーラスジェミニ(キングズベスト)
ナイママ(ダノンバラード)
メイスンハナフブキ(エイシンフラッシュ)
ルヴォルグ(ディープインパクト)

 

さて、あまり絞り込めていませんが今回はこの馬を推奨しておきたいと思います。

馬E 
→父産駒は母系にダンジグを持つと早い時期から活躍できる馬が多い。前走の内容も濃く、普通にやれれば勝ち負け。

また、本命~対抗印を回そうと思っている馬を発表しておきます!

馬F 

以上です!閲覧ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です