フェブラリーs2019など2月17日の無料予想

こんにちはボンカでございます。いよいよフェブラリーs2019が本日開催です!

昨日は京都7R◎アタミからの的中がありましたが依然重賞が取れない病気が治る気配がありません。(笑)

今日の小倉大賞典、フェブラリーsと勝利してこの病を完治させたいところです!

フェブラリーの印は正直かなり悩みました。◎の不安は鞍上と最序盤。ここを攻略してほしい。バチクソ相性の悪い鞍上ですがなんとかしてくれ頼む。

東京11R フェブラリーs2019 自信度2.5

想定

逃げ サクセスエナジー(インティ.サンライズソア)

ペース 平均以上 

4枠に前の馬2頭が入り6枠10番がサンライズソア,7枠12番にノボバカラ。大外2頭は後方脚質で内目の3枠にゴールドドリーム、中目にサンライズノヴァ、モーニン。藤田菜七子騎乗で注目のコパノキッキングは7枠11番と好枠。

逃げ候補は3頭。内からサクセスエナジー,インティ,サンライズノヴァ。インティは番手でもよいとのコメントがある。しかし外から芝スタートでゲート出れば速いサンライズソアや前受けしたいノボバカラなどが切れ込んできたときにどう対応するかというのは注目すべきところで、理由としてインティは血統的に揉まれ弱い面があり、それが顕在化する可能性は否定できないためインティにとっては最序盤が重要なレースになるのかもしれない。

どのみちペースは平均以上に流れてくると思う。ただ各馬の意識で考えるとここ数年の中で比較してやや緩めのペースになる可能性が高いはず。そしてインティの鞍上は武豊ということで後方にもある程度負荷をかけるレースメイクをしてくるであろうことから、中盤以降はさほど緩まないような後方の馬が4コーナーまでに位置を上げることが難しいレースを作ってくると考える。

また馬場は標準クラスの良馬場。力とスピードの両方が問われるバランス馬場。

→本命。血統面はバランスの良い血統で父母父ボールドルーラー系。ボールドルーラーを近い位置に持っている馬は意外といないのでここは加点。当レースはエーピーインディ系が好相性なのでボールドルーラー系も相性が良い。父産駒は東京ダートマイルでは外目の枠で力を発揮。また昨日の馬場ではロベルト持ちがそれなりに馬券になっていたのはプラス。詳しくは血統考察記事で。

フェブラリーsは基本的に地力上位馬が素直に馬券になるレースであり、短縮ローテが基本的に優位な構造。

前者に関してはここ数走を見れば地力のある馬であることは明白。前走は自信の得意とするパターンの競馬ができずキレ負け。前々走は1人気を背負って某騎手のクソ騎乗のあおりを受けたロンスパ競馬を逃げることになった。3走前はベストコース出走だがトップハンデが響いた。ここ3走は負けるべくして負ける明確な理由があったわけである。それにも関わらず崩れずに走れているのは地力の証明。

後者に関してはペースが流れ切ると追走力が問われるため延長ローテのスピード馬が馬券になることもあるが、平均~それなりのハイ程度であればスタミナの要求値が上がるので短縮ローテの1800m等も走れる馬が圧倒的に優位。前述の通り今年は近数年の中では遅めのペースと考えているので今年は短縮優位の年。更に当馬自身は延長ローテで(0-2-2-4)であるのに対し短縮ローテでは(3-1-3-0)と明らかに短縮が得意であることも+。ちなみになんだかんだ東京ダートマイルは(1-1-1-0)の複勝率100%。

不安点としてはまずゲート。ここ次第ですね。幸い外目偶数なのでやや不安は軽減されますがゲートでの挙動がヤバい馬なのでその点は心配。後は鞍上ですね。最近酷いんで。

ラップバランス的には極端にハイにならないこと、逆に瞬発戦になりすぎないこと。この2点さえクリアできれば適性的に問題はないはず。頑張れ。


→あまり語ることはない馬なんですが総合的にスキの少ない馬。不安材料としては内枠、調教後場体重、加齢による衰え。

内枠に関しては東京ダートマイルなので捌けることは捌けるはず。ゲートは心配ですけどね。調教後場体重はこの馬は大幅増でG1制覇の前科持ちなので気にしすぎることはないでしょう。むしろ休み休み走れていることが疲れの溜まりやすい当馬にとっては+でしょう。衰えはやや見え隠れするか。少しずぶくなってきている感はあるもののまだ明確ではないので。

鞍上もルメールなんで大丈夫。

▲ インティ

→枠前は消そうか悩みましたが枠順を見て仕方なし。最序盤さえクリアできれば素質の高い馬なので何とかなっちゃう可能性が高い。軸にはできないですけどね。ぴんかぱーっぽいので。馬場ももう少し軽いほうがいい。

ケイムホーム産駒はかなり中京1800は苦手な部類なのでそこをクリアしてから産駒大得意の東京ダートマイル替わりはプラスっぽいですよね。

☆モーニン

△クインズサターン.オメガパフューム

買い目

◎ 複勝(オッズ次第)

◎‐〇▲ ワイド(オッズ次第で複勝と選択)

◎‐〇▲ 馬連or枠連(本命枠色‐対抗枠色&単穴枠色)

小倉11R 小倉大賞典2019 自信度2.5

◎エアアンセム

〇ブラックスピネル

▲スティッフェリオ

☆マイスタイル

△ナイトオブナイツ

買い目

◎‐〇▲☆ ワイド

◎‐〇‐▲☆△ 三連複

以上です!閲覧ありがとうございました!

日本ダービー2018 最終予想~泣くな福永また来年~

お晩でございますボンカです。

いよいよダービーですね。

楽しみすぎて寝れませんw

平成最後のダービー、載冠するのはいったいどの馬なんでしょうね!

では早速最終予想の発表をしたいと思います!

 

日本ダービー2018関連記事

日本ダービー2018出走馬短評その1

日本ダービー2018出走馬短評その2

日本ダービー2018出走馬短評その3

日本ダービー2018血統考察

日本ダービー2018ラップ考察


想定

逃げ馬  ジェネラーレウーノ

番手   ステイフーリッシュ

以降先頭 エポカドーロかサンリヴァル

ペース  先団平均ペース それ以降スロー

仕掛け  L2最速のL3勝負

時計   23秒台中盤

 

最終発表の前に、、

ボンカはこの馬消します!!!

馬消
→枠順とポジションの関係です。ダービー向きの馬だとは思いますがアドミラブルほどのインパクトは一度も感じたことはありません。瞬発力に乏しい馬ですので位置取りが他の後方の有力馬に近ければ近いほど劣ると考えています。薄い確率で中団に取り付けたとしても恐らく外目なのでロスが痛いです。厳しいでしょう。

 

 


→前走は恐らく血統の助けもあったが展開は基本的にかなり厳しいものだったし休み明けの分も恐らくあったと考えています。

今回は調教も前走より良く見え馬体的にも距離延長は問題なさそうですし前走はフロックというよりも底を見せなかった結果だと思います。馬場傾向もこの馬の味方をしており、有力馬はダノンプレミアムを見て競馬をするはずで騎手はリスクをもってペースを作ればワンチャンス。強い馬が多いですが中穴党としてぶれずに予想した結果です。

 

〇ステイフーリッシュ

→馬場バイアスからチョイス。ノリちゃんがまじめに前目を取ることと馬体重をキープできていることが条件ですが。。

平均程度まで引き上げたほうがいいかも。買いの要素は本命と近い。ワンチャンスある。

 

▲ダノンプレミアム

→これ以上落とせませんでした。地力はやはり一枚抜けていて、高速馬場も問題ないですし、マークされる立場ですが最内で回りの馬が最序盤さほど出さないということからも良いポジションは取れそうです。個人的に距離延長は馬券買いに飛ぶほどのマイナス要素ではないと考えました。

単穴に落とした理由はやはり頓挫があったことですね。先週のアーモンドアイの3着内信頼度が100%中90%だとしたらダノンプレミアムは80%くらいのイメージですね。まともなら好勝負。

 

☆ステルヴィオ

→4番手にはこの馬。

マジで案外人気ないですね。地力の面では朝日杯2着、皐月賞で展開不向きの中後方から4着まで差し込んできた次点で保証がありますよね。

距離に関してはこなせるとは思いますがベストではなさそう、後方からになりそうで枠順の関係もあり外目追走ということでここまで落としました。

 

△ブラストワンピース

→いい馬ですよね。今年のダービーにおいてのレースごとのレベルの置き方はこうでした。

朝日杯組>それ以外

皐月賞馬場展開向き組<皐月賞馬場不向き差し遅れ組

青葉賞≒京都新聞杯

別路線組???

こんな感じですね。

例年は皐月賞からの馬を重視しなければなりませんが今年は例年ほど皐月賞はダービーに直結しないレースと考察しました。

つまり別路線組にチャンスがある年だということです。その皐月賞以外の路線でかなり才能を発揮しているこの馬には注意が必要だと思います。

高速馬場への対応は疑問ですが、距離は問題なし、能力も通用してもおかしくないだけのものを持っています。

デムーロがこの馬が強いと言っていたのも気になりますね。相馬眼のデムちゃんですし。(笑)

 

 

△キタノコマンドール

→ステルヴィオよりも若干のロスがありながらも皐月賞ではタイム差なしの5着とG1でもある程度やれることを示してきましたね。

この馬のローテーションは皐月賞よりもダービーに主眼を置いたものに思えましたし、実際に場体重も二けた増と余裕がある馬体でした。

もともと皐月賞よりもダービー向きと評価してきた馬で前走よりも上り目はあるでしょう。

鞍上も怖いですね。ポジションをしっかり意識して乗ってくれそうでそれに馬がこたえられるか。

 

抑え6.12.18

→6ゴーフォザサミットはポジションさえ取れれば枠の並びはいいですし、勝負になるかもしれないと考えを改めました。ウインバリアシオンと配合も似てますしね。10ステイフーリッシュはノリちゃんですね(笑)まず場体重に注目ですね。また前目で競馬を想定しているのですがどうでしょうか。できるならペースを引き上げたほうが良さそうな馬ですが鞍上にその意識があるのかどうか。12エポカドーロはスプリングステークスでもステルヴィオとやれてますし皐月賞もはまったとはいえ着差で考えると圧勝でしたので地力はあるかと。ただ新馬戦の内容が個人的には引っかかっていて、東京替わりは血統観点、過去千隻からもよいとは思えないので抑えまで。18サンリヴァルは血統はまあいいんですが延長ローテと騎手変更、大外枠と3重苦。強気に乗れるかですね。消してもいいかもしれませんが、あまりにも不人気なので拾いました。

 

消グレイル

→迷いましたが、超高速馬場ですので馬場条件的には良くないと感じます。ただ前走はあまりうまくいっていないのでヒモくらいに加えておくのも面白いかもしれませんね。

消タイムフライヤー

→ちょっと考えなおしましたがやはり直線でいいイメージがわきませんね。ハーツクライ産駒ですが小回り前傾ラップ向きの馬かもしれません。

消オウケンムーン

→血統が重すぎますね。左回りのほうが良さそうですし、前走は荒れた内から出られなかったので予想外の健闘は今回ありそうですがそれでも3着内は壁が厚いとの判断です。

消エタリオウ

→枠順が内目なら考えましたが、、、厳しいでしょう。

 

以上です!!

閲覧してくださった方本当にありがとうございます。

誰かが僕の駄文を読んでくれていることでものすごい活力をいただいてます。

本当にいつもありがとうございます!

 

本当に明日は獲りたいですね。

1年に1回の祭りを皆さんで一用に楽しみましょう!!!!!

ではではおやすみなさい!

日本ダービー2018 出走馬短評その3

夕方ですね。ボンカです。

葵ステークスは悶絶の結果となりました。。

◎ラヴカンプー

〇アサクサゲンキ

▲トゥラヴェスーラ

☆アンヴァル

抑え12.13.15

1着ゴールドクイーン 消 9人気

2着ラブカンプー ◎ 6人気

2着トゥラヴェスーラ ▲

4着ヴィズ △

5着アサクサゲンキ 〇

買い目

ワイド1-2 (本線)

三連複◎―〇▲―〇▲△

 

あれ?買ったはずの◎―▲のワイドは・・・???(笑)

まさかの買い目漏れでした

夜中に購入するとこういったことがありますので気を付けていきたいですね。死にたい

つーか3連複内枠先行馬くらい抑えとけよ・・・って感じですね(笑)馬券が下手や。

あとアサクサゲンキ二度と出遅れないでください


さて切り替えて明日行われる日本ダービー2018の出走馬短評のラストを書いていきたいと思います!!

現在は500万以下で2分24秒中盤がでるアホみたいに早い馬場ですが、、、どうなるか。

日本ダービー2018関連記事

日本ダービー2018出走馬短評その1

日本ダービー2018出走馬短評その2

日本ダービー2018血統考察

日本ダービー2018ラップ考察


ワグネリアン 血統★★★

騎手 福永 厩舎 友道康夫

生産 NF 馬主 金子真人ホールディングス

父 ディープインパクト 母 ミスアンコール

皐月賞では期待を裏切って7着と沈みましたね。

ただ血統的にもタイプ的にも明らかに皐月賞向きの馬とは言えず、この馬とキタノコマンドールはともにダービー向きと言ってきました。

コーナーで動けず、加速力もない馬のため東京延長の条件替わりはプラスだと考えたいです、皐月賞ではステルヴィオやグレイル、キタノコマンドールより早く動いたにもかかわらず瞬間的に見劣ったわけですから、その点は条件替わりでやや解消されそうですし。

ただやはり不安なのは枠が難しいことで、この枠だと恐らく後方からとなりポジションが取れないかポジションを無理して取ったとしても道中外々になりそうです、中団の馬が分厚いので恐らくスローのほうがいい馬だと考えていますので、展開も向かないと厳しいかな。

 

ブラストワンピース 血統☆★★

騎手 池添 厩舎 大竹正博

生産 NF 馬主 シルクレーシング

父 ハービンジャー 母 ツルマルワンピース

無敗馬ですね。かなりいい馬です。毎日杯ではギベオンを子ども扱いしてゆりかもめ賞自体は相手が弱かったものの4馬身差の快勝、シルクレーシングは今年かなり勢いがあります。。

血統や戦歴から見てもまず距離は持ってくると思います。ただ血統的に見て超高速馬場は微妙かな?という懸念はあります。

瞬発力やポジショニングもうまい、トップスピードの質もある、1800である程度流れた中でもやれたということで適性的には前走よりは条件は良くなると思うんですがね。馬場だけ心配。

重めの印を打つと思います。

 

アドマイヤアルバ 血統 ☆★★

騎手 丸山 厩舎 須貝尚介

生産 NF 馬主 近藤利一

父 ハーツクライ 母 エリドゥバビロン

買いの要素はあるんですよね。血統とポジショニングがワンチャン上手くいく可能性があるところです。

ただ足りないでしょう。消します。

 

コズミックフォース 血統☆★★

騎手 石橋脩 厩舎 国枝栄

生産 NF 馬主 サンデーレーシング

父 キングカメハメハ 母 ミクロコスモス

足りないでしょう。

 

ステイフーリッシュ 血統☆★★

騎手 横山典 厩舎 矢作芳人

生産 社台ファーム 厩舎 社台レースホース

父 ステイゴールド 母 カウアイレーン

困った騎手ですね。ワンチャン突発逃げあるか?と考えたんですが、、、2列目でしょう。

明日の馬体重に要注意の馬ですね。共同通信杯では馬体が減ってどうしようもなかったので前走戻した体重を何とか維持できているか。

前走の内容が結構いいんですよね。平均ペースで一足も使えてましたし前目で競馬もできたので有力馬との兼ね合いを考えるとこの馬自身ペースを引き上げても面白いかもしれません。

というよりも前目の馬にペースを上げたほうがいい馬が多いんですよね。(サンリヴァル、ステイフーリッシュ、ジェネラーレウーノ、エポカドーロなど)

人気はないので抑えても面白いかもしれません。

 

ゴーフォザサミット 血統★★★

騎手 蛯名 厩舎 藤沢和雄

生産 矢野牧場 馬主 山本英俊

父 ハーツクライ 母 ラグジャリ―

好枠ですね。距離延長してよくなった部分もあります。

ただこの馬自身はゲートが悪い馬で前走はかなり出ましたがネックでありますね。

もしポジションが獲れたなら面白いとは思いますけど。。。

仕掛けはある程度分散したほうが良さそうですね。

地力で劣ると考えているのであっても3着が限度かなというイメージ。

 

エタリオウ 血統☆★★

騎手 ボウマン 厩舎 友道康夫

生産 NF 馬主 Gリビエールレーシング

父 ステイゴールド 母 ホットチャチャ

青葉賞組なら安定感があるのはこっちかなあ。

血統は割といいんですよね、ダンジグと米国系を持ってますし。

ただあくまで青葉賞組ではの話で、全体でみるとやはり地力的に劣るかなと。

ロンスパに近い形で勝負したいのでこの馬が前目に着け、さらにこの馬の前にマークされるような馬(ダノンプレミアムなど)がいる展開が望ましく、今回そうなるかと言ったら微妙です。

 

サンリヴァル 血統☆★★

騎手 浜中 厩舎 藤岡健一

生産 斎藤安行 馬主 幅田京子

父 ルーラーシップ 母 アンフィルージュ

血統は★3に近い評価です。延長ローテだけ不安ですね。

ただ馬のタイプ的にはトップスピードを使えるのが一瞬ですので東京では脚の使いどころが難しいし、前傾ラップなどペースが流れたほうがいい馬なのでそういった意味で乗り替わりはかなり痛い。

枠順は最悪に近いのでどこまで腹をくくって前に行けるか、またペースを引き上げるかですね。

現状全く人気がありませんのでヒモで引っ掛けたほうがおもしろいですね。

 

以上です閲覧ありがとうございました!!良かったらクリックお願いします!!