鳴尾記念2018 血統考察

こんばんはボンカです!

安田記念の血統考察の前に今週土曜に阪神競馬場で開催される鳴尾記念2018の血統についてを先に記事にしちゃいます!

血統推奨馬は先週も目黒記念でノーブルマーズが10人気2着としっかり穴をあけてくれたので引き続き調子はいいですのでこの調子でいきたいですね。

過去の血統推奨馬一覧

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)

複勝率 43% 複勝回収率 201%

 

さてアピールもこれくらいにして本題に入っていきます!(笑)

まずは簡単な血統表をご覧ください!

今回お話ししたいことは2つです!

①今年のペースは読みやすい??

②前述のペースで相性が良くなる血統、今年は決め打ち

 

①今年はペースが読みやすい??

まず鳴尾記念の血統を語る際にペースについては話しておかなければならないでしょう。

今年の出走予定馬にはマルターズアポジーがいますがこの馬はとても特徴的な逃げ馬ですよね。

マルターズアポジーの近5走すべてペースとしては平均以上の流れを作っており過去には小倉大賞典で1.7秒も前半が速いレースを作り逃げ勝ったこともある馬なんですよね。

そして今回は乗り替わりですが鞍上はレジェンド武豊。マルターズの特徴をつかんでいないからスローで逃げるんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、武豊の逃げの特徴としてまず極端に緩めるということは少ないんですね。

よって今年の鳴尾記念はある程度の流れ=平均の範疇くらいには流れてくるのではないでしょうか?

 

②前述のペースで相性が良くなる血統、今年は決め打ち

マルターズアポジーと武豊をある程度信頼します。

よってペースを平均~ハイまででスローに落ちることはないと決め打ちます。

それを前提に過去10年の血統表を見ていただきたいのですが、表の左側に年度が書いてあって色分けしてあります。

色はペースを表しています。簡単な分類

 

ですが青はスローペース、赤はハイペース、黄色は平均ペースです。

そうするとある血統傾向が浮かび上がりませんか??

そうなんですね。ペースが流れるとトニービンとボールドルーラーがかなり効いてくるんですよね。

トニービンは常々言ってますが前傾や平均ペースへの対応力が高い血統。

ボールドルーラーは持続力に優れる血統なんですよね。

 

これらの理由により今年はペースを決め打ってこの2本の血統を強調したいと思います。

今年のトニービン内包馬

サトノノブレス

ナスノセイカン

今年のボールドルーラー系内包馬

アメリカズカップ

サトノノブレス

ストレンジクウォーク

ストロングタイタン

マルターズアポジー

ヤマカツライデン

 

うわあ、、、どうしよっかなってメンツですね。。

各馬期待より不安が勝る馬ばかりで、、、

不安点を簡単にまとめると

アメリカズカップ 道悪巧者。開幕週はマイナス

サトノノブレス 人気する。一番無難には感じるが

ストレンジクウォーク 休み明け△。父阪神2000微妙。

ストロングタイタン 重賞で頭打ち感。

ナスノセイカン 右回り?

マルターズアポジー 人気する。鉄砲のほうがいい馬。平坦のほうが良い。

ヤマカツライデン 距離不足。強力な同型がいる。

 

めちゃくちゃ悩みましたが今回は馬Cを推奨したいと思います!!!

人気馬推奨はできるだけ推奨したくないので。。。

 

以上です!閲覧ありがとうございました!!!

良かったらクリックお願いします!

 

 

 

安田記念2018 ラップ考察&5月収支

いやーダービーは難しすぎましたね。。。

まずは福永J本当におめでとうです。友道さんと抱き合ってるのとかワグネリアンを泣きながら撫でているのを見てたらウルっときちゃいました。。

ワグネリアンにあの位置を取られたら仕方ないですね。ゲートが素晴らしかったです。福永と言えばゲート、ワグネリアンはスタートが悪い馬ではないというのをもう少し予想に組み込むべきでした。馬券を取れた方おめでとうございます。

まだレースラップを確認していないのですがワグネリアンが勝ち、エタリオウが4着に来ていたあたり結構分散したんじゃないかなという感じ出しております。そうなってくると加速が微妙なワグネリアンでも位置取りと瞬発戦にならなかったことが大きく味方したのかな?という分析です。

◎ジェネラーレウーノは行ったほうが良かったですね。ただ初の2400で皐月賞のハイペース先行の4角での手ごたえを考えたらああなっちゃうのもわからなくもないですね。あと高速馬場がどうか?っていう疑問符が付く形になりましたね。菊花賞とか面白いと思うんですけどね。。。

オークスやNHKマイルカップそして今回のダービーなど連対しているのは思い切った騎乗をしている人馬ですよね。

馬券的にはオークスしか的中していませんが各ジョッキーや陣営などの意図がある騎乗を見るのはやはり面白いですね。

 

と、記事を書いている最中に目黒記念が的中しました!ぱちぱち

血統推奨馬のノーブルマーズが10人気2着と走ってくれましたね。よくあんな騎乗で馬券になれましたね

ダービーと目黒記念の購入馬券と5月の収支がこんな感じになりました!

購入額も額なので大した成績ではないですが一応プラスを叩けて良かったです。

そして来週は安田記念です。2016年のロゴタイプの魔法のような逃げが記憶に新しいですが今年も面白くなりそうなメンツが揃っていますね。

まずは安田記念の過去ラップから傾向をつかんでいきましょう。表を用意しました。

今回お話ししたいことは3つです!

①安田記念個別のラップ傾向

②同舞台ヴィクトリアマイルと比較して

③今年の出走馬を見ての雑感

 

①安田記念個別のラップ傾向

まずは安田記念の個別のラップ傾向ですがペースに関しては基本的に流れやすいです。

過去10年間でスローまで落ちたのは逃げたロゴタイプが勝った2016年のみでそれも1秒程度の若干のスローですので本線としてはペースはある程度流れてくると

仕掛けどころに関しては基本的にはL3最速でトップスピードの持続力がかなり求められてきますね。

ただ前半3Fが過去10年で一番早かった2009年や2016年のロゴタイプ単騎逃げなどまれに仕掛けが遅れてL2最速となることもあることは念頭に入れておきたいですね。

 

②同舞台ヴィクトリアマイルと比較して

では比較論的な視点で安田記念のラップ傾向を考察しましょう。

比較対象としては同舞台のヴィクトリアマイルを使用します。

過去10年平均ラップ

ヴィクト 前3F 34.5 後3F 34.4

安田記念 前3F 34.1 後3F 35.0

最速位置

ヴィクト L3最速1回 L4最速1回 L2最速8回

安田記念 L3最速7回 L4最速0回 L2最速3回

 

かなり明確な差が出ましたね。

まとめると安田記念は前半3Fのペースが流れやすく仕掛けどころは早くなりやすいためにヴィクトリアマイルよりもタフさ、基本的なスピードと持続力が求められるということになりますね。

 

③今年の出走馬を見た雑感

近年のマイル路線は絶対的な王者がいることが多い路線ですが今年に関しては絶対的な存在がおらずやや混戦模様と言えるでしょうか。

ペース関係の記事ですので逃げ馬や先行馬など前目の馬挙げていきますと

アエロリット(ペース引き上げたい系先行馬)

ウインガニオン(スローから平均ペース向き逃げ先行馬)

キャンベルジュニア(平均ペース向きの先行~差し馬)

ムーンクエイク(マイルなら先行の可能性アリ)

モズアスコット(前走先行)

レーヌミノル(ハイペース中だるみ拒否系先行馬)

と有力馬がいまいち少ないですし、絶対的に逃げたいとなるとウインガニオンか?という感じであまりペースが上がらなそうなメンツではありますが、平均以上に持って行ったほうがいい馬が多いので例年通りスローに落ちるということはなさそう。

ただ後方に有力馬が多いので貯める意識をもってしまうと例年より仕掛けが遅れる可能性とペースが後傾の平均ぐらいまで行ってしますケースは想定しておいたほうが良さそうですね。陣営のコメントと枠順が出たらしっかり考えないといけないですね。

 

以上です!

現状出走馬の中でローテーション的に買いたい人気馬Aとこのレースが例年通りのラップなら本質的に合いそうという穴馬Bを発表しておきたいと思います!!

人気馬A
→人気馬の中では真摯にここを取りたいといった意思をローテから一番感じる馬ですね。実力もありますしここは買いだと思います。

穴馬B
→ローテーション的には疑問ですが前走のラップ傾向よりは安田記念のラップのほうが合いそう。この馬と同じローテの馬の中では一番買いたい存在。

日本ダービー2018 最終予想~泣くな福永また来年~

お晩でございますボンカです。

いよいよダービーですね。

楽しみすぎて寝れませんw

平成最後のダービー、載冠するのはいったいどの馬なんでしょうね!

では早速最終予想の発表をしたいと思います!

 

日本ダービー2018関連記事

日本ダービー2018出走馬短評その1

日本ダービー2018出走馬短評その2

日本ダービー2018出走馬短評その3

日本ダービー2018血統考察

日本ダービー2018ラップ考察


想定

逃げ馬  ジェネラーレウーノ

番手   ステイフーリッシュ

以降先頭 エポカドーロかサンリヴァル

ペース  先団平均ペース それ以降スロー

仕掛け  L2最速のL3勝負

時計   23秒台中盤

 

最終発表の前に、、

ボンカはこの馬消します!!!

馬消
→枠順とポジションの関係です。ダービー向きの馬だとは思いますがアドミラブルほどのインパクトは一度も感じたことはありません。瞬発力に乏しい馬ですので位置取りが他の後方の有力馬に近ければ近いほど劣ると考えています。薄い確率で中団に取り付けたとしても恐らく外目なのでロスが痛いです。厳しいでしょう。

 

 


→前走は恐らく血統の助けもあったが展開は基本的にかなり厳しいものだったし休み明けの分も恐らくあったと考えています。

今回は調教も前走より良く見え馬体的にも距離延長は問題なさそうですし前走はフロックというよりも底を見せなかった結果だと思います。馬場傾向もこの馬の味方をしており、有力馬はダノンプレミアムを見て競馬をするはずで騎手はリスクをもってペースを作ればワンチャンス。強い馬が多いですが中穴党としてぶれずに予想した結果です。

 

〇ステイフーリッシュ

→馬場バイアスからチョイス。ノリちゃんがまじめに前目を取ることと馬体重をキープできていることが条件ですが。。

平均程度まで引き上げたほうがいいかも。買いの要素は本命と近い。ワンチャンスある。

 

▲ダノンプレミアム

→これ以上落とせませんでした。地力はやはり一枚抜けていて、高速馬場も問題ないですし、マークされる立場ですが最内で回りの馬が最序盤さほど出さないということからも良いポジションは取れそうです。個人的に距離延長は馬券買いに飛ぶほどのマイナス要素ではないと考えました。

単穴に落とした理由はやはり頓挫があったことですね。先週のアーモンドアイの3着内信頼度が100%中90%だとしたらダノンプレミアムは80%くらいのイメージですね。まともなら好勝負。

 

☆ステルヴィオ

→4番手にはこの馬。

マジで案外人気ないですね。地力の面では朝日杯2着、皐月賞で展開不向きの中後方から4着まで差し込んできた次点で保証がありますよね。

距離に関してはこなせるとは思いますがベストではなさそう、後方からになりそうで枠順の関係もあり外目追走ということでここまで落としました。

 

△ブラストワンピース

→いい馬ですよね。今年のダービーにおいてのレースごとのレベルの置き方はこうでした。

朝日杯組>それ以外

皐月賞馬場展開向き組<皐月賞馬場不向き差し遅れ組

青葉賞≒京都新聞杯

別路線組???

こんな感じですね。

例年は皐月賞からの馬を重視しなければなりませんが今年は例年ほど皐月賞はダービーに直結しないレースと考察しました。

つまり別路線組にチャンスがある年だということです。その皐月賞以外の路線でかなり才能を発揮しているこの馬には注意が必要だと思います。

高速馬場への対応は疑問ですが、距離は問題なし、能力も通用してもおかしくないだけのものを持っています。

デムーロがこの馬が強いと言っていたのも気になりますね。相馬眼のデムちゃんですし。(笑)

 

 

△キタノコマンドール

→ステルヴィオよりも若干のロスがありながらも皐月賞ではタイム差なしの5着とG1でもある程度やれることを示してきましたね。

この馬のローテーションは皐月賞よりもダービーに主眼を置いたものに思えましたし、実際に場体重も二けた増と余裕がある馬体でした。

もともと皐月賞よりもダービー向きと評価してきた馬で前走よりも上り目はあるでしょう。

鞍上も怖いですね。ポジションをしっかり意識して乗ってくれそうでそれに馬がこたえられるか。

 

抑え6.12.18

→6ゴーフォザサミットはポジションさえ取れれば枠の並びはいいですし、勝負になるかもしれないと考えを改めました。ウインバリアシオンと配合も似てますしね。10ステイフーリッシュはノリちゃんですね(笑)まず場体重に注目ですね。また前目で競馬を想定しているのですがどうでしょうか。できるならペースを引き上げたほうが良さそうな馬ですが鞍上にその意識があるのかどうか。12エポカドーロはスプリングステークスでもステルヴィオとやれてますし皐月賞もはまったとはいえ着差で考えると圧勝でしたので地力はあるかと。ただ新馬戦の内容が個人的には引っかかっていて、東京替わりは血統観点、過去千隻からもよいとは思えないので抑えまで。18サンリヴァルは血統はまあいいんですが延長ローテと騎手変更、大外枠と3重苦。強気に乗れるかですね。消してもいいかもしれませんが、あまりにも不人気なので拾いました。

 

消グレイル

→迷いましたが、超高速馬場ですので馬場条件的には良くないと感じます。ただ前走はあまりうまくいっていないのでヒモくらいに加えておくのも面白いかもしれませんね。

消タイムフライヤー

→ちょっと考えなおしましたがやはり直線でいいイメージがわきませんね。ハーツクライ産駒ですが小回り前傾ラップ向きの馬かもしれません。

消オウケンムーン

→血統が重すぎますね。左回りのほうが良さそうですし、前走は荒れた内から出られなかったので予想外の健闘は今回ありそうですがそれでも3着内は壁が厚いとの判断です。

消エタリオウ

→枠順が内目なら考えましたが、、、厳しいでしょう。

 

以上です!!

閲覧してくださった方本当にありがとうございます。

誰かが僕の駄文を読んでくれていることでものすごい活力をいただいてます。

本当にいつもありがとうございます!

 

本当に明日は獲りたいですね。

1年に1回の祭りを皆さんで一用に楽しみましょう!!!!!

ではではおやすみなさい!