関屋記念2018 最終予想

こんばんはボンカです。

関谷記念2018の最終予想を書いておきます。

今年は昨年と違ってすこしペースが読みにくい構図。ここを読めればタイプ的にハッキリした馬もそこそこいますし的中にぐっと近づくと思います。

では、予想に入っていきます!


関屋記念2018関連記事

関屋記念2018血統考察

関屋記念2018出走馬短評

今週の他重賞

エルムs2018血統考察

エルムs2018最終予想


【PR】伝説の予想家大川慶次郎

時代が変われど競馬の予想の本質は「勝つ馬を見極める」です。 馬の血統が世代交代しようと、騎手の大半が年月が経ち入れ替わろうとも本質は同様です。 そして勝つ馬の情報通りに投票する、それだけが競馬で勝つ最短経路です。 言うのは簡単ですが、本物を見極めるのは非常に困難です。 それが『大川慶次郎』という競馬歴が長い競馬ファンなら 100人中100人が知っている「日本一の競馬予想家兼評論家」であり、 全盛期には「大川慶次郎の予想でオッズが変動する」のは当然であり、 現在の全ての競馬新聞・競馬雑誌・競馬放送を合算しても影響力では敵わないであろうほどの 競馬の歴史上に記録される大人物です。その大川慶次郎の予想を正当に引き継いだ予想サイト。

基本無料!メールで簡単登録!バナークリック!


関屋記念2018 自信度3 ※印&買い目若干変更しました。

想定

ペース 1秒程度のスロー~後傾の平均

逃げ馬 ウインガニオンかショウナンアンセム

馬場 超高速馬場。32秒台決着。前内有利。

 


抜擢。現状で新潟の馬場はやや前内有利傾向があり、枠的に動ける馬の背後を取れそうということで展開面の補助も受ける可能性が高いと感じて本命。

馬柱は汚いが2走前の内容はやはり秀逸。かなりのハイレベルメンツの中平均ペースで番手で我慢して5着。当時はかなりの高速馬場で実際にこのレースもレコード決着。高速馬場への対応力も高い。またペース耐性が高いのでどちらの展開になっても普通にチャンスあり。

血統は父ディープ、母ノーザンダンサー系で、ノーザンダンサー系に相性のいいレースでもあるので血統面もいいと思う。複軸。

 

→まだ衰えたと見限るのは早計。ただやはり斤量は鍵ということで対抗に落とした。

まー有名な夏馬で戦績を夏に上昇させて来る1頭。前走はハイペースに付き合いすぎたというのが一番の敗因。

適性はすでに見せており言うまでもないが今回外目で内を見ながらやれますしもう一度。

 

▲ロードクエスト

→血統推奨馬。近走は短いところで走ってますがやはり距離不足の感はありましたね。その中で延長臨戦。かかる恐れはあるが馬自身の成長もあるしNHKマイルカップや去年の関屋記念を見る限りでは高速馬場への適性も悪くない。従来より高い位置を取りに行く可能性がそこそこあると思るけど折り合って運べれば実績のある舞台でチャンスあり。

 

☆エイシンティンクル

→延長臨戦で控える競馬を示唆しているので折り合いがまず大きな課題。

それさえクリアできれば斤量減、母父が関屋記念で相性の良いストームキャット、前に行ける脚質と楽しみのほうが多い馬。枠が結構難しいところに入ったけど足りると思います。平均程度であるほうが望ましい。

 

注ヤングマンパワー

→引き上げました。前有利馬場で高速馬場且つ外枠引きと条件はかなり良い。休み明け不振は不安ですが復活もある。

△2.3.5.12

買い目

複勝◎

三連複 ◎‐〇▲☆注‐〇▲☆注△

 

以上です!閲覧ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です