5月1週目の敗因分析【次走注目馬】【京都】

該当週の他場注目馬

次走注目馬2019年5月1週目【東京】

次走注目馬2019年5月1週目【新潟】

5月5日

1R 3歳未勝利 ダート1800

12.2-11.7-13.0-13.1-13.1-12.6-12.7-12.8-13.3

2F目が緩くなったレースで勝ち馬は早め先頭。後半5Fのラップ推移は未勝利戦にしてはそこそこ。2着馬はそれを見ながら少し離れた4番手。

2着⑦ハニーエンパイア 危

→新馬戦は1400mで大敗。距離延長の前走は内枠から追い込んで4着も、1着馬以外のレベルに疑問の残る一戦。今回は好スタートから前述の位置取りでの2着好走。後半5Fのラップはある程度良いものではあるが、それでも元来ゲートが悪かった馬で位置取りのリスクはあるし、後半型の競馬でパフォーマンスを上げているので短縮なら嫌いたいし、同距離でも次走このレースが信頼されて人気ならあんまり買いたくない。

2R 3歳未勝利 ダート1400

6着①メイショウカササギ

→新馬戦3着時以外すべて4枠より内からの発走。特に近3走は最内2回と2枠4番が一回。外から揉まれずのレースならもっと力を出せて良さそうな馬。

15着⑬ファインスティール

→前走は逃げて4着。前が残るレースで恵まれたとはいえ3着のエヌワイパフュームは先週未勝利勝ち。シャンハイボビーの仔は中央での産駒数が少ないが逃げて勝利シーンが多く、父父のHarlan’s Holidayの産駒にはアルビアーノをはじめとした短距離で実績のある馬が多い。ファインスティール自体も逃げが打てた前走はそれなりにやれていただけに逃げの手が打てる距離でレースをしたいが血統的にはマイルまでが守備範囲感。中央にまだいるなら同距離ローテのマイル戦で大穴として。

6R 3歳500万以下 ダート1400

3着⑮ヨハン

→ゲートが悪いので安定しないが、カトレア賞3着馬。このレースは7着馬までが500万以上でもかなりやれている組で、ヨハンも前走前々走は崩れたが今回それを証明した。今回1400mを使ったが位置取りの関係からマイル以上のほうが良さそうに思える。

5着⑯アイメイドイット 

外から好発も内の各馬が速く先行集団外目。前半が速く最終コーナーで緩んだ地点で外から早めに並びかけられているが瞬間的には抵抗できていたし、出走馬自体も強かったと思うのでメンツ次第では足りても良さそう。

7R 4歳上500万以下 ダート1200

6着②ハウリング

→砂被り△。今回は出遅れ気味から押して先行。かかり気味追走で直線失速。逃げや番手を取れそうなメンツor外枠スタートで砂を被らない競馬なら。

11R 鞍馬s 芝1200

7着⑩ダイメイフジ

→10月~3月の寒い時期と4月~9月の気温が高い時期で戦績が変わる馬。単複回収率ではどちらの時期も優秀だが、前者は勝率27.7%連対率44.4%複勝率61.1%。後者は勝率11.1%連対率複勝率ともに44.4%。やや寒い時期のほうが得意そう。また、ベストは1400で、1200mでは時計のかかる芝のほうがパフォーマンスを上げる点にも注意。

14着⑪セカンドテーブル

→長欠明けでガれて出走。もともとはスプリント路線のG3通用級だっただけに、次走人気薄で馬体重増など状態面の良化が見込めれば。

5月4日 

3R 3歳未勝利 芝1400

15着⑮マーガレットリバー

→前走の未勝利戦は2.4着馬が未勝利勝ち上がり。当馬それらに割って入る3着。展開に恵まれた面はあるがそれでもメンツはそこそこだったと思う。今回は1400短縮で見せ場なし。スタートはいいので、今後延長で番手逃げ競馬且つ完全な瞬発戦にならなければ複穴として。あと調教で頭が下がるといいですね。

12R 4歳上1000万以下 ダート1800

4着④アポロテネシー

→前走は砂を被ってコーナーで後退。今回は非砂被りだったが大外分回しのロスが大きい4着。1000万以下での好走歴は逃げでのもの。砂を被らない競馬ならこのクラスでも。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です