大阪杯2019 最終予想

こんばんはボンカです。

大阪杯2019の最終予想ができましたのでブログを更新しておきます。

んー、今年はかなり難しいですね。

上位人気馬が強いのはもちろんなんですがそれらには阪神内回りが適性面で微妙と思える馬も多く、更には大阪杯の特殊な位置づけ=これより適性のあるレースがある馬にとってはG1と言えどステップレースでしかないということもあり休み明けの馬が多く、逆に非人気馬は少し枠がかみ合っていないなーという印象でしっかりと軸を選ぶのが難しい。

それでも雨馬場、キセキが逃げるということは予想のヒントになると思いますし、現在の阪神競馬場は血統バイアスもあると思うのでそこを足掛かりに予想していきますのでどうか最後までお付き合いください。

阪神11R 大阪杯2019 自信度2

想定

逃げ馬 キセキ →最序盤あまり早くないが道中から引き上げていき瞬発戦を避けるというのが当馬の逃げ。阪神内回りで同じことができるかと言えば微妙な部分がありますが。

番手以下 内からアルアイン、エポカドーロ。外からダンビュライト、スティッフェリオ。前に出そうなのはスティッフェリオか。アルアインは鞍上のタイプを考えても内々で3から4番手で我慢。ダンビュライトの意識はどれくらいか読みにくいがまあ前目を取らないと勝負にならないでしょう。

キセキ自身も道中ペースを上げて(3角くらいから)瞬発戦を避ける形で結果を残してきてるし、スティッフェリオやアルアイン、ダンビュライトは前半後半で分散した競馬でないと勝負になってないので騎手がタイプをつかんでいるのであれば先行勢もキセキと同じく、キセキがペースを上げるのであれば先行勢はついていくはずで。つまり切れが問われにくいレースになるとは思うんですよね。

血統 欧州血統を4Lにしっかり持っている馬が好調。また、キンカメも好調。

馬場 標準馬場~時計がある程度かかる馬場。ややタフ。58秒後半

◎ 


→まー迷いましたがこの人気なら思い切ってもいいかなって思いました。本命を打った理由をまとめるなら

①馬場が少し重くなった点。

②キセキの存在。これにより中盤以降ペースが上がりロングスパート的な競馬になる可能性が上がったこと。

③枠の並びが良いこと。

④近走の敗因が明確であること。

⑤前哨戦を使えていることと今後の目標と調教師のタイプを考えて。

まず一番大きいのは①と②。

前提として、

この馬の好走条件はスロー気味で後半早いラップを要求されないレースであること

と考えます。

この前提に至った理由としてはこの馬が皐月賞とダービーで崩れなかったこと。

それらのレースで崩れなかった理由としてどちらのレースにも共通する点があり、それは「極端に早いラップを踏まずに済んだ≒後半で分散する形の競馬になった」という点。

皐月賞では飛ばした3頭から離れた4番手で実質スローの展開から後半ロンスパの形で勝利。ダービーは外からワグネリアンなどが早めの仕掛けでL4地点から勝負の形。ワグネリアン自身も瞬発力に秀でたタイプではないですし、去年のダービーは前目からロンスパで耐えるレースの適性が高かった馬が良いレースだったわけで。逆にスプリングステークスなどはそれらに比べ完全にパフォーマンスを下げる形。これは後述する調教師のタイプもあるかもしれませんが。

今回は前述の通り中盤以降ペースが上がりそうなメンツで後半で分散する形になり、プラスで最序盤は完全にペースが上がり切らないはず。それに加えてこの馬場もありますのでトップスピードがかなり要求されにくい。

よって今回は上記の「極端に早いラップを踏まずに済む≒後半で分散する形」といった当馬の得意条件(前提、仮定)を満たせる可能性が高い。という観点を軸に本命視。

他に本命を打った理由として近走の敗戦には明確な理由があることも挙げられる。

菊花賞はクソみたいなドスローで完全な後半特化。更に外目が良い状況で内目で我慢という致命的な競馬。神戸新聞杯では出遅れ。前走は前後半で分散したがやや余裕残しのたたき台仕上げ感のある競馬でも大崩れはせず。

また、前走の敗因として調教師のタイプも考える必要性があるかなと思っています。

この馬の調教師さんはかなり有名な前哨戦軽視→本番激走狙いの色が濃い調教師さんで担当馬にはあのステファノスなんかもいますよね。

当馬は母系の血も考えてもこれまでの走りを考えても天皇賞春や安田記念を使えるタイプでは無さそうで距離適性の幅が狭いタイプに見える。これは個人の主観に依るものですが、客観的に見て、大阪杯とこれらの2つのレースを比較しても一番好走できそうなは同馬のG1勝利の舞台と同距離&同じ小回りである大阪杯…という思考になるのが普通の思考ではないでしょうか。つまり上半期はここメイチではないかと。(次走は宝塚記念でしょうか。)

あとは枠。外よりはタイプ的に内ベターでしょう。

以上の理由により本命視。距離適性&好走レンジの幅が狭い馬だと思いますがここはハマる可能性もあると見ました。あとは母系は基本的には米国型ですが母母父のラインにNeverVend系統が入っているのは好感。父は本質的には阪神は悪くないはずなので。

レベルの高い世代で1冠を獲得した実力は嘘ではないはず。気性面や成長力、関西で酷い鞍上などは不安ですが勝負。

悩みましたが対抗。馬場適性も悪くないし、ある程度分散するレースなら適性は高いはず。父産駒らしくない馬だと思います。

この馬も本命とやや似たタイプで、瞬発戦のトップスピードが問われる展開よりは想定される展開のほうが得意な馬。本命馬と違うのは前半がより要求されても耐えるのが当馬で、こちらのほうが好走レンジが広く浅いイメージ。

昨年の大阪杯は正味この馬にとってもさほどいい展開とはいえず、今回は昨年よりも相手強化ですが、上位人気馬の適性も高くはないので…。勝負になってもよい一頭だと思います。

▲ブラストワンピース

→有馬はそもそもハマった。今回は馬場が渋ったことを考えて少し評価を上げた。ゲートの出負けが怖いですし、内回りも微妙。かなり取りこぼしそうな匂いですが地力は世代牡馬トップクラスなので。父ハービンジャー、母父キンカメも今の馬場を考えるとプラス評価。

☆ペルシアンナイト

血統推奨馬。枠が悪いしローテに関しても叩き2とはいえ昨年とは異なり同距離ローテ。ハービンの仔は延長のほうが期待値が高い。

馬場は悪くないと思いますし鞍上も心強い、前哨戦を使えているのですがやはり並び的に結構難しい競馬になりそうなのでここまでの評価。

×エアウインザー

→この馬も枠があんまり宜しくないですね。血統面はかなり評価できるのですが…(父が現状の馬場とキセキの作る展開に合うキンカメ&牝系が小回りの鬼アイドリームドアドリーム。)ただ小回り替わりも含め、初のG1でやれてもよいくらいの能力はあると思います。

△ワグネリアン

→前述の通り瞬発力はいまいちな馬なのでこの展開になればマッチしてもよいかなーとは思います。ただ休み明けでどこまで。

△キセキ

→小回りは微妙ですし、昨秋の連戦のダメージも少し心配ですね。また母ロンドンブリッジ産駒は延長のほうが得意で本馬もその例に漏れずの現状。人気すると思いますので抑えまで。

△ダンビュライト

→想定の展開になったときの大穴ならこの馬かなあ。この馬も昨年の大阪杯は展開面でいまいち合致しなかったし、適性的にも上位印と似ているので。

買い目

◎〇▲☆ ワイドBOX(傾斜付けて同額払い戻し)

以上です!

閲覧ありがとうございました!


大阪杯2019 血統考察

こんばんはボンカです。

先週の高松宮記念は難しすぎましたね。(笑)

予想的には前半32秒台~33秒台前半で決め打って後は消耗戦か再加速戦どっちになるかという読みの元、消耗戦になっても再加速戦になっても対応できるように馬券を組みました。

レースはモズスーパーフレアが逃げられず内からセイウンコウセイが主張という流れで再加速戦に。再加速戦ということでナックビーナスに期待したのですが道中での不利がかなり響きましたね。アレスバローズは消耗戦の流れにならず、スタート直後に壁を作れずネックだったかかり癖発動で終戦。

血統考察記事は1着のミスターメロディが非ミスプロ系。3着のショウナンアンセムは非ミスプロ系のジャングルポケットで母系にダンジグ持ちでした。記事で触れた非ミスプロ系やダンジグが今回特にいいと思うというのは合ってると思いますが、2着にまさかのアドマイヤムーン産駒セイウンコウセイ。いやー、競馬難しすぎますね。血統的にも実績的にも高速馬場向きではなかったのですがここできますか。一度崩れた状態を立て直した陣営に拍手ですよね。すごいですわ。

まあこんな感じで宮記念は獲れませんでした。とても残念。ただ中山6Rで◎-〇-▲決着で3連単をがっつり取れたので馬券的には3月は大幅プラス確定。3月ラスト今週の大阪杯もなんとか頑張っていきますので、どうぞこれからもよろしくお願いします。

さてさて、今週は大阪杯!出走予定14頭中8頭がG1馬というかなり均衡したメンツで去年の大阪杯よりも確実に面白いものが見れそうです!上半期G1のなかで一番楽しみだったかも!

今回はそんな大阪杯の血統考察を頑張っていきますのでどうかよろしくお願いします。

2018年度血統推奨馬回収率 180%/120%

2019年度血統推奨馬一覧

中山金杯(ステイフーリッシュ7人気2着)→京都金杯(4人気6着)→フェアリーs(アクアミラビリス1人気5着)→日経新春杯(ムイトオブリガード2人気9着)→AJCC(ジェネラーレウーノ2人気4着)→東京新聞杯(レッドオルガ6人気2着)→クイーンカップ(ビーチサンバ2人気2着)→京都記念(ノーブルマーズ3人気9着)→フェブラリーs(サンライズソア6人気7着) →中山記念(ウインブライト5人気1着) →金鯱賞(アルアイン3人気5着)→高松宮記念(アレスバローズ7人気9着)

目次

1.阪神芝2000mの種牡馬別成績について

2.先週の阪神競馬場血統バイアスの復習

3.大阪杯で期待できる血統について

1.阪神芝2000mの種牡馬別成績について

まずはコース種牡馬データから。さらっと流し見していきましょう。

ポイントだけまとめておきます。

①ディープインパクト産駒は人気が先行しやすいのでどうしても回収率ベースでは苦しくはなるが複勝率はどの集計条件でも35%を超えてきているので出走馬がいる際はよく吟味したほうがいい。

②馬場不問で父が欧州ノーザンダンサーの重いタイプが他場所と比べ走る。

③欧州ミスプロのキンカメやルーラーシップは準重賞クラスになると若干成績が落ちるが減点というほどではない。

まあこんな感じですかね。基本中の基本ですが特に②は後にも関係のある話ですので抑えておきたいところ。

一応②の補足を入れておくとするなら、1800mから2500mの芝レースにおいて、ハービンジャー産駒は主場4場所では阪神の複勝率がトップ。ホワイトマズル産駒は芝1800mから2500mの芝レースで阪神競馬場での回収率が単複共に100%超え。ほかにはローエングリン産駒なんかも阪神での成績は非常に優秀。

2.先週の阪神競馬場血統バイアスの復習

続いては先週の阪神競馬場の血統バイアスを見ていきましょう。結構はっきりした傾向があったのでこれは今週も活きてくる可能性があります。

先週の阪神競馬場は雨の影響もあり、良馬場発表でもややタフ気味と言ったところ。

この影響が如実に表れており、特に1800m以上の距離において表中黄色の「欧州2400m以上G1での連対以上実績のある馬」表中青色の「キングマンボ系内包馬」を血統表の4Lの部分に持った馬がかなり走っていました。

(ワークフォースなんかはキングマンボでもあり凱旋門賞勝馬でもあるんで色が重複しているのでわかり難くて申し訳ないです)

今週中の天気は予報では晴れでしたので馬場が戻るとまた変わってしまうかもしれませんが、①で話した通りそもそも欧州の重厚な血統が走りやすい環境ではあるので。

3.大阪杯で期待できる血統について

過去10年間の大阪杯好走馬の血統データを見てみましょう。

ポイントをまとめときます。

①阪神芝2000mはタフなコース。昨年は例外として、例年ペースも緩みにくく持続力と坂耐性が要求されるので「欧州2400m以上G1実績馬」のスタミナと馬力に溢れる血を4Lかつ3代以内に持っている馬が良く馬券になる。(基本的に世代は近いほうが良い。)

②対して、ディープ産駒に限っては母系にアメリカ志向の高速巡行能力の高い血を持っている馬が良く馬券になる。

まあ今回は先週のバイアスやコースデータ込みで昨年と同じく欧州馬力タフ血統持ちを狙っていきます。

まとめます。

①該当馬

キセキ(父母父トニービン)

スティッフェリオ(母父ムトト)

ステイフーリッシュ(母母父シルバーホーク)

ステルヴィオ(母父ファルブラヴ)

ダンビュライト(父母父トニービン)

ブラストワンピース(父ハービンジャー)

ペルシアンナイト(父ハービンジャー)

ムイトオブリガード(父母父トニービン)

さて、以上の考察により血統ランキングを発表しておきます。

1位が血統推奨馬となります。

正直今年は血統で考えるのが難しいですね。自信はあまりありませんがよかったら見てってください。

【PR】ファースト


http://first-one.biz/?r=os11

けつろん

1位 A


→昨年より自信はない。理由はシンプルに相手強化&ローテ変更で昨年延長→今年は同距離ローテ。今回は人気もあまりしなさそうなので。

父産駒は基本的に叩き良化型でこの馬もその例に漏れず。休み明けのレースには目をつぶったほうが良い馬。母系にヴェイグリーノーブルが入っているが気性面は現状心配しなくて良さそう。

んー、ちょっとテーマに沿った馬の中から選んでるんですが消極的な選出かも。自信ない。(笑)

2位 B


→この馬の牝鶏は超小回り巧者で中京→阪神内回りへのコース替わりはプラスだし、父は叩き良化型の気が強く、本格化した今叩き2の阪神内替わりでチャンスはありそう。

3位 アルアイン

→上位人気に阪神内でこそって馬が少なすぎるので消去法的に。

天皇賞秋とか金鯱賞なんかよりは明らかにコース良化。ディープらしくないディープ。人気薄なら。

以上です!

閲覧ありがとうございました!