鳴尾記念2018 最終予想

こんばんはボンカです!

アニメ、クレヨンしんちゃんの主人公しんちゃん役声優の矢島晶子さんが降板するというニュースを見かけました。

小さいころからずっと見てきたアニメでして、今でも親戚の小さい子たちが見てるのを一緒に見たりすることがあります。

ドラえもんでも大山のぶ代さんが降板して水田わさびさんに変わったときに失礼な話ですが大変な違和感を覚えたことがありますが、親戚の子供たちはその時もっと小さかったので今ではドラえもんの声=水田さんの声とハッキリ認識しております。

それを見て生まれた時代の差を感じてさみしく感じると共に、人間が物事を捉える際には時間の濃淡によって認識の強弱が生まれるということを思い知りますね。あたりまえですが。

この認識の違いは競馬にも遠からずで、長い時間セオリーとされてきたものが崩れ去ったときに、新しいセオリーとされるものにすぐにアジャストしていけるのは基本的には競馬をしてきた経験が浅い人だと思います。切り替えができる方はとても頭の良い人なんだと思います。

そしてその流れについていけない競馬ファンは負け続けるか、競馬が嫌いになってしまうことが多いでしょう。

人間は自分が条件反射で繰り返してきたり無条件で信じてきたものを捨てられない生き物なんですね。

今でもドラえもんの声優は?と僕がだれかに聞かれたらきっと先に名前が出てくるのは大山のぶ代さんと名前です。

僕が潜在的にはドラえもんの声優をいまだに大山のぶ代さんと認識しているように、しんちゃんの新しい声もきっと受け入れられないように、人間はみな時間の流れに置いて行かれそうになることが必ずありますが、競馬においては常についていけるようにしないといけませんね。


さてさてつまんない前置きはこれくらいにして、鳴尾記念2018の最終予想に入りたいと思います!!

想定

逃げ馬 マルターズアポジー

ペース 平均~1秒程度のスロー

仕掛け L3最速>L2最速

馬場  高速馬場。雨の影響ほぼなし

→マルターズアポジーが逃げる。武豊は基本的には緩めて逃げるジョッキーではないが、小頭数ということもありペースは1秒程度ならスローに落ちるのもありえなくはない。

仕掛けに関しては恐らくトリオンフが早めに行くのではないかと感じ、それによってマルターズアポジーは仕掛けざるを得ない展開にはなってくると考えます。

馬場に関しては晴れてるらしいですの恐らく高速馬場にはなってくるでしょう。

 

→使いづめが苦手な馬で若干間隔をあけてきたのはプラス。血統的にも結構悪くない印象で枠の並びも良いので割と素直に本命に。

坂で止まらないかだけが心配。

→二走前はドスローで好走しましたが本質的にはある程度流れたほうがいい馬で、ここはペース的によさげなので抜擢。

▲トリオンフ

→これ以上下げにくいですね。ペース的には流れたほうがいいタイプ。

☆ストレンジクウォーク

→血統推奨馬。時計勝負でどうかですが、きれいな馬場はいいと思います。

抑え 5.7.8.9

 

以上です!

閲覧ありがとうございました!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です