葵ステークス2019 血統考察

おはようございますボンカです。

先週は馬券全くダメ。こんな週もありますね。オークスはかなり難易度が高かった。カレンブーケドールに思い印を回せた方は競馬センスの塊だと思います。◎エールヴォアは個人的にはそこそこ自信あったんですよね。距離不足であろう桜花賞での負け方もそうですし、阪神未勝利戦での時計は馬場を考えても特筆すべきものでしたし、あの条件であの時計を出せた馬ってこれまで6頭しかおらずそのうち2頭はクラリティスカイ、リスグラシュー。G1馬になってるんですよね。エールヴォアもそれになりうる素質はあると思い、嫌いなヴィクトワールピサ産駒という点に目をつむって(笑)馬券を買ったのですが…

騎乗に文句は全くなくて、イメージ通りの騎乗をしてくれました。少しペースが速くて基礎スピード的な部分が問われすぎたかなーって印象。まだ見直してはないんですけどね。

とまあそんな感じでオークスは惨敗。今週はついにダービーが開催されるんですが、レースの面白さはあっても馬券妙味を求めるのは難しそう。なので個人的には平場と土曜重賞の葵ステークスで勝負を仕掛けたいところ。

毎年波乱傾向のレースですので気合入れて予想していきます!

2019年度血統推奨馬一覧

中山金杯(ステイフーリッシュ7人気2着)→京都金杯(4人気6着)→フェアリーs(アクアミラビリス1人気5着)→日経新春杯(ムイトオブリガード2人気9着)→AJCC(ジェネラーレウーノ2人気4着)→東京新聞杯(レッドオルガ6人気2着)→クイーンカップ(ビーチサンバ2人気2着)→京都記念(ノーブルマーズ3人気9着)→フェブラリーs(サンライズソア6人気7着) →中山記念(ウインブライト5人気1着) →金鯱賞(アルアイン3人気5着)→高松宮記念(アレスバローズ7人気9着)→大阪杯(ペルシアンナイト3人気11着)→桜花賞(クロノジェネシス3人気3着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気1着)→マイラーズカップ(インディチャンプ2人気4着)→フローラs(パッシングスルー7人気4着) →天皇賞春(チェスナットコート10人気6着)→ヴィクトリアマイル(プリモシーン4人気2着) →オークス(ノーワン15人気18着)

2018年度血統推奨馬成績 単複回収率 180%/120%

目次

1.京都芝1200mの種牡馬別成績を見る

2.データのない種牡馬の補足

3.葵ステークスの過去9年間の好走馬の血統から考える

1.京都芝1200mの種牡馬別成績を見る

まずは種牡馬成績を簡単に見ていきましょう。

スプリント戦なんで当たり前ですが非サンデー系が存在感を増していますね。

回収率面で特に優秀な種牡馬にはピンクライン。それより劣るが優秀なものは黄色ラインが引いてあります。

ショウナンカンプなんかは特に優秀ですね。もともとプリンスリーギフト系は仕上がりの早い馬が多くペースが流れて強い血統なので、コースデータ以上に葵ステークスでは重宝したほうが良さそうな種牡馬。

ロードカナロア産駒は複勝率が37%で単勝回収率が164%。種牡馬デビュー当初は1600>マイルという成績でしたが1200でも伸びてきましたね。スプリントでもディープみたいな存在になるのでしょう。人気馬でも嫌いにくいところ。

ワークフォースヨハネスブルグにも注目しておきたいですね。

これらの種牡馬は京都1200での成績がいいほかに葵ステークスに合いそうだと思う理由として、どちらも仕上がりが早い傾向があることが挙げられます。

まあ種牡馬に関してはこんな感じで。

次の項ではデータがなかった種牡馬について触れます。

2. データのない種牡馬の補足

ジャスタウェイ産駒とシャンハイボビー産駒は京都芝1200でのデータがなかったので補足しておきます。

・ジャスタウェイ

母数の少ない中で、特徴をまとめると

・距離は融通が利くタイプ。短距離も気性面から悪くはない。

・ベスト距離を探すなら2000m以上

・短縮、延長には現状差のないタイプ。

・洋芝巧者の可能性が高い

・基本的にローカル専。

・直線の長い左回りで急坂がある競馬場がベスト≒中京(成績の良い新潟は平たんだが直線長と左回りを満たす)

・小回り平坦はやや苦手か。

今後肌馬のチョイスを変えたり、育成の変更で変わる可能性が高いですが現状ではこんな感じの成績のジャスタウェイ産駒。今回はラミエルとアウィルアウェイの2頭が出走予定。

・シャンハイボビー

聞きなれない種牡馬ですが、Harlan’s Holidayの仔。Harlan’s Holidayの代表産駒はアルビアーノ(高松宮記念3着、NHKマイルカップ2着、フラワーカップとスワンs勝ち。)また、フィリーズレビュー3着、関東オークス勝ちのエスメラルディアーナも産駒の1頭。

成績はこんな感じですね。

母数が少ないので参考程度がいいかもしれませんが、、

Harlan’s Holiday自体ダート1800くらいの距離でアメリカやUAEでG1実績ある馬で、産駒は距離は1200~2000まで持つ。

対してシャンハイボビーは現役時代こちらもマイルよりやや長い距離でアメリカG1実績のある馬でしたが、産駒は現状1200まで。母数が少なすぎるので、1400~1600mまでは対応してくる馬も出てきそうですが…

Harlan’s Holidayよりシャンハイボビーの適性距離が短く振れているのは、シャンハイボビーの母父Orientateの影響が強いからではないかと個人的には考えています。Orientateは現役時代にBCスプリントとフォアゴーHという2つの1400以下のダートG1勝利実績がある馬。

データのない種牡馬についてはこんなもんでいいでしょう。次行きます。

3. 葵ステークスの過去9年間の好走馬の血統から考える

過去9年間の好走馬の血統表を見ていきましょう。

葵ステークスの血統的な特徴は

①ボールドルーラーを持った馬がとにかく走る

②前傾に強いダンジグを5代以内に持っている馬が活躍

③プリンスリーギフト系持ちも悪くない

④ヴァイスリージェントにも注意が必要

これらの中では①が特に重要。次点で②かな。③と④も悪くないんですが今年はこれについては考えません。

・・・①と②だけでも出走馬の半分以上が引っ掛かりそうですね(笑)

それもバカらしいんで①を少し絞るというか条件をきつくします。

①ボールドルーラーを5代以内に内包or父か母がボールドルーラー6×6以上のクロスを持つorボールドルーラー6×6以上を持つ馬

今年、①から④のポイントに合致する馬をまとめます

①アスターペガサス,エイティーンガール,カシノティーダ,ジャカランダシティ,ジャスティン,セプタリアン,マリアズハート,ルマーカーブル

②ウインターリリー,ジャカランダシティ.タマモメイトウ,メイショウケイメイ

絞れました(震)

もう少し頑張りましょう。(笑)

過去9年間で葵sの牝馬:牡馬馬券内占有率は16:14つまり8:7で微差で牝馬優勢。さらに複勝率で考えても牝馬が27.1%、牡馬は20.2%で牝馬優勢

というわけで安直に牝馬を買いましょう。頑張れ男の子。

先ほどの該当馬から牝馬を抽出します。

ウインターリリー,エイティーンガール,カシノティーダ,マリアズハート,メイショウケイメイ

今回血統推奨馬とするのは

馬A


また、この馬も抑えておきたいですね。

馬B


以上です。閲覧ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です