高松宮記念2019 血統考察

こんばんはボンカです!ブログめっちゃさぼってました!w

しかもサーバー料金入金忘れでサーバー止まってましたね申し訳ない。

先週は個人的にも馬券は阪神大賞典しか購入せず◎カフジプリンスでシャケトラとのワイドが的中。今週の軍資金ができましたので何とか頑張っていきたいです!

さて、今週はついに2019のG1シーズンの開幕ですね!

今週開催されるのは春のスプリント王決定戦の高松宮記念。

現在のスプリント路線はやや低調なレベルで落ち着いていますがダノンスマッシュやモズスーパーフレア、ミスターメロディといった4歳牡馬勢が古馬勢に挑戦。

現4歳の牡馬世代はレベルが高いはずですでにステルヴィオやブラストワンピースが対古馬をクリアしてG1馬となっています。この事実から考えると朝日杯などでしのぎを削ったダノンスマッシュは適距離戻りで余裕で足りそうですし、モズスーパーフレアも高速馬場のハイラップ戦では現状では上位クラス。ミスターメロディは距離がどうかも3歳時にはG1で4着の実績馬。他には近走崩れ気味もスプリンターズステークス2着のラブカンプーやが出走予定。4歳勢強そうですね~。

対する古馬勢からは2年連続高松宮記念2着とあと一歩が遠く、桜花賞以来のG1勝利を目指すレッツゴードンキ。ソラを使う癖のある急坂マイスターナックビーナス、2017年の高松宮記念馬セイウンコウセイなど4歳勢に立ち向かいます。

ぱっと見大きくは荒れなそうなメンツかなと思いますが上位人気馬にははっきりとした弱点もあるのでガチガチ中のがちがちにはならないでしょう!(ならないでくださいw)

さてさて今週も頑張っていきましょー!

2018年度血統推奨馬回収率 180%/120%

2019年度血統推奨馬一覧

中山金杯(ステイフーリッシュ7人気2着)→京都金杯(4人気6着)→フェアリーs(アクアミラビリス1人気5着)→日経新春杯(ムイトオブリガード2人気9着)→AJCC(ジェネラーレウーノ2人気4着)→東京新聞杯(レッドオルガ6人気2着)→クイーンカップ(ビーチサンバ2人気2着)→京都記念(ノーブルマーズ3人気9着)→フェブラリーs(サンライズソア6人気7着) →中山記念(ウインブライト5人気1着) →金鯱賞(アルアイン3人気5着)

目次

1.中京芝1200mの種牡馬別成績について

2.出走馬から考える今年のペースについて

3.高松宮記念で求められる血統について

1.中京芝1200mの種牡馬別成績について

まずはいつも通りコースの種牡馬成績から見ていきましょう。

これに関しては細かいペースなど全く指定していないので軽めにさらっと見る程度でいいかと思います。

思ったよりディープが走るなーと言った印象でしょうか。

大事なのは次の項から。

2. 出走馬から考える今年のペースについて

今年の出走馬と決定した枠順を確認して見ましょう。

出走メンツで特に注目するべきなのは今回人気の一角を担うであろうモズスーパーフレア。この馬の前走はなかなか衝撃的な前傾ラップでの逃げ切り勝ち。前走のオーシャンステークスは前半3Fが32秒台前半で入り、後半3Fを34秒台後半でまとめるという内容。

父父ゴーンウェストらしい揉まれずのハイラップ逃げで良さが出るというのがこの馬の特徴。前々走のカーバンクルsでも前半32秒台の逃げを打ち完勝。逆に前半34秒で入って後半34秒1でまとめた3走前はダイメイフジに差されている。

鞍上の武ジョッキーの逃げはレベルの高いレースになればなるほどゆるゆるのペースなど作らないジョッキーであり、それは当馬の性質を理解しているのであれば尚更。

また、枠の並び的にもモズの内に先行勢が揃ったので外から切れ込んでいく形になりますし、コース形態的にもスタートの上りを終えればあとは直線まで下り。

ながながと話しましたが、今回前半は例年の宮記念ペースよりもかなり速くなりやすい構造であるということが言えると思うんですね。

具体的に言うと前半33秒台前半、勝時計は今週の天気的には7秒台には入ってきそう。

そしてこれが何を意味するかと言うと、例年と比較して馬券になる馬の血統が変わる可能性があるということです。

仮に想定している勝時計7秒台決着になったとしましょう。

こちらの表をご覧ください。

※表は馬場改修後の中京芝1200mの勝時計が7秒台に入ったレースの父の大系統別の成績。

いろんな血統予想家の方が「宮記念は2年連続ミスプロ系が勝利!ミスプロ買え!」みたいなこと言ってると思うんですが、それは去年や一昨年の馬場状態やペースでの話。

今年に関しては上記の表の通り、「馬場状態が良好で勝時計や上りが要求されるためにミスプロ系の適性が下がる」結果がかなりありうると思います。

ちなみに過去7年間で7秒台に入ったのはアホみたいな高速馬場だったビッグアーサーが勝った2016年のみですがこの時は2着に父ディープのミッキーアイル。

更に言うと改修前で勝時計が7秒台に入ったのは2回で、2004年は父サンデーのデュランダルが2着、2008年にはサンデー系の1.2.3着。

逆に時計が思ったより出なかったり雨が降ったのであれば例年通りミスプロ系を狙ってけばいいと思います。

よって今年は父ミスプロ系以外の馬を重視してみたいと思います。

一応今年は難しいんじゃないかという人気馬を発表しておきますね。

レッツゴードンキです。

あとモズスーパーフレアが前傾ラップを作ったら良くなる血は他にもありますのでこれは次の項でまた触れます。(馬場が良すぎれば上りが出るので前傾の血は良いかどうかは微妙。)

3.高松宮記念で求められる血統について

最後に過去7年間の好走馬の血統表を見ておきましょうか。

父が青色になっている馬がいますがあんまり気にしないでください。非サンデーに色を打っただけです。

ザクっと話すと、スプリント戦ですが中京では欧州血統を内包してたほうが良いです。理由としては急坂があることと直線が長く持続力が問われやすいこと。(表緑)

特にニジンスキー、トニービン(グレイソヴリン)、ミルリーフ(ネヴァーベンド)など。

更に前項で話したモズが逃げて起こりそうな前傾ラップで相性のいい血はダンジグ系。

前傾のダンジグって覚えておくと使えるシーンもあるかも。ちなみに前半が後半より1.5秒早かった年は毎回ダンジグ持ちが馬券に。(表赤字年度の血統黄色)

他には改修前から適性の高いノーザンテースト内包馬なんかにも注意を払いたいですね。

まあ、バランスの良い血統がいいよってことです。

まとめます。

父サンデー系

アレスバローズ

ナックビーナス

ヒルノデイバロー

ロジクライ

ペイシャフェリシタ

デアレガーロ

今年のダンジグ内包馬

ティーハーフ

ショウナンアンセム

ナックビーナス

ロジクライ

ダノンスマッシュ

ペイシャフェリシタ

モズスーパーフレア

ダイメイフジ

今年のノーザンテースト内包馬

スノードラゴン

レッツゴードンキ

ナックビーナス

ラブカンプー

さて、以上の考察から血統ランキングを発表しておきます。

1位の馬が血統推奨馬です。今回は2位の馬も普通に買いたいです。

1位 A


→父の系統を狙うのは②で話した通りです。母系は欧州性が濃いタイプでEl Gran Senorやトニービン、ヘクタープロテクターが母方に。当レースで相性の良い血を2本持っており、想定した馬場と展開になればパフォーマンスを上げるであろう父産駒ということで今回は狙ってみたい一頭。馬場が思ったより時計が出てないのなら下げます。

2位 B


→あんまり話すこともなさそうですが前傾&急坂&小回りが得意な血統。つまり中山がベスト。

今回は中京替わりですが母系にダンジグ、父系にノーザンテーストを持っていることと②の内容に即してサンデー系狙い。急坂の相性も悪くないので。複軸推奨。もう少し内が欲しかった。

3位 ダノンスマッシュ

父はロードカナロア。キンカメより少し距離適性は短いか。キングマンボ系は母系の適性を引き出しやいので、ダノンスマッシュの母が短距離馬でダノンスマッシュ自身の適性がスプリント戦だったのも理解できる話。母系ダンジグで速いタイプのダンジグとロベルト内包。かなりのハイになっても大丈夫そうですが時計が速すぎるとどうか。

以上です!閲覧ありがとうございました!

【PR】ワールド

的中実績

3/2(土)中山10R
1着エイシンセラード(5人気)
2着ルフォール(3人気)
3着ショーム
———————————-
[馬連2点目]5160円的中
[3連複]3700円的中
[3連単]3万6800円的中

サイト内では当レース1着のエイシンセラードについてこのような短評が!↓

このクラスも通用の実力馬。今野貞一厩舎④エイシンセラードが巻き返す。 
3連勝の勢いで臨んだTCK女王盃は8着に大敗。陣営は「地方の深いダートが合わなかった」と話していたが、情報筋によると「短い間隔で立て続けに使っていたし、大井までの輸送もあって気持ちが煮詰まっていた」という点も敗戦の一因だったようだ。この中間は短期放牧で立て直されており、状態面は文句なし。3連勝中の内容や時計を考えれば牡馬相手の準OPでも十分に通用するレベルで、53キロならば中心に推せる。

ここまでの勝ちっぷりと底を見せていない魅力で人気となっている⑫ショームが相手筆頭ではあるが、関係者が「マイルくらいがベストで1800mは気持ち長い印象がある。最後に甘くなるので何か工夫したい」と距離を気にしていたのは注意。「内を突く」「馬群に入れて脚を溜める」といった話があるようだが、あまり立ち回りを気にして逆にスムーズさを欠くのは避けたいところ。

堀厩舎の⑥ルフォールは脚部不安明けで仕上がり途上なのは確かだが、ダートならこのクラスでもモノが違うという可能性を秘める。アテにはならないが突き抜けても不思議ではない1頭。

これって新聞に載ってないような内容なんですよね。

ただ当たるというわけでなくしっかりと根拠を提示しているあたりかなり信頼できるサイトですね。

下記URLから簡単に登録できます!

今週の高松宮記念の情報もゲット!


コメント