先週の結果と札幌2歳s2018血統考察

こんばんはボンカです!

先週の馬券結果です。

日曜の競馬は当日3時に解散したのBBQ終わりからの鬼睡眠で中止。(笑)

地獄の7.8月が終わったのでここから勝負ですね。

毎年夏競馬は負けるのでやっと心が解放された感があります。(笑)

さてさて9月に入って最初の重賞は小倉2歳sと札幌2歳sと新潟記念。

今回は札幌2歳sから血統を考えていきましょう!


【PR】エスケープマジック

競馬最強の法則2018年3月号掲載の馬券術!!

「隠れ逃げ馬」をご存知でしょうか?

競馬は逃げ馬がわかればその馬の単勝を購入し続けるだけで回収率が190%を超えることはご存知でしょうか?

ただ逃げ馬を見つけるのが難しいシーンって多いですよね。実際にゲートが開かないとわからないことばかりです。

そこで今回は競馬ファンにばれていない逃げ馬を発見する方法を公開します。

的中実績

3月17日 中山12R

13人気マッジョネラ

単勝79.9倍 複勝14.1倍

3月25日 阪神7R 

10人気メイショウタイシ

単勝39.6倍 複勝8.7倍

3月31日 中山6R

8人気シスル

複勝3.1倍

4月15日 中山10R

9人気ダノングッド

単勝26.7倍 複勝5.6倍

詳しくはバナークリック!!年間収支も掲載されています!

値段も1800円とかなり手ごろ。


まずはいつも通り血統表から。

目次

①札幌2歳ステークスのラップと脚質の傾向について

②開幕最終週の路盤で強い血統について

③機動力の要求される条件で強い血統について

④2歳戦で強いDanzig系と種牡馬のタイプ傾向について


今週の他重賞(後々更新予定)

小倉2歳s血統考察

新潟記念血統考察

新潟記念出走馬短評


①札幌2歳ステークスのラップと脚質の傾向について

‣ラップ

過去10年間で平均程度が一番多く札幌開催では例年前後の傾斜が1秒の範囲で収まっている。

仕掛けどころはL2地点が最速になることが多いが加速度合いはさほど大きくなく、ラップ的にも11秒台後半から12秒台で収まることが殆ど。よってL4地点から偏差の小さい競馬となっている。

つまりトップスピードの要求値が低く持続力やコーナリングの性能が求められている。

‣脚質

極端な追い込み馬、逃げ馬は基本的に厳しい戦いとなっている。

また、差し馬に関しても頭まで届くケースはよほど素材が優れていないと厳しい。後方からの馬の中ではコーナーで動けるタイプの馬がベター。

馬券のベースとしては4コーナーで5番手以内の位置を取れそうな馬。過去10年で2014年ブライトエンブレムと2007年オリエンタルロックしか4コーナー5番手以下で勝利した馬はいない。

 

まとめ

‣極端なペースに振れにくい。ベースは平均ペースで前後半の偏差が1秒で収まるケース

‣L2最速のケースが多いがL3→L2の加速度合いが小さいコーナリング性能や持続力の要求値が高い

馬券のベースは4コーナー5番手以内の馬。追込み、差し、逃げ馬は苦戦。

 

②開幕最終週の路盤で強い血統について

さて、夏競馬も終盤で札幌開催も最終週ということになりますが、その荒れた札幌の芝で相性の良い血統があります。

今年の大荒れ七夕賞でも3着に突っ込んできたパワーポケットが内包していましたニジンスキーです。

ニジンスキーは京都の高速馬場などでも威力を発揮するのですが、タフな馬場でも良い方向に傾くことが多い血統

個人的にはやはり荒れ馬場でこそのニジンスキーという認識です。

札幌2歳sでも過去に2016年10人気2着のブラックオニキスや2007年13人気3着のホウザンがニジンスキー内包ですし、それ以外にも好走例は多いです。

今年は先週の雨の影響に加えて今週も週中は雨。

よってタフ馬場でニジンスキーの価値が上がってくる可能性は高いと見て推しておきます。

今年ニジンスキー系を内包している馬

エメラルファイト(母父スペシャルウィーク)

クリスタルバローズ(母父タイキシャトル)

ナンヨーイザヨイ(母父スペシャルウィーク)

 

③機動力の要求される条件で強い血統について

これは毎度おなじみですがL4など早めにペースがあがるもしくは直線とコーナーなどの偏差が小さいときに能力を発揮しやすい血統がノーザンテースト

札幌2歳ステークスでもノーザンテースト持ちが8年連続で馬券になっており相性は良さそう

なのでノーザンテースト持ちにも注目してみたいです。

今年ノーザンテーストを内包している馬

アフランシール

ダディーズマインド

テイエムバリバリ

ラバストーン

 

④2歳戦で強いDanzig系と種牡馬のタイプ傾向について

さて最後は2歳戦で強いノーザンダンサー系としてDanzigを上げておきたいと思います。

2歳戦で強いDanzigはスピード能力の高い持続力血統。

札幌2歳ステークスでは昨年7人気3着のダブルシャープ、2016年10人気2着のブラックオニキスなどがDanzigを内包。

こちらの血統も強調しておきたいですね。

今年Danzigを4Lに内包している馬

セントセシリア

テイエムバリバリ

ニシノデイジー

ハクサンタイヨウ

 

さて、これらの点から今回はこの馬を強調しておきたいと思います!

馬A
→かなり迷いましたが、推奨します。父産駒は若子まで走る印象の薄い種牡馬ですが2歳戦ならポテンシャルで何とかなることが多く、馬Aの血統で評価を高いのは母系。

母ルシュクルは中スポファルコン賞で3着に入選するなどある程度早い段階から走れた馬で、全3勝の内3勝全てを函館札幌で挙げた洋芝巧者。その適性は馬Aの姉ブランボヌールにも受け継がれ、距離は違えどキーンランドカップで優勝というように馬Aにも札幌適性がある可能性は十分。

更に父は大箱向きの馬で函館から札幌変わりは良いし、母系にノーザンテーストを内包。更には札幌2歳sで相性の良い牝馬と期待できる点が多いので推奨。

 

また、現時点での注目馬を上げておきます!

馬B
→今年は前走クローバー賞不在。未勝利戦で圧勝した馬もセントセシリアの0.5秒差のみと未勝利戦経由の馬も買いにくい。

となると必然的にコスモス賞連帯馬の価値は上がるはずで。父ダノンバラードは個人的に注目している種牡馬で、ダノンバラード自体は上りがある程度かかる条件を得意とした馬。馬Bの母系もダート血統で開幕最終週の芝は合いそう。人気薄であればここら辺が狙いどころか。

 

以上です!閲覧ありがとうございました!!!

更新通知受け取れます。

日曜予想

こんばんはボンカです!

日曜の予想を簡単にですが載せておきたいと思います!

 

新潟11R 自信度3

〇ケイデンスコール

▲ジョディ―

☆スティルネス

△3.5.7.9

 

買い目

未定

 

 

札幌11R 自信度3

〇ぺイシャフェリシタ

▲ヒルノデイバロー

☆キャンベルジュニア

△5.7.8.9.11.12

買い目

未定

土曜予想

こんばんはボンカです!

明日の予想を簡単にですが載せておきたいと思います!


今週の他レース

キーンランドC2018血統考察

新潟2歳s2018血統考察


札幌6R 自信度2

〇ソーグレア

▲オテンバキッズ

☆ブライトロージー

△8.9.10.12.13

買い目

未定

 

新潟11R 自信度3

〇ナムラミラクル

▲ローズプリンズダム

☆アルタイル

△ナムラアラシ

買い目

◎単勝以外未定

 

以上です!

閲覧ありがとうございました!!!