安田記念2018 出走馬短評その2

こんばんはボンカです!

さきたま杯はケンとさせていただきました!よかったです。アンサンブルライフを拾えませんね僕が買ってたとしたら。的中した方おめでとうございます。

あーあとモズアスコットが安田記念出るみたいですね!

替わりにムーンクエイクが出てこないみたいで個人的にはモズアスコットはかなり適性的に面白いと考えていましたので買いたい馬づす、本命が迷いますね。

さてさて早速出走馬短評の続きを書いていきますのでよかったら読んでいってください!


安田記念2018関連記事

安田記念2018出走馬短評その1

安田記念2018血統考察

安田記念2018ラップ考察


 

サングレーザー 血統★★★

騎手 福永 厩舎 浅見秀一

生産 追分ファーム 馬主 G1レーシング

父 ディープインパクト 母 マンティスハント

血統はリアルスティールと同様に東京マイル自体はかなり相性がよく見えます。デュピティが入ってるのでどちらかと言えば大箱向きですね。

ローテーション面は上位人気馬で一番買いやすいですね見え見えで人気はしちゃうでしょうけど。また前走でL4から結構早い流れでしたのでこの馬の最大の武器であるトップスピードの持続力を活かせた展開にはなりましたが、現マイル路線でもトップクラスのエアスピネルに完勝と地力の面でもなかなかに高い評価をできそう。逆にマイルCSでペルシアンナイトやエアスピネルに敗れはしましたがあれは稍重馬場のものでペルシアンナイト比較では今回高速馬場濃厚ということでペルシアンナイトには疑問符が付きますので逆転は可能かと。

不安要素を上げるとすればまずは左回りをずっと使っていないこと、前走のレコード勝ちの反動、斤量58キロ未経験、ハッキリとした後傾ラップの適性を見せていないことの4つがパッと思いつきましたね。

斤量に関しては比較的馬格はあるほうなのであまり気にしていませんし、左回りも馬体と走りを見た感じあまり気にする必要はなさそう。(左回り適性は正直右回りレースを見てもわからないことのほうが多いのでやってみないとわからないという部分が大きいです。)

一番心配なのは今回もしかするとペースがロゴタイプの年に近いレベルまで落ちる可能性を孕んでいるということで、、

血統観点から言いますとスローに落ちたほうが主流血統の血が生きる=切れやトップスピードが問われる展開となりサングレーザー自体も好走血統に入ってくるのですが、この馬のこれまでのラップを考えると1400を走っていたりとある程度前傾ラップでここまで結果を出してきた馬ですし、持続力は武器になってはいますが実際トップスピードの質はさほどな馬とも言えますし。。。逆にハイペースになればこれまで前傾ラップで結果を出していますし軸には置きやすくはなるのですが。

評価は高いですが人気馬ですので最後まで扱いを考えたいところですね。

 

アエロリット 血統★★★

騎手 戸崎 厩舎 菊沢隆徳

生産 NF 馬主 サンデーレーシング

父 クロフネ 母 アステリックス

血統に関しては前傾ラップ東京マイルの鬼ですね。そして適性的にも基本的なスピードで押したい馬なので間違いなく流れたほうがいいでしょう。前走のペースよりも牡馬もいる絞まったペースのほうが本質向くと思いますので条件は良化。

ただローテーション的にはおそらく前走メイチなのでそこを加味してどこまでやれるかですね。

また戸崎騎手が乗り替わってから2走目で強気に乗れるかも焦点ですね。

 

ブラックムーン 血統☆☆★

騎手 秋山 厩舎 西浦勝一

生産 タバタファーム 馬主 ヒムロックレーシング

父 アドマイヤムーン 母 ロイヤルアタック

重賞を勝ってますが厳しいでしょう。消します。

 

ウエスタンエクスプレス 血統☆★★

騎手 クリッパートン

厩舎 サイズ

生産 海外 馬主 海外

父 Encosta de Lago 母 Alsatia

血統的には父が1400G1勝ちでフェアリーキング経由、母父は香港のチャンピオンスプリンターを輩出とスピードに寄った血統で、この馬自身香港芝で持ち時計が32秒台後半と日本芝でやれる可能性は秘めている馬ですね。

正直適性的には不明な部分が大きいですが不人気確定ですし扱いを少し考えてもいいかもしれませんね。

 

キャンベルジュニア 血統★★★

騎手 石橋脩 厩舎 堀宜行

生産 海外 馬主吉田和美

父 Encosta de Lago 母 Melito

血統構成はウエスタンエクスプレスに近いですが、こちらは母系にデインヒルやニジンスキーが入っておりより日本芝に適した配合。

この馬に関しては適性を結構つかめているつもりで、スロー×ハイペース×平均程度〇、高速馬場巧者とこんな感じだと思います。

木金と雨予報ですが高速馬場にはなってきそうなのはプラスで、恐らくペースが上がりすぎないのもよいですね。あとははまったとして足りるかどうかですが、ヒモくらいならワンチャンとは思いますね。

 

以上です!

閲覧ありがとうございました!

現時点で気になる大穴を上げておきます。

ハマったとして足りるかどうかは微妙ですが前走の内容は強いものだったと思いますし、ある程度の流れになれば3着勝負になってもいいと思います。

馬F

クリックで表示です現在158位くらいです!!

 

 

安田記念2018 出走馬短評その1

こんばんはボンカです!

個人的には2019年が楽しみなんですよ!なんでかっていうとエピファネイア産駒がデビューするんですよね。

他にデビューする産駒はキズナ、ゴールドシップなど結構個性豊かなメンツが揃っておりかなり楽しみですね。

エピファネイア産駒はサンデー系との配合で成功種牡馬になれると思ってます。とんでもない馬が生まれるかもしれません。

 

さて前置きはこれくらいにして本題の安田記念2018の出走馬短評をしていきたいと思います。

では張り切っていきましょう!

安田記念2018関連記事

安田記念2018血統考察

安田記念2018ラップ考察


※除外対象 モズアスコット

 

スワーヴリチャード 血統☆★★

騎手 ミルコデムーロ 厩舎 庄野靖志

生産 NF 馬主 NICKS

父 ハーツクライ 母 ピラミマ

この馬POG指名してたんですがここまで成功するとは。成功したハーツ産駒とは違い珍しくこの馬はノーザンダンサーのクロスがありません。

大阪杯勝馬で現役の中長距離路線ではトップクラスの馬ですね。ただマイルは初挑戦です。

正直微妙だとは思うんですよね。ハーツらしからぬ瞬発力を持つ馬ですが、安田記念はラップがかなり絞まるレースですし現状この馬はスローペースでの好走歴が殆どで、今回距離短縮+スローペースは薄いとなると簡単ではないかなと。参戦過程も右回りの宝塚記念を避けてここという風に見えてしまい積極的な参戦には見えませんしね。トップスピードの持続力は安田記念向きですが基本的な走力的に強気な判定はできませんというのが現状の評価。結局大阪杯勝ちも早め早の仕掛けで4角先頭という競馬ですし、インパクトはある程度ありましたけど前半部分の弱点をさらけ出してましたしね。マイルは短いと考えています。

ただもちろん地力的な面でかなり高いものを持っていますしぶった切る勇気というのは現段階ではないですね。

 

レッドファルクス 血統☆★★

騎手 田辺 厩舎 尾関知人

生産 NF 馬主 東京ホースレーシング

父 スウェプトオーバーボード 母 ベルモット

かねてからの私見なのですがこの馬は1400mのG1があったら勝ててるような馬だと思います。

得意距離は違いますが前述のスワーヴリチャードとタイプは近いですね。全盛期は暴力的な最高速度の持続力を武器とした馬です。

ただスワーヴより強気に出られる面はやはりスプリントG1経験からくる前半部分ですね。先行できちゃうような馬に比べるともちろん前半の能力は劣りますがこの馬単体で見ると追走もマイルならもう少し前半楽になるでしょうし去年の安田記念も進路が全くないところから厳しい競馬での3着と距離自体は競馬の仕方次第で持つことは見せた。

また前走やマイルチャンピオンシップの敗因を考えた時に個人的には馬場が大きいかなと考えています。

もちろん衰えは年齢的にあるかもしれませんが基本的には高速馬場巧者香港の芝も合ってなかったでしょうし重めの馬場は苦手というのも合ってるんじゃないかなと思います。なので今の早い芝はプラスだと考えます。

斤量58キロで馬券に入った経験もありますし、人気次第では狙いたいですね。差しが決まる馬場になればもっといいですね。

 

 

レーヌミノル 血統☆★★

騎手 和田 厩舎 本田優

生産 フジワラファーム 馬主 吉岡實

父 ダイワメジャー 母 ダイワエンジェル

雨がないと厳しいですね。あと中盤も緩んだらアウトの馬です。前走でこりましたw

現時点での天気だと消し、稍重以上の馬場でもヒモですね。

 

ダッシングブレイズ 血統★★

騎手 北村宏 厩舎 吉村圭司

生産 海外 馬主 グリーンフィールズ

父 キトゥンズジョイ 母営内 Blazing Bliss

スピードある配合で、サンデーサイレンスが入っていないですね。血統だけを見ると安田記念がハイペースになったとしたら面白いかもしれません。

ただ1800ベスト戦歴&地力不足ということで、、当落線上です。

 

リアルスティール 血統★★★

騎手 岩田 厩舎 矢作芳人

生産 NF 馬主 サンデーレーシング

父 ディープインパクト 母 ラヴズオンリーミー

ローテーション的にはマイナス評価ですね。

普通に考えてドバイ連覇を狙ったでしょうし、安田記念に本腰という感じはしません

そしてマイルですが血統的には良いですが去年の安田記念は2人気11着と大敗。

これに理由付けしてねと言われたら1戦では適性云々はわからないと答えます。ただ敗因に直結したのは折り合いでしょうね。

スローだったのが災いして終始かかり通し。なので基本的に去年の安田記念は度外視の方向でいきたいと思います。

マイルは毎日王冠などの内容からもまともならこなせる可能性は高いですし、斤量58で馬券になった経験もありますので人気が落ちるようであれば海外帰りのリスクを加味しても拾っておきたいですね。

 

ウインガニオン 血統☆☆★

騎手 津村 厩舎 西園正都

生産 コスモヴューファーム 馬主 ウイン

父 ステイゴールド 母 チャンネルワン

典型的な夏馬でこの時期はいつも調子が上がってくるのですがそれでもこのメンツに入ると数枚劣るというイメージです。

流石に消すと思います。

 

以上です!

閲覧ありがとうございました!

良かったらクリックお願いします!

 

安田記念2018 血統考察 

こんばんはボンカです。

安田記念の血統について考えていましたが安田記念はかなり特殊なレースなんですね。改めて感じました。

さっそく考察を進めていきますのでまずはこちらの簡単な血統表をご覧ください!


過去の血統推奨馬一覧

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)

複勝率 43% 複勝回収率 201%


安田記念2018関連記事

安田記念2018ラップ考察

 

今回は場合分けによって推奨する馬を2頭発表します。

①ハイペースになった場合

②平均ペース程度の場合

 

①ハイペースになった場合

まず血統表をご覧いただきたいのですが安田記念はびっくりするくらい父非サンデー系が走る重賞なんですよね。

過去10年ベースでサンデー系は10頭が馬券になっていますが非サンデー系はその数の倍の20頭が馬券になっているんですね。

これにはペースが関係しており、日本の中長距離の主流ペースと違いアメリカ競馬寄りの前半からゴリゴリと競っていって最後は踏ん張ってなんとかというようなペースが安田記念では基本となっており中距離路線で活躍馬を出す種牡馬とは少し違った適性を求められる結果このような血統傾向が出来上がっていると考えられますね。

そして安田記念だけで見ても非主流の非サンデー系血統が支配力を増す時があります。

図の左側の年度が赤くなっている年があるかと思いますがこれはハイペースまでペースが引きあがった年をマークしたものです。

赤くマークされた2012年~2009年の間でサンデー系で馬券に慣れた馬は2頭しかおらず、サンデー系には基本的に厳しいレースになると言えますね。

 

今年の非サンデー系種牡馬を父に持つ馬

アエロリット(父クロフネ)

ウエスタンエクスプレス(父Encosta de Lago)

キャンベルジュニア(父Encosta de Lago)

タワーオブロンドン(父Raven’s Pass)

ダッシングブレイズ(父キトゥンズジョイ)

ヒーズインラブ(父ハービンジャー)

ブラックムーン(父アドマイヤムーン)

ペルシアンナイト(父ハービンジャー)

ムーンクエイク(父アドマイヤムーン)

レッドファルクス(父スウェプトオーバーボード)

まずこれらの中から一頭血統推奨しておきます。

馬D
→やや置きに行った発想ですが戦歴的にも一番適性的には向きそうです。

 

②平均ペース程度の場合

本来は①だけでもいいくらいの安田記念なのですが今年に限っては平均ペース程度もしくはそれ以下の装丁もしておかなければなりません。なぜならメンツを見渡してペースがハイペースまで上がるイメージが少し沸きにくかったりもするためです。

そしてペースが平均程度になってサンデー系もやれるようになった時に一番走るっているのはディープインパクト産駒です。

 

今年のディープインパクト産駒

サトノアレス

サングレーザー

リアルスティール

さてこの中からどれを選ぶかですが

馬Eとさせていただきます。

母系にこのレースと相性の良いダート質な血が入っているのも好感です。

 

以上です!閲覧ありがとうございました!!!