鳴尾記念2018 血統考察

こんばんはボンカです!

安田記念の血統考察の前に今週土曜に阪神競馬場で開催される鳴尾記念2018の血統についてを先に記事にしちゃいます!

血統推奨馬は先週も目黒記念でノーブルマーズが10人気2着としっかり穴をあけてくれたので引き続き調子はいいですのでこの調子でいきたいですね。

過去の血統推奨馬一覧

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)

複勝率 43% 複勝回収率 201%

 

さてアピールもこれくらいにして本題に入っていきます!(笑)

まずは簡単な血統表をご覧ください!

今回お話ししたいことは2つです!

①今年のペースは読みやすい??

②前述のペースで相性が良くなる血統、今年は決め打ち

 

①今年はペースが読みやすい??

まず鳴尾記念の血統を語る際にペースについては話しておかなければならないでしょう。

今年の出走予定馬にはマルターズアポジーがいますがこの馬はとても特徴的な逃げ馬ですよね。

マルターズアポジーの近5走すべてペースとしては平均以上の流れを作っており過去には小倉大賞典で1.7秒も前半が速いレースを作り逃げ勝ったこともある馬なんですよね。

そして今回は乗り替わりですが鞍上はレジェンド武豊。マルターズの特徴をつかんでいないからスローで逃げるんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、武豊の逃げの特徴としてまず極端に緩めるということは少ないんですね。

よって今年の鳴尾記念はある程度の流れ=平均の範疇くらいには流れてくるのではないでしょうか?

 

②前述のペースで相性が良くなる血統、今年は決め打ち

マルターズアポジーと武豊をある程度信頼します。

よってペースを平均~ハイまででスローに落ちることはないと決め打ちます。

それを前提に過去10年の血統表を見ていただきたいのですが、表の左側に年度が書いてあって色分けしてあります。

色はペースを表しています。簡単な分類

 

ですが青はスローペース、赤はハイペース、黄色は平均ペースです。

そうするとある血統傾向が浮かび上がりませんか??

そうなんですね。ペースが流れるとトニービンとボールドルーラーがかなり効いてくるんですよね。

トニービンは常々言ってますが前傾や平均ペースへの対応力が高い血統。

ボールドルーラーは持続力に優れる血統なんですよね。

 

これらの理由により今年はペースを決め打ってこの2本の血統を強調したいと思います。

今年のトニービン内包馬

サトノノブレス

ナスノセイカン

今年のボールドルーラー系内包馬

アメリカズカップ

サトノノブレス

ストレンジクウォーク

ストロングタイタン

マルターズアポジー

ヤマカツライデン

 

うわあ、、、どうしよっかなってメンツですね。。

各馬期待より不安が勝る馬ばかりで、、、

不安点を簡単にまとめると

アメリカズカップ 道悪巧者。開幕週はマイナス

サトノノブレス 人気する。一番無難には感じるが

ストレンジクウォーク 休み明け△。父阪神2000微妙。

ストロングタイタン 重賞で頭打ち感。

ナスノセイカン 右回り?

マルターズアポジー 人気する。鉄砲のほうがいい馬。平坦のほうが良い。

ヤマカツライデン 距離不足。強力な同型がいる。

 

めちゃくちゃ悩みましたが今回は馬Cを推奨したいと思います!!!

人気馬推奨はできるだけ推奨したくないので。。。

 

以上です!閲覧ありがとうございました!!!

良かったらクリックお願いします!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です