秋華賞2018+α 最終予想

こんばんはボンカです。

土曜は3の0と馬券はボロボロ。秋華賞の資金つくりに失敗!残念。。。明日巻き返したい。。。!

週中は秋華賞2018書くつもりはあったんですが、秋華賞の出走馬短評の記事は時間が足りず書けませんでした。

いつもより少し早いですが秋華賞の最終予想ができましたので書いていきたいと思います。


秋華賞2018関連記事

秋華賞2018血統考察

秋華賞2018データ


秋華賞2018 自信度4

想定

逃げ馬 サヤカチャン(番手示唆コメントはありますが…暫定的に)

ペース 1秒程度のハイ~平均

馬場  標準程度の馬場。内差し注意。

 

◎アーモンドアイ
→逆らえないでしょう。休み明けや美浦所属といったマイナスデータには該当していたり、手前を変えない癖など不安要素がないかと言われればあるのかもしれませんが、それでも名牝級の馬ですからまず馬券内から消えることはないでしょう。成長分を加味してもラッキーライラックなどのオークス出走組とはすでに勝負付けはすんでいるとと思いますし、桜花賞のマイルでのタフな平均ラップ、オークスでの2400m、シンザン記念の馬場など異なる条件をことごとくクリアしてきた馬ですので例年脚を余しにくいレースとなっている秋華賞ではなおのこと飛びにくいでしょう。大出遅れ、アクシデントがなければ三冠牝馬の誕生だと思います。

(バナークリックでブログ紹介文に表示です!現在130位くらい。)
→前走は内枠引きから包まれて脚を出し切れない競馬。オークスは後手後手の競馬で位置が悪すぎた。2着のフローラsも外からかなりロスが大きい中で素質馬と接戦の2着。人気薄で存在感の薄いキャラで注目されにくいですがここ近走はすべて展開的に苦しめの競馬になっている。フローラsや未勝利時代の内容から瞬発力とトップスピードの質では劣るが秋華賞のような上りがかかる&L3しっかり出し切るような競馬は合っているはず。血統的にも評価しており、上りのかかる競馬に強いヌレイエフを持っていることや秋華賞のトレンドであるバランス配合の馬であること、母が秋華賞で2着であることも強調材料。また、個人的にはルラシ産駒はアップ戦であまりパフォーマンスを落とさないイメージ。今回は内目の枠を引いて中団で足をためられれば。馬券としては◎との2頭軸で攻める。実質この馬が◎みたいなもん。(笑)データと鞍上が不安。(笑)


→枠順を見て評価を変えた馬。前走は前へ前へ行く競馬でもともとかかるところのある馬なので秋華賞で再発のシーンも想像できたが今回は前に壁を置ける枠ということで評価アップ。ディープ×母父サドラー系は成功例の少ない配合パターンですが秋華賞に関してはそんなに悪くない配合。上りのかかる競馬で勝利歴があるのは 強調点。2000なら守備範囲。

△5.7.10.13.16

 

追記

新潟9R 500万以下 自信度1 買わないかも

◎カイトセブン

〇アポロテネシー

 

新潟11R 信越s 自信度2

◎タガノブルグ

△2.5.10

 

以上です!

閲覧ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です