秋華賞2018 血統考察

こんばんはボンカです!

秋華賞、楽しみすぎますね~。馬券的にはおいしくないですが個人的にはアーモンドアイの三冠達成を見たいところです。

そんなアーモンドアイはオークスからの臨戦で、先日データを出しましたがまともな馬はサンテミリオンしかいなかったもののオークスからの直行組は0-0-0-10という状況。

また、ライバル第一候補のラッキーライラックもオークスからの直行。

さて、これらの一角崩しをなせる馬はいるのか?血統で探してみましょう!


秋華賞2018関連記事

秋華賞2018データ

秋華賞2018最終予想

今週の他重賞

府中牝馬s2018血統考察

府中牝馬s2018最終予想


2018年度血統推奨馬成績

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)→マーメイドs(ルネイション8人気9着)→エプソムⅭ→(ベルキャニオン9人気6着、マイネルフロスト13人気9着)→函館ss(ワンスインナムーン2人気8着)→ユニコーンs(ルヴァンスレーヴ1人気1着)→宝塚記念(ダンビュライト5人気5着)→CBC賞(アレスバローズ4人気1着)→ラジオNKKEI賞(イエッツト3人気11着)→七夕賞(メドウラーク11人気1着、サーブルオール1人気4着)→プロキオンs(ドライヴナイト9人気13着)→函館記念(ヤマカツライデン回避)→函館2歳s(カルリーノ3人気3着)→中京記念(ロジクライ5人気2着)→アイビスサマーダッシュ(アクティブミノル14人気8着)→クイーンs(ツヅミモン5人気9着)→小倉記念(トリオンフ1人気1着)→レパードs(ショーム除外)→エルムs(リッカルド4人気6着)→関屋記念(ロードクエスト8人気5着)→北九州記念(トウショウピスト12人気13着)→札幌記念(サクラアンプルール7人気6着)→新潟2歳s(エルモンストロ5人気6着)→キーンランドカップ(キャンベルジュニア5人気4着)→札幌2歳s(アフランシール3人気5着)→小倉2歳s(セタブリアン4人気16着)→新潟記念(メートルダール6人気2着)→紫苑s(カレンシエリージョ9人気10着)→セントウルs(ラインスピリット9人気5着)→京成杯AH(ロードクエスト5人気4着)→ローズs(サトノワルキューレ1人気6着、ウラヌスチャーム6人気5着)→セントライト記念(ジェネラーレウーノ4人気1着)→オールカマー(ダンビュライト3人気3着)→神戸新聞杯(ステイフーリッシュ5人気5着)→シリウスs(なし)→スプリンターズs(レッツゴードンキ3人気5着)→サウジアラビアRC(アマーティ4人気3着)→毎日王冠(ケイアイノーテック4人気5着)→京都大賞典(なし)

着度数 6‐6‐6‐38

推奨馬平均人気 5.8番人気


【PR】コンピエクセレンツ

激走する穴馬をズバッと見つけたくないですか???

9番人気馬の激走も決して見逃さない
高配当の単複を美味しくゲット!

続いてはこの日2本目となる9番人気馬の単複を的中
穴馬探知機の本領を発揮!

コンピ応用でなかなか取れないような配当が日に数本出る!!

↓バナークリックで詳細確認!!↓

コンピ・エクセレント【激走する穴馬をズバズバ見つける方法教えます】


まずは血統表をごらんください!


目次

①秋華賞のラップ傾向について

②秋華賞で馬券になった種牡馬を見る

③秋華賞で強い血を考える


①秋華賞のラップ傾向について

→過去10年で後傾ラップに収まったのは2回だけ。後の年ではすべて前傾ラップのタフなレースになっている。また、瞬間的なスピードよりも11秒台中盤を切るくらいの脚を連続させることが問われてくる。仕掛けどころに関してはまちまちでこれといった傾向はない。

 

②秋華賞で馬券になった種牡馬を考察

さて、本題の血統についてですがまずは種牡馬から見ていきましょう!
表を用意しました。

この表は近10年で馬券になった馬の種牡馬から古い種牡馬を抜いたものです。

特徴としては

(1)ディープ産駒は人気するので複勝回収率が壊滅的だが4勝6連対と結果は出しているので要注意。特に栗東の前走重賞連帯馬

今年のディープ産駒

オールフォーラブ 栗東 前走9着

カンタービレ   栗東 前走1着

サトノガーネット 栗東 前走非重賞

サラキア     栗東 前走2着

トーセンブレス  美浦 前走15着

プリモシーン   美浦 前走1着

ミッキーチャーム 栗東 前走非重賞

ラテュロス    栗東 前走3着

赤字のカンタービレ、サラキア、プリモシーンはある程度人気してくるでしょうけど注意を払っておかなければいけない存在と思います。

 

(2)ミスプロ系の父を持つ馬が穴を空けている。

キンカメ産駒はアパパネの1人気1着1勝止まりだが2015年のマキシマムドパリをはじめそこそこの穴を送り込み、複勝回収率は97%と好調。また、2008年大波乱の立役者となったブラックエンブレムの父はウォーエンブレム、一昨年3着のカイザーバルの父はエンパイアメーカーとこれまたミスプロ系。また、のちに詳しく離しますが4Lにミスプロを持っている馬が強いというのもこのレースの特徴。

今年父がミスプロ系の馬

アーモンドアイ

ウラヌスチャーム

パイオニアバイオ

リュヌルージュ

アーモンドアイはともかくパイオニアバイオやウラヌスチャームは種牡馬で見れば穴となっても良さそうな馬となります。

 

③秋華賞で強い血を考える

前項でお話しした通りまず強いのは「4Lにミスプロ系を内包している馬」なのですがこれには注釈がありまして、「更にノーザンダンサー系+サンデーサイレンス系の血を4Lに持っている」馬が特に相性がいい。ということになります。総合力が問われるレースですので要はバランス配合の相性がいいんですよね。

代表例では昨年のディアドラ、一昨年のヴィブロス、カイザーバルなどがこのパターン。

これを今年の馬に当てはめると

アーモンドアイ 〇

ウラヌスチャーム ×

オールフォーラヴ 〇

オスカールビー ×

カレンシエリージョ ×

カンタービレ ×

ゴージャスランチ ×

サトノガーネット ×

サヤカチャン ×

サラキア ×

サラス ×

スカーレットカラー ×

ダンサール ×

トーセンブレス ×

ハーレムライン ×

パイオニアバイオ 〇

プリモシーン ×

ミッキーチャーム ×

ラッキーライラック ×

ラテュロス ×

ランドネ ×

リュヌルージュ ×

 

おっと、今年の該当馬はなんと3頭しかいません!

アーモンドアイ

オールフォアラブ

パイオニアバイオ

これらの3頭の配合は傾向でいえば熱いパターン。

さらにもう一つ秋華賞で馬券になる血統としては「ヌレイエフ」が熱いです。

例を挙げると

2017 ディアドラ モズカッチャン

2016 ヴィブロス 

2015 ミッキークイーン マキシマムドパリ

2014 ヌーヴォレコルト

2013 メイショウマンボ リラコサージュ

2012 ヴィルシーナ アロマティコ

2011 アヴェンチュラ 

2010 アパパネ アプリコットフィズ

これだけのヌレイエフ持ちが馬券になっています。

これは4Lとかじゃなく5代血統表のスミにあったとしても効いており、レース質として上りが早くなりすぎないことが影響していると考えられますね。

上記で挙げたアーモンドアイ、オールフォアラブ、パイオニアバイオの中にヌレイエフ持ちは2頭。

1頭はアーモンドアイ。もう一頭を今回の血統推奨馬に選びたいと思います。

その馬名は?馬C(バナークリックでブログ紹介文に表示です!現在137位くらい。)

また、今回穴人気するかもしれない馬でさほど評価してない馬がいますのでそちらも挙げておきます。危険穴人気馬D(バナークリックでブログ紹介文に馬名表示です!現在59位くらい!)

 

以上です!閲覧ありがとうございました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です