ステイヤーズステークス2018 血統考察

こんにちはボンカです!

たくさんあるレースの中で5本の指に入るくらい好きなレースが今年もやってきました。G2表記ですが僕の中では実はG1。ステイヤーズステークス!!!

毎年めちゃくちゃ面白いんですよねこのレース。長距離ならではの駆け引きがじっくり見られていいですよね。天皇賞春とステイヤーズステークスはほんとに好き!

血統面でも普段のレースとハッキリ適性ずれがみられて面白いので興味があればぜひ見ていってください!


チャンピオンズカップ2018関連記事
チャンピオンズカップ2018血統考察
チャンピオンズカップ2018データ
→チャンピオンズカップ2018出走馬短評1
→チャンピオンズカップ2018出走馬短評2
→チャンピオンズカップ2018出走馬短評3
→チャンピオンズカップ2018最終予想

今週のその他の重賞
→ステイヤーズステークス2018最終予想
→チャレンジカップ2018最終予想


  • 目次
  1. ステイヤーズステークスのリピート性について
  2. ステイヤーズステークスで強い血統について

1ステイヤーズステークスのリピート性について

ステイヤーズステークスは中山3600mで施行され、この条件はステイヤーズステークスしか存在しないことと3600mという超長距離レースでは日本の反適性馬が幅を利かす条件で世代の代謝が悪いことからかなりリピート性が強いレースとなっている。

リピーター例
2017年~2015年三連覇 アルバート
2014年、2013年連覇、2012年3着 デスペラード
2012年1着、2011年と2013年3着 トウカイトリック
2016年、2014年と2012年2着 ファタモルガーナ

基本的に適性を見せた馬から買っておけばそれなりにあたるレースで、今年もリピートチャンスのある馬が出走する。

リピート資格のある馬
アルバート(3連覇中)
モンドインテロ(2016年3着)
これらの馬は人気でも抑えなければならないと見ています。


2ステイヤーズステークスで強い血統について 

3回馬券になった2012年勝馬のトウカイトリックや2年おきに2着に来たファタモルガーナをはじめ個人的に激推ししておきたいのが「凱旋門賞連帯実績のある種牡馬を4Lに持つ馬」。トウカイトリックは父エルコンドルパサーで凱旋門賞2着経験あり。ファタモルガーナの母父エリシオは凱旋門賞勝馬。2009年二けた人気で2着に来たゴールデンメインの父ラムタラは凱旋門賞勝ちの「神の馬」。

今年凱旋門賞連帯歴のある種牡馬を4Lに持つ馬
ヴォ―ジュ(父ナカヤマフェスタ)
コウキチョウサン(母母父父ミルリーフ)

他にはノーザンテーストやトニービンを内包している馬が優秀。

今年トニービンやノーザンテーストを4Lに内包している馬
アルバート(両)
アドマイヤエイカン(トニービン)
アルター(ノーザンテースト)


というわけで今回はこの馬を推奨しておきたいと思います。

馬E 
→当レースに強い血統を持っていること、リボーのクロスをきつく持っている点も好感で、距離延長でかなり良くなりそう。

また、本命馬を発表しておきます。

馬F 

以上です!閲覧ありがとうございました!

チャンピオンズカップ2018 傾向と対策

こんにちはボンカです!

チャンピオンズカップ2018のデータを4年分だけですがまとめておきます。


チャンピオンズカップ2018関連記事
チャンピオンズカップ2018血統考察
→チャンピオンズカップ2018出走馬短評1
→チャンピオンズカップ2018出走馬短評2
→チャンピオンズカップ2018出走馬短評3
→チャンピオンズカップ2018最終予想

今週のその他の重賞
ステイヤーズステークス2018血統考察
→ステイヤーズステークス2018最終予想
→チャレンジカップ2018最終予想


  • 人気

  • 配当

→波乱傾向。1人気の複勝率が50%しかないことや6~9人気の中穴の活躍もあり単勝、三連系の配当が大きい。

  • 年齢

→3~4歳が不振で5~6歳が優秀。

ただ今年の3歳ダート路線は高レベルなのでこのデータが通用するかどうか。。。

今年3~4歳の馬
3歳
ルヴァンスレーヴ
オメガパフューム
ヒラボクラターシュ
4歳
アンジュジデール
サンライズソア
サンライズノヴァ
パヴェル

今年5~6歳の馬
5歳
ケイティブレイブ
6歳
アポロケンタッキー
ウェスタールンド
センチュリオン
ノンコノユメ
ミツバ
 

傾向的には5から6歳の馬から少なくとも一頭は馬券になりそう。

  • 性別

→サンビスタが12番人気で勝利が基本的に牝馬はダートでは牡馬に分が悪く中京競馬場ではなおのことその傾向が顕著。

今年の牝馬

アンジュジデール

  • 枠順

→内枠有利。ただコースデータでは内外差がないのでデータの振り戻しが起こる可能性もあるのでうのみにしすぎないこと。

コースデータで回収率が高いのは1枠8枠。

  • 前走レース

→中心は前走JBCクラシック組とみやこS組。

今年の両レースをステップにしてきた馬

アスカノロマン
オメガパフューム
ケイティブレイブ
サンライズソア
センチュリオン
ノンコノユメ


以上です!

ゴールドドリームが回避しましたので、代わりの血統推奨馬を発表しておきます

馬C 

また、危険だと思う有力馬を発表しておきます。

馬D 

先週の結果とチャンピオンズカップ2018 血統考察

こんばんはボンカです!

先週は京阪杯で血統推奨馬ワンツー。ナインテイルズは二けた人気馬だったので購入した方おめでとうございます。僕の2018年度の血統推奨馬は複勝率こそ30%を超える程度ですが回収率は単勝が180%複勝は120%くらいを超えてきますので三連複のヒモや相手に買ってみると面白いかもしれませんよ!もちろん単複でもオッケー!

先週の馬券はこんな感じでした!

なんで京阪杯取れてないんですかねェ…..(笑)
かなり痛恨でしたねー、ダイアナヘイローまで手が回っていただけに。。。結局土曜京都8Rの◎ウォーターパルフェからのワイド三連複のみ。

さて、気持ちを切り替えて今週はチャンピオンズカップ。このレース苦手なんですよね。つーか重賞は基本的に苦手ですが。。。(笑)ただ、今は少しづつ勢いを取り戻してきており、2018年度をプラス収支で終えるためにも12月ラスト。気張っていきたいです!

今日は血統考察の記事です。内容自体は簡単ですし、他レースでも馬券に有効なデータや覚えておくとよいこともちらほら書いていきますのでよかったら読んでってくださいね!


チャンピオンズカップ2018関連記事
チャンピオンズカップ2018データ
→チャンピオンズカップ2018出走馬短評1
→チャンピオンズカップ2018出走馬短評2
→チャンピオンズカップ2018出走馬短評3
→チャンピオンズカップ2018最終予想

今週のその他の重賞
ステイヤーズステークス2018血統考察
→ステイヤーズステークス2018最終予想
→チャレンジカップ2018最終予想


2018年度血統推奨馬一覧

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)→マーメイドs(ルネイション8人気9着)→エプソムⅭ→(ベルキャニオン9人気6着、マイネルフロスト13人気9着)→函館ss(ワンスインナムーン2人気8着)→ユニコーンs(ルヴァンスレーヴ1人気1着)→宝塚記念(ダンビュライト5人気5着)→CBC賞(アレスバローズ4人気1着)→ラジオNKKEI賞(イエッツト3人気11着)→七夕賞(メドウラーク11人気1着、サーブルオール1人気4着)→プロキオンs(ドライヴナイト9人気13着)→函館記念(ヤマカツライデン回避)→函館2歳s(カルリーノ3人気3着)→中京記念(ロジクライ5人気2着)→アイビスサマーダッシュ(アクティブミノル14人気8着)→クイーンs(ツヅミモン5人気9着)→小倉記念(トリオンフ1人気1着)→レパードs(ショーム除外)→エルムs(リッカルド4人気6着)→関屋記念(ロードクエスト8人気5着)→北九州記念(トウショウピスト12人気13着)→札幌記念(サクラアンプルール7人気6着)→新潟2歳s(エルモンストロ5人気6着)→キーンランドカップ(キャンベルジュニア5人気4着)→札幌2歳s(アフランシール3人気5着)→小倉2歳s(セタブリアン4人気16着)→新潟記念(メートルダール6人気2着)→紫苑s(カレンシエリージョ9人気10着)→セントウルs(ラインスピリット9人気5着)→京成杯AH(ロードクエスト5人気4着)→ローズs(サトノワルキューレ1人気6着、ウラヌスチャーム6人気5着)→セントライト記念(ジェネラーレウーノ4人気1着)→オールカマー(ダンビュライト3人気3着)→神戸新聞杯(ステイフーリッシュ5人気5着)→シリウスs(なし)→スプリンターズs(レッツゴードンキ3人気5着)→サウジアラビアRC(アマーティ4人気3着)→毎日王冠(ケイアイノーテック4人気5着)→京都大賞典(なし)→府中牝馬s(カワキタエンカ8人気9着)→秋華賞(パイオニアバイオ9人気12着)→富士ステークス(レッドアヴァンセ5人気3着)→菊花賞(エタリオウ2人気2着)→スワンステークス(ヒルノデイバロー7人気11着)→アルテミスステークス(エールヴォア2人気3着)→天皇賞秋(サングレーザー4人気2着)→福島記念(エアアンセム1人気3着)→エリザベス女王杯(カンタービレ5人気6着)→東スポ2歳S(カテドラル3人気11着)→マイルCS(ジュールポレール10人気6着)→京都2歳S(ブレイキングドーン4人気2着)→ジャパンカップ(シュヴァルグラン5人気4着)→京阪杯(ダノンスマッシュ1人気1着ナインテイルズ12人気2着、フミノムーン17人気8着)

着度数 7-10-9-46

平均人気 5.8人気

勝率  9.7%

連対率  23.6%

複勝率  36.1%

単複回収率  184.7%/126.2%


  • 目次
  1. チャンピオンズカップのラップ傾向
  2. 中京ダート1800mの種牡馬別成績
  3. チャンピオンズカップで強い血統について

1チャンピオンズカップのラップ傾向

過去4年間で後傾ラップに落ちたのは1度だけで後はすべての年で前傾ラップに流れている。基本的な走力が問われる。昨年こそ仕掛けがL2最速で中盤が緩めのレースになったが傾向としてはL5でスイッチが入る。


2中京ダート1800mの種牡馬別成績

過去10年間の中京1800mダート良馬場~稍重馬場の種牡馬別成績をご覧ください。

母数が少ない種牡馬もいるのですが成績が良いのはシンボリクリスエス産駒。特に前走と同距離ローテで出走してくるシンボリクリスエス産駒の単複回収率は313%/133%と破格の成績。ただ今年出走するボリクリ産駒はどちらも距離変更ローテ。特にサンライズソアは短縮ローテですが短縮ローテの回収率は28%/13%と壊滅的。

ゴールドアリュール産駒は延長ローテの複勝回収率が優秀。ただ単勝回収率は低いので過信はできないか。今年出走するゴールドドリーム産駒は全て延長ローテ。

他に注目すべきはアグネスデジタル産駒とネオユニヴァース産駒か。

ゴールドドリームやアグネスデジタル産駒はそうでもないがマンハッタンカフェやゼンノロブロイなど芝適性の高い種牡馬の成績が高いのも中京ダート1800mの特徴。


3チャンピオンズカップで強い血統について

一目瞭然ですね。

チャンピオンズカップの特徴は
・平均ペース以上で流れやすい
・中京ダートコースは左回りダートスタートのオールダートコース。
・冬開催

これらの条件が重なって強いのがヴァイスリージェント系特にデュピティミニスターの血。

左回りオールダートはアメリカのダート競馬場のクラシックが開催されるコース。またアメリカ競馬はテンから飛ばしていってバテ凌ぎのレース質。フレンチデュピティはアメリカのダートの名血。さらに冬に強い血統でもあります。

というわけで今回推しておきたい血統はデュピティミニスターやヴァイスリージェント。

今年4Lにデュピティミニスターやヴァイスリージェントを持っている馬
アスカノロマン
アポロケンタッキー
アンジュジデール
インカンテーション
クインズサターン
ゴールドドリーム
ミツバ

さて、②の種牡馬データも絡めて今回はこの馬を推奨しておきたいと思います。

馬A 
→昨年は仕掛けがハマった中での勝利だったがそれでも差し切ったのは能力の表れ。血統的には申し分ないですし気性面の成長も大きい。ある程度流れて気性面のケアが自動的に行われる展開なら圏内は堅い。

また、海外馬パヴェルの評価を発表しておきます。

馬B 

以上です!

閲覧ありがとうございました!