安田記念2018 出走馬短評その3

こんにちはボンカです!

今日は地元の天気がかなり良くて犬を連れて公園に行ってきました!

気が狂ったように草を食べていましたが大丈夫でしょうか(笑)

除草剤とかいろいろ怖いのでやめるように言いましたが言うことを聞いてくれませんでした。。。教育失敗ですね。

 

 

現在部屋が汚くなってきたので部屋掃除の途中ですが、安田記念の出走馬短評のラストを書いていこうと思います。

枠順も決まっていますのでそれをみての雑感から。


安田記念2018関連記事

安田記念2018出走馬短評その1

安田記念2018出走馬短評その2

安田記念2018血統考察

安田記念2018ラップ考察


各場の枠順より先に考えたいのがペースが落ち着く可能性が上がった。ということですね。

ウインガニオンが大外配置。逃げる可能性が若干あるアエロリットが内枠ですが鞍上は考えて乗っているイメージのない戸崎。

ウインガニオンが大外から内に入っていきアエロは番手以下で我慢となると最序盤はかなり緩くなりますよね。

ちょっとこれは基本的なスピードで押し切りたい馬には厳しい枠順になったという印象です。

 

さて各場の枠順ですが、

スワーヴリチャード厳しい枠になりましたね。

ゲートが基本的に甘いので恐らく後手に回る競馬になりますし、この枠でラチ沿いに着けても詰まるリスクがかなり高いですし、おそらくいったん下げて後方内で我慢、4角手前から外を意識しつつという感じでしょうか。強い馬ですがかなりリスキーな状態ですね。

サングレーザーは馬個体としては悪くない枠だと思います。ただ欲を言うと6.7枠くらいが良かったとは思いますが。持続力が勝る馬ですしね。

ペルシアンナイトいい枠に見えますね。

差し馬が外に固まりましたので、ポジションはある程度狙いやすくはなったかと。内2くらいが理想。

リスグラシューは個体で見るとまあいい枠

サトノアレス絶好枠と言いたいですがゲート次第ですね。内ラチ沿い4列目位に着けられればチャンスは出てきたと思いますね。

結局少し足りない馬ですし、外から地力勝負よりは可能性がある枠にはなったと思いますね。

アエロリット早い段階で壁が欲しいですね。難しい馬ですし、本来この枠に入ったなら逃げたほうがいいくらいなんですけど戸崎にそれを望むのは酷ですね。若干揉まれ弱いところがありますので、意外と前付けが多かったら不安

レッドファルクス去年よりはいい枠ですね。内2頭目を取れればいいですけど。早めに外の意識を持ってほしいですね。

モズアスコットまあいい枠なのでは。3列目内を拾える可能性は全然ありますし。ただキャンベルジュニアが邪魔になる可能性

リアルスティール難しい枠になりましたね。スローになる可能性が上がった今この馬は内目が欲しかったですね。うまいこと早い段階で壁を作りたいんですが前が薄いメンツですし出していくには結構難しい、ただ下げて勝負できる後半の能力も無いとなると結構考えて乗らないといけないですね。

 

さて枠順の雑感は以上です!

ここからは出走馬の短評の残りを消化していきたいと思います。


 

サトノアレス 血統★★★

騎手 蛯名 厩舎 藤沢和雄

生産 社台F 馬主 サトミホースカンパニー

父 ディープインパクト 母 サトノアマゾネス

消そうかと思っていた馬でしたが枠でハマる可能性が出てきましたので消そうにも消せないですね。

結構器用貧乏な馬というのが現在のこの馬に対するイメージで、足りない能力を補えるという意味合いではスワーヴとは1枠の持つ意味合いが違いますしこの馬にとっての1枠はいい枠でしょう。

また案外瞬発力は持ってますし内でそれなりに動けるという点と持続力に関してトップクラスに対してやや劣るという観点からも内目は必要条件でした。

高速馬場も不得手ではないでしょうし、おそらく拾うと思います。

 

モズアスコット 血統★★★

騎手 ルメール 厩舎 藤沢和雄

生産 海外 馬主 キャピタルシステム

父 フランケル 母 India

結局出てこれるんですね。ローテに関してはまあ安土城ステークスが余計ですね。恐らく仕上げて安土城ということはないと思いますし、余力はあるでしょうけど、安土を使いたくなかったのは間違いないですしね。

血統的にはペースが引きあがった安田記念でかなり面白いという評価で、今回はスロー気味になる可能性が上がったという点は微妙か。

ただ前走はかなり強い競馬で、高速馬場と緩まないラップへの適性を見せてきましたし、エアスピネルもしのぎ切っているという点はかなり評価できるものであり、ここも本来はもっと人気していい馬ですし妙味はあると考えています。

適性的にはやはり阪急杯、マイラーズカップなど近走で流れて良さが出ているのでペースは流れたほうがいいでしょうし、何なら強気に前目からプレッシャーという形も悪くないと感じますね。

 

リスグラシュー 血統☆★★

騎手 武豊 厩舎 矢作芳人

生産 NF 馬主 キャロットファーム

父 ハーツクライ 母 リリサイド

血統的にはヨーロッパ性が強い血統で、前走のヴィクトリアマイルではそれが生きる展開でした。

ここは本来そう言った舞台ではないので嫌いたい意識はあったのですがペースが落ち着く可能性が高くなってきたと。

適性的にはやはり東京はベスト条件で、左回りのほうが反応も良いですが、やはり良馬場でかなり早いマイルとなると微妙。

平均まで上がったら完全に要らないとは思いますが、、もう少し考えたいと思います。

現状では強気の消しまで考えています。

 

ヒーズインラブ 血統☆☆★

騎手 藤岡康 厩舎 藤岡健一

生産 NF 馬主 シルク

父 ハービンジャー 母 シーズインクルーデット

強い馬ではあると思いますが東京それも安田記念となると違う気がしています。

消します。

 

以上です!

閲覧ありがとうございました!

馬場を見て現状本命を打とうとしている馬がいます!

馬G

→高速馬場巧者。枠の並びも悪くないので近走の馬柱で嫌われるなら妙味あり。またL3もしくはL4の勝負になっても武器の最高速度の持続力が生き、他の後方有力馬との位置取りの差で頭まであると考えています。

 

鳴尾記念2018 最終予想

こんばんはボンカです!

アニメ、クレヨンしんちゃんの主人公しんちゃん役声優の矢島晶子さんが降板するというニュースを見かけました。

小さいころからずっと見てきたアニメでして、今でも親戚の小さい子たちが見てるのを一緒に見たりすることがあります。

ドラえもんでも大山のぶ代さんが降板して水田わさびさんに変わったときに失礼な話ですが大変な違和感を覚えたことがありますが、親戚の子供たちはその時もっと小さかったので今ではドラえもんの声=水田さんの声とハッキリ認識しております。

それを見て生まれた時代の差を感じてさみしく感じると共に、人間が物事を捉える際には時間の濃淡によって認識の強弱が生まれるということを思い知りますね。あたりまえですが。

この認識の違いは競馬にも遠からずで、長い時間セオリーとされてきたものが崩れ去ったときに、新しいセオリーとされるものにすぐにアジャストしていけるのは基本的には競馬をしてきた経験が浅い人だと思います。切り替えができる方はとても頭の良い人なんだと思います。

そしてその流れについていけない競馬ファンは負け続けるか、競馬が嫌いになってしまうことが多いでしょう。

人間は自分が条件反射で繰り返してきたり無条件で信じてきたものを捨てられない生き物なんですね。

今でもドラえもんの声優は?と僕がだれかに聞かれたらきっと先に名前が出てくるのは大山のぶ代さんと名前です。

僕が潜在的にはドラえもんの声優をいまだに大山のぶ代さんと認識しているように、しんちゃんの新しい声もきっと受け入れられないように、人間はみな時間の流れに置いて行かれそうになることが必ずありますが、競馬においては常についていけるようにしないといけませんね。


さてさてつまんない前置きはこれくらいにして、鳴尾記念2018の最終予想に入りたいと思います!!

想定

逃げ馬 マルターズアポジー

ペース 平均~1秒程度のスロー

仕掛け L3最速>L2最速

馬場  高速馬場。雨の影響ほぼなし

→マルターズアポジーが逃げる。武豊は基本的には緩めて逃げるジョッキーではないが、小頭数ということもありペースは1秒程度ならスローに落ちるのもありえなくはない。

仕掛けに関しては恐らくトリオンフが早めに行くのではないかと感じ、それによってマルターズアポジーは仕掛けざるを得ない展開にはなってくると考えます。

馬場に関しては晴れてるらしいですの恐らく高速馬場にはなってくるでしょう。

 

→使いづめが苦手な馬で若干間隔をあけてきたのはプラス。血統的にも結構悪くない印象で枠の並びも良いので割と素直に本命に。

坂で止まらないかだけが心配。

→二走前はドスローで好走しましたが本質的にはある程度流れたほうがいい馬で、ここはペース的によさげなので抜擢。

▲トリオンフ

→これ以上下げにくいですね。ペース的には流れたほうがいいタイプ。

☆ストレンジクウォーク

→血統推奨馬。時計勝負でどうかですが、きれいな馬場はいいと思います。

抑え 5.7.8.9

 

以上です!

閲覧ありがとうございました!!!