5月1週目の敗因分析【次走注目馬】【新潟】

該当週の他場注目馬

次走注目馬2019年5月1週目【東京】

次走注目馬2019年5月1週目【京都】

5月5日

3R 3歳未勝利 ダート1800

L4地点11.8秒で最速。1から3着馬は4角での位置取りそのままにゴール。

4着⑮マカル―テソーロ やや危

→ゲート五分からやや押して外目先行したが、最終コーナーではインにワープしてキックバックを受けてその地点で前と離された。その後は砂被りが軽減してからバテずやや伸びと言ったレースぶりで、地力は疑問も、普通に競馬できればこのレベルなら3着には足りるかも。ただキックバックを嫌がった通り砂被りへの耐性は低そうなので、次走内発走なら微妙。外なら人気次第で買い。

5R 3歳未勝利 芝1400

2着⑤シャンデフレーズ 危

→1400mでは0-2-1-0とパーフェクトだが、新馬戦3着は重馬場、今回は良馬場発表でも時計のかかる馬場で2着に逃げ粘り。エイシンフラッシュ産駒で母系は欧州性が強い血。恐らく湿り馬場巧者なので例えば高速1200とかでは嫌いたいし、1400でも時計の出る馬場なら勝利は疑いたい。(多分メンツによっては1人気2人気なので。)

11R 谷川岳ステークス 芝1600

12.2-11.1-11.7-12.0-11.7-11.0-10.8-11.8

L2地点最速でかなりトップスピードが要求された。差し追い込み勢が台頭したのは決してそれが有利な展開だったとかではなく、前に行った馬がその適性が低かったからこうなったのです。

7着⑧キョウヘイ

→湿り馬場◎馬群×の馬。適条件があまりないタイプでもハマったらクラス好走級だけに。

8着⑨キャプテンペリー

9着⑬ミュゼエイリアン

→キレ負け勢。この2頭の得意な展開はハイペースの消耗戦もしくはL4地点最速になるような展開。特に中山ではそういった競馬になりやすいのでまた買えそう。

10着③ハクサンルドルフ

→最近マイルばっかり使われているがやはり距離が短い。また、湿り馬場巧者で時計早い決着には不向き。この馬なりに脚は使えているので位置取りの分大敗続き。延長で再考。

5月4日

11R 邁進特別 芝1000

1着⑤ライオンボス

→フロックではない。時計がかなり優秀で次走フロック視されることがあれば。1000直の鬼説

コメント