菊花賞2018+α 最終予想

こんばんはボンカです。

遅れましたが菊花賞2018の最終予想に入っていきたいと思います。


菊花賞2018関連記事

菊花賞2018血統考察

菊花賞2018出走馬短評1

菊花賞2018出走馬短評2

菊花賞2018出走馬短評3


京都11R 菊花賞2018 自信度2

想定

馬場 上りのかかる馬場。標準馬場程度。内が若干荒れ気味。スタミナも必要なパターンの菊花賞。

→菊花賞適性で考えると出走馬中最上位になってくる馬。現状では二桁オッズと結構なめられているので妙味はある。課題として気性面やゲートの不安、血統面での不安はあるがやはり前哨戦のレベルは高かったと思うしその中で菊花賞のめどのたつ競馬もできたわけで。データ的にも内枠&関西馬と有利データに該当しているのでここはこの馬から入る。

〇エポカドーロ

→好枠。前哨戦は訳ありの凡走。調教師はかなりの策士で今回も細かく鞍上に指示を出しているはず。血統面は不安があるし春のG1戦線は展開が向いたとはいえ、どちらのレースも地力がないと難しいパフォーマンスだったと思うし皐月賞の内容からもロンスパの形は悪くない。距離が少し長いのが不安。

▲ブラストワンピース

→血統面の評価は低い。枠もかなりハイリスクハイリターンな枠。ただ枠の並び的に出負けしてもカバーしていきやすい並びで、うちの序列は少し難しいが内目に当てになる馬が多いので進路は確保しやすいかもしれない。アイトーンが下がってくるタイミング次第ではハマる可能性はある。地力もあるので。

☆グレイル

→ブラストワンピースを抑えるならこの馬もセットで。恐らくブラピをマークすると思うのでこの馬も前があてになる馬で進路は作りやすい。インでべったり我慢できてロスなく立ち回れそうなので。馬場も味方している。

△エタリオウ

→血統推奨馬。思ったより人気が出てしまった。厩舎コメントで距離が伸びていいと思っていると述べられていることや、これまでのパフォーマンスからも3000自体は持ちそう。しかし枠が枠なので内に入れるどころか外を回して勝ちに来るハメになりそうでここは評価を落とした。

△ユーキャンスマイル

→大穴枠。鞍上が鞍上なのでこの枠なら内目を狙ってくるはずで、良いポジションが取れそうな枠。前走である程度距離が延びてもやれそうなパフォーマンスを見せていたしレベルもある程度高かった。チャンスあり。

△タイムフライヤー

→大穴枠2。近走状況から買う要素は正直かなり薄いが、血統面とこれまで見せたパフォーマンスと馬場がマッチしているので抑えておく。上りがかかる競馬のほうが良いタイプで今回の馬場ではそれがかないそう。ラストチャンス。

 

京都12R 大崎山特別 自信度3

→相手弱&短縮で狙う。差し追い込み時に好走→先行して凡走の戦歴を持つ馬で今回は1400→1200短縮。自ずと後方からの競馬になりそうな今回は狙いが立つ。

〇オーロリンチェ

△14.15.16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です