先週の結果と小倉記念2018 血統考察~グレイソヴリン記念~

こんばんはボンカでございます!

先週の結果はこんな感じになりました!

買いたいレースがほぼなかったためクイーンsの1点勝負のみになりましたが◎ツヅミモンはほぼ見せ場なしで終了。対抗のフロンテアクイーンは毎度おなじみの2着だったんですけどね~w

休み明けや馬場、地力、ペースなど敗因は様々ですが恐らく今後も人気しないタイプではありますしあと2レースくらいで買い時をつかみたい馬ではありますね。

さて今週は小倉記念とレパードsが開催されますが、先に小倉記念の血統考察をしておきたいと思います。

先週は両重賞とも血統推奨馬は空振りでしたが今週は馬券内に来れるようにしっかりと吟味していきたいと思っております。。

【PR】
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


過去の血統推奨馬一覧 

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)→マーメイドs(ルネイション8人気9着)→エプソムⅭ→(ベルキャニオン9人気6着、マイネルフロスト13人気9着)→函館ss(ワンスインナムーン2人気8着)→ユニコーンs(ルヴァンスレーヴ1人気1着)→宝塚記念(ダンビュライト5人気5着)→CBC賞(アレスバローズ4人気1着)→ラジオNKKEI賞(イエッツト3人気11着)→七夕賞(メドウラーク11人気1着、サーブルオール1人気4着)→プロキオンs(ドライヴナイト9人気13着)→函館記念(ヤマカツライデン回避)→函館2歳s(カルリーノ3人気3着)→中京記念(ロジクライ5人気2着)→アイビスサマーダッシュ(アクティブミノル14人気8着)→クイーンs(ツヅミモン5人気9着)

推奨馬平均人気 6.7人気

着度数 4-5-4-21

勝率  11.7%

連対率 26.4%

複勝率 38.2%

単勝回収率 350%

複勝回収率 167.6%


さていつも通り血統表を作ってまいりました。

今回お話しすることは3つです!

①小倉記念のラップと脚質の傾向

②別名グレイソヴリン記念

③その他相性の良い血統

 

①小倉記念のラップと脚質の傾向

まずはラップと脚質についての傾向をまとめてみましょう。

ラップ

ペースはかなり流れやすく過去10年の内5年が前傾ラップで、前半が後半より一番遅かった年でも1秒の若干のスロー程度。また仕掛けも早くなりがちでL2地点で最速だったのは過去10年で2回しかない。よってレース質的には消耗戦に寄り、極端に早いラップは踏みにくい

 

脚質

→逃げ馬は過去10年で2014年の3着にメイショウナルトが残ったそれ以外では馬券になれておらず、基本的には馬券になれるのは先行~追込みの馬。中でも前傾ラップに耐性のある先行好位勢は要注意。ペースが流れやすい=差し有利とは一概には言えない。

 

②別名グレイソヴリン記念

これは有名な話過ぎて妙味があるかはわかりませんが小倉記念と言えば別名グレイソヴリン記念と呼ばれておるようにグレイソヴリン特にトニービンが異常に走るんです。

表にも書き込みましたが例を挙げると

2017 3着6人気フェルメッツァ

2016 1着11人気クランモンタナ

2014 1着3人気サトノノブレス

〃   3着2人気メイショウナルト

2013 1着3人気メイショウナルト

〃   2着5人気ラブリーデイ

2011  2着15人気キタサンアミーゴ

〃   3着8人気リクエストソング

2010 1着9人気二ホンピロレガーロ

〃   2着4人気バトルバニヤン

2009 1着16人気ダンスアジョイ

2008 3着11人気ケンブリッジレーザ(タマモクロス)

まー異常ですよね。かなりの人気薄でも平気で馬券になれちゃってますし、これはかなり相性がいい証拠。

2008年のケンブリッジレーザ以外はすべてがトニービン内包。ケンブリッジレーザはグレイソヴリン系のタマモクロス内包。

前傾ラップに耐性のある馬が多いトニービンの血が活きているんでしょうね。

まずは絶対に外せないグレイソヴリン特にトニービンの血を持っている馬は強調しておく必要があります。

今年グレイソヴリン系の血を持っている馬

キンショーユキヒメ(母母父Highest Honor)

サトノクロニクル(父母父トニービン)

メドウラーク(父母父クリスタルパレス)

今年は該当馬が少ないですね。

好少し相性の良い血統を考えてみましょうか。

【PR】競馬不調の方必見!!!―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

競馬総本舗ミリオンの強みは 、厳選された関係者の本音や情報をもとにしているため信憑性の高い情報を配信していて初心者にもびっくりする位にわかりやすいです。 毎週、穴場馬券情報も多数公開中で、ここを外すわけにはいかないと初心者の方には強くお勧めできる競馬無料予想サイトです。 予想情報では主に厳選情報とキャンペーンが用意されており、これらの情報の提供に力を入れているので高品質の情報内容となり情報量が豊富かつ初心者にもわかりやすい無料予想になっています。

競馬で不調の方いませんか?復活のヒントは今まで自分が近寄らなかったものの中に意外とあったりするものですよ。

↓メールで無料登録できます!↓


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

③その他相性の良い血統

さて、その他に相性の良い血統はあるのでしょうか?という感じで少し考えてみたんですが答えとしては欧州性が高い血統のほうが優位で、中でもニジンスキー系は相性が良さそうだなというのが結論。

ただ近年影響力が落ちてきている懸念もありますし、がっつり強調とはいきにくいのですが。。

今年ニジンスキー系を持っている馬

エーティーサンダー(母母父Niniski)

キョウヘイ(母父ダンスインザダーク)

トリオンフ(母父ダンスインザダーク)

マウントゴールド(母母父ストロベリーロード)

 

さてこれらの馬の中から1頭推奨馬を出したいのですが、どうも唯一のトニービン持ちサトノクロニクルは推奨したくないんですよね。

デムーロに池江厩舎の3頭出しと人気を集めそうですが、ハーツクライの大幅短縮ローテ、コーナリングが下手、春天以来のレースなどと人気するのに対して今回は課題も多そうですしねえ。

というわけで今回はこの馬を推奨しておきます!

馬A

→父は非ss系ですが欧州型のノーザンダンサーで奥にはゼダーン(グレイソヴリン系)を持っており、母系にはニジンスキー系のサンデーやこれまたこのレースに相性の良いリファールも持っています。ここは地力から見ても好勝負になるでしょうね。

また血統的な大穴という観点ならこの馬あたりがおもしろい血統かなと思います。

馬B

→ディクタス持ちもそこそこ走るのがこのレースで、この馬はディクタスに加えニジンスキーを持っており平均ラップの早めの仕掛けのレースで過去そこそこ走っていることからも今回人気薄でヒモくらいならワンチャンあると思います。

 

以上です!閲覧ありがとうございました!!

クイーンs2018など予想

おはようございますボンカです。

予定が立て込んでしまい更新が滞っていましたが本日の予想をあげておきます。

クイーンs 自信度2

〇フロンテアクイーン

☆ディアドラ

△1.3.11

買い目未定です。

 

アイビスサマーダッシュ 完全ケンにします。

 

以上です!閲覧ありがとうございました!!

 

クイーンs2018 出走馬短評

こんにちはボンカです!

今日も暑いですね。もう少しで甲子園も開幕しますが大阪桐蔭が履正社に9回ツーアウトから逆転勝ちしました。

4連続四球と履正社が踏ん張り切れなかった感はありますがそれでもひっくり返すのが王者たる所以なんでしょうね。

僕の7月の競馬収支も笑えないことになってますが大阪桐蔭のような逆転劇を最終週で決めたいものです。

ではでは本題のクイーンsの出走馬全頭の短評をしていきたいと思います。


クイーンs2018関連記事

クイーンs2018血統考察

↓無料で得な情報!競馬は「情報ゲーム」です。↓


①アグレアーブル 血統☆★★

父がマンハッタンカフェでマンカフェ産駒は非根幹距離が本質的に得意な仔が多く実際にクイーンsでもクイーンズミラーグロなどが穴を空けている。母系に関してはアメリカ色がかなり強いがマイナスではないでしょう。

長期の休養明けから500万勝ち1000万以下条件で3着からの臨戦。函館競馬場で複勝率は3戦走って100%と安定しているがどれも上位人気に推されてのもので洋芝が圧倒的に得意というような競馬でもないですが洋芝といえど開幕週の馬場であることはプラスじゃないでしょうか。恐らく高速馬場のほうが得意そうですしね。

調教に関しては3戦目で馬なりで特段取り上げる要素はないですし、地力的にも微妙なラインだと思います。ただ適性的に読みにくい面と最内枠でハマる可能性はもちろんありますし人気薄であれば抑えてもいいかもという評価。

 

②ソウルスターリング 血統☆★★

フランケルはサドラーズウェルズの仔でフォルリ内包なのはプラス。ただフランケル産駒自体早熟性が高いのか日本での勝利はモズアスコット以外すべてが3歳時のもので…。適性的には悪くないでしょうし内枠でこのメンツであれば前走も壊滅的な内容とまでは行きませんし足りてくる可能性はありますがこれで人気してきてしまうなら枠自体はいいと思いますがバッサリ行ってしまってもいいかもしれませんね。

そもそも個人的には現状ではタフ馬場のほうがいいと思うんですよね。天皇賞秋でも結構やれてますしね。開幕週馬場+状態面のマイナスが結構でかそう。

 

③トーセンビクトリー 血統★★★

リピーターになりますね。ヌレイエフ内包で札幌はいいと思います。

馬自体小回り向きですし札幌では内枠必須な部分がありましたが要求通りの枠が引けましたね。岩田ですしできる限りインを取って我慢してくると思いますが中山牝馬sの内容から若干の衰えを感じるんですよね。

前走マーメイドsの内容に関してはこの馬向きの流れではないですし度外視、福島牝馬sは悪くないですがベストの流れでもないですので大目に見たとして中山牝馬sはラップバランスがこの馬向きでしたし、不向きの馬場状態とはいえ全盛期なら馬券内に来れるだけの力はあったとおもうんですよねえ。調教もよくて維持に見えますし。

ただそれでもクイーンs向きの血統+必須条件内枠引き+開幕週良馬場でガラッと変わる可能性もありますので上位人気馬に不安が多いここはチャンスでもあると思います。

 

④ツヅミモン 血統★★★

父ストロングリターンは結構ピンとこないかもしれませんが若干上りのかかるローカル1200mが現状では得意。

ツヅミモンは産駒の中の少ない1600以上実績馬ですので産駒の傾向を図るのにはちょうどいい存在ですね。個人的にストロングリターン産駒はスケールは感じませんが走るならこういう条件かなとも思いますし、ツヅミモンに関してはニジンスキー御クロスが強く入っており父系はロベルト系にあたるためクイーンsでも結構楽しみな血統だと思います。

パワー馬場が血統的にも戦績的にも得意であるという現状のお陰で今回は人気薄での出走となりそうですが前走の桜花賞はそんなにまけてないんですよね。先行して見せ場もありましたし。またかなり馬格のある馬なのですが前走前々走と体が減り続けてましたし、今回陣営からも馬体が戻ったとのコメントもあり、調教も良さそうですので7月開催の軽い斤量で食い込みもありうると感じる一頭ですね。

 

⑤フロンテアクイーン 血統☆★★

ザ・器用貧乏とはこの馬のことですね。

適性の幅も広い馬ですし休み明けも基本的に問題ないタイプですので連系の軸には最適と考えていたんですがそういえば福島牝馬を心房細動で回避したんでしたね。陣営からも弱気ともとれるコメントが出ているだけに少し買いづらくなりましたね。ただまともなら好勝負で、調教も結構よく見えました。現状では二番手候補です。

 

⑥リバティハイツ 血統☆★★

父キンカメの母ドバイハイツの非SS系で母はダート型ですから前傾ラップ向きの血統。

血統通りにこれまでの戦績は1400での前傾ラップの中での重賞勝ちと平均ラップの桜花賞での6着。重賞勝ち実績があってツヅミモンよりも人気するのであればツヅミモンを上に取りたいというのが現状での考えです。そんなに早くはならないと思いますしね。逆に平均以上に流れるのであれば怖さはありますが。

 

⑦ティーエスクライ 血統☆★★

父ハーツクライに母系はミスワキ、ジェイドロバリーなどで札幌自体は良さそうではあるんですが開幕週札幌という感じではなさそう。

主導権を握る可能性の高い馬ではありますが足りるかというとさすがに厳しいか。

ただアグレアーブルが人気してくるようであればこの馬を抑えても面白いかも。

 

⑧アンドリエッテ 血統☆★★

前走はペースや斤量などがかなりはまった印象。

スローよりも平均以上向きの馬で、今回はどのようなペースになってくるかが一番大きなカギ。

血統に関しては函館よりも札幌のほうが良さそうな血統ですのでそこはある程度評価していますが。。

外枠短縮の条件変わりは条件悪化と見ます。

 

⑨ディアドラ 血統★★★

血統に関しては札幌は良さそうですが開幕週という点に関してはどうか。

正直盤石とまではいかない一番人気の気がするんですよね。

理由としてはまずは海外帰りでやはり状態面の不安は付きまといますよね。どんな強い馬でも海外帰りは難しいものですし。

またやはり考えなければならないのは秋華賞後のこの馬のパフォーマンスについてですが、個人的には首をかしげるような内容に思えていて。

ドバイ3着実績で復活したと思われているところはあると思いますがドバイで同着だったリアルスティールはハイペースでは全く足りない競馬が続いている馬でハイペースの中リアルスティールと同着というのが果たして高いパフォーマンスであったのでしょうか?

個人的には軽視とはしませんがとびまで視野に入れて馬券を組むつもりです。

 

⑩ハッピーユニバンス 血統★★★

血統はいいですね。父系にヌレイエフ内包で母産駒は札幌での良績が多くありますので札幌変わりは条件良化でしょう。

TVhくらい走ったらワンチャン足りると思うんですよね~。ただ好走できる展開が少ない馬であるからこそ馬柱が汚いと思っていて、結局この馬は仕掛けが2回に分かれて為されるもしくはロングスパート的な競馬になってこないと上位相手では厳しいわけで。

ただそれは逆に考えると展開次第では馬券内も十分にあり得るということですし抑えておきたい一頭かなと感じますね。

 

エテルナミノル 血統☆☆★

血統に関してはあまり評価しにくいのですが、前走は驚きましたね。タイプ的に外枠がいいのはわかってましたがあれだけ粘れるとは。。

今回は内目に早い馬がいてこの馬自身もゲートが悪いのでポジションがかなり鍵にはなってくると思いますがそれさえこなせれば前走よりも条件は好転しますしほぼ滞在競馬なのもいいですね。また、仕掛けは遅くなったほうがいいタイプですし今回は前目の馬でもできるだけ待ちたい馬が多いのでその点もいいですね。引き続きチャンス。

 

以上です!

簡単にはなりましたが現状で注目している穴馬と危険人気馬を上げておきます!

穴馬E

危F