日本ダービー2018 出走馬短評その1

こんばんはボンカです!

ダービー当日まであと2日ですね。ついに枠順も発表されましたし。

早くも緊張感とわくわく感がすさまじいですが落ち着いて考察をしていきたいと思います(笑)

さて、本日の記事は出走馬の短評記事です。

3回に分けて全頭分の考察をする予定です!がんばりましょー!!

まずは枠順のお話から。

日本ダービー2018関連記事

日本ダービー2018ラップ考察

日本ダービー2018血統考察

 

ダノンプレミアム忖度ですか?

ダノンプレミアムがかなりの好枠を引き当てたっていう感想が一番ですね。

距離の不安は確かにありますのでロスなく運びやすい最内は先行力のあるこの馬にとっては最高の枠ですね。絶対に買うと宣言していましたが更に買わないといけない馬になりました。

血統推奨馬のジェネラーレウーノは8枠16番。枠順を見て割と大きめの唸り声を上げましたw普通に悪い枠です。。

んーまあケイティクレバーとアイトーンがいなくなったのでこの馬より前を明確に取りたい馬がいないというのはこの枠順を少し相殺できる出来事。ただこの馬はソラを使ったりするので本当はできれば前に馬を置きたかったというのが本音ですね。

ワグネリアンは最悪に近い枠ですね。福永+8枠ということでポジションをとれる可能性がかなり下がりましたね。ある程度中団がごった返しそうですし、割と後ろに下げないと道中外になっちゃうんで。。。評価を下げます。ただ馬自体は皐月賞より条件自体は良化。

そういった意味ではステルヴィオも同じですね。気持ち外過ぎます。ワグネリアンよりはマシですけどね。

サンリヴァルは厳しい枠になりましたね。ジェネラーレウーノより序盤のポジションにデリケートなこの馬にとっては大外は最悪ですね。エポカドーロより前で競馬したいので、意識をもって競馬をしてほしいですね。

エポカドーロは内が欲しかったですね。サンリヴァルとジェネラーレウーノが外、ダノンプレミアムが内と相対的に見てもまあ微妙。

キタノコマンドールコズミックフォースは普通に好枠という印象ですね。ダービーがどういったレースかを理解している素晴らしい騎手ですしある程度のポジションを狙ってきそうです。

ブラストワンピースもまあまあの枠ですね。しいて言えばダノンの内が欲しかったですね。

 

さて枠順の雑感はこんなもんにして本題に入りたいと思います!

 


ジェネラーレウーノ 血統★★★

騎手 田辺 厩舎 矢野英一

生産 新生ファーム 馬主 Gリビエールレーシング

父 スクリーンヒーロー 母 シャンハイロック

血統は正直★2.7くらいの評価です(笑)

スクリーンヒーロー自体はJC勝ちがあるのですが産駒は現状ゴールドアクターくらいしか2400オーバーで実績がある馬がいないというのが弱気な理由でして。。それ以外はいいんですけどね。母系のアメリカ血統はダービーでも相性がいいですし、ロベルト系も持ってますしね。

統の視点で考えると、前走はさすがに展開が向いたとまでは言えませんが前傾ラップに強い配合なのは確かです。ただ弱い馬があのパフォーマンスをできるかと言えばできないと言えそうですし、難しい馬ですね。

さらに自信がない理由としてはやはりこの馬の性質として挙げられるソラを使う癖などはどうしても引っ掛かりますしできれば前に馬を置きたいタイプですのでアイトーンやケイティクレバーの除外は痛いですね。。。

ただそれでも前走皐月賞は休み明けですし、ローテーションに余裕があるのは確かで今回は調教も前走よりも良さそうですし楽しみな面が勝る馬というのが現状の評価ですね。

ほんとに内枠引いてほしかったw

 

ジャンダルム 血統☆☆★

騎手 武豊 厩舎 池江泰寿

生産 ノースヒルズ 馬主 前田幸治

父 Kitten`s Joy 母 ビリーヴ

皐月賞の血統推奨馬ですね。忘れたいですね。

父Kitten`s Joy産駒は2000オーバーで馬券になった馬はこの馬だけという。それもわかった上で皐月賞本命に推しましたが稍重馬場とジャンプスタートで出遅れは致命的でしたね。ただそれでも若干距離に限界を感じる内容でしたし2400延長でもっと良さそうな馬がいるので消しとします。

NHKマイルカップ出ればよかったのに。

 

グレイル 血統 ☆★★

騎手 岩田 厩舎 野中賢二

生産 NF 馬主 カナヤマホールディングス

父 ハーツクライ 母 プラチナチャリス

血統に関しては★3に近い★2です。ハーツの延長左回り変わりは買い時ですしね。

皐月賞では穴推奨しましたが直線はかわいそうでしたね。詰まって詰まって。

ハーツ産駒にあのようなロスは致命的ですね。その割に頑張ったと思います。

この馬の弱点は恐らく最高速度の質で、上り34秒台まででしか好走したことがありません。なので個人的には皐月賞は詰まったが馬場自体は向いていたと考えています。

なので前走人気薄でステルヴィオやキタノコマンドールらとタイム差なしまで迫ってきましたが今回高速馬場でどうか。

全体のペースが少し上がったらちょっとだけ面白いかもしれませんが、人気次第では消すと思います。

雨が降ったら手のひら返して買います。(笑)

 

キタノコマンドール 血統★★★

騎手 デムーロ 厩舎 池江泰寿

生産 NF 馬主 DMM

父 ディープインパクト 母 べネンシアドール

いい血統ですね。中山→東京替わりは良さそうです。

姉デニムアンドルビーはオークス3着JC2着、叔母のトゥザビクトリーはオークス2着と近親に東京2400巧者が揃っていますね。

皐月賞は二桁馬体増+前有利+大外分回しで前がぽっかり空いたステルヴィオや前目で楽にコントロールできたエポカドーロよりもかなり苦しい競馬をしていました。ダービーが本線のローテに見えて上積みもかなりありそうで積極的に買いたい馬ですね。

ただ池江が泣いてるんですよね(笑)泣きの池江は買いって言いますけど調教で責められないってのは少し不安か。

ペース的にはスローロンスパやスロー3F戦がベストな気がしますね。今回はあまりペースが上がらなさそうなのでそこは追い風か。

デムーロと手が合いそうな馬ですね。

 

 

ダノンプレミアム 血統★★★

騎手 川田 厩舎 中内田充

生産 ケイアイファーム 馬主 ダノックス

父 ディープインパクト 母 インアナギャル

言わずと知れた無敗馬ですね。朝日杯のパフォーマンスは度肝を抜かれました。

朝日杯は4着ケイアイノーテックがマイルカップ勝ち、ステルヴィオが展開不向きの皐月賞4着と休み明けスプリングステークスで皐月賞馬エポカドーロに完勝。3着タワーオブロンドンはアーリントンカップ勝ちとまあ上位馬が軒並み活躍しており、ダノンプレミアム自身も皐月賞のトライアル弥生賞でワグネリアンを完封。

こんな感じでやはり2000以下となると役者が違うといった印象はやはりありますね。

更に血統もいいんですよね。父ディープは過去10年で3頭が勝利し、2,3着にも5頭来ていますし、母系にはこのレースと相性の良いダンジグとロベルト本当はジェネラーレウーノより推奨したかった

そしてラップ考察でも触れた通りCコース替わりと中間4Fがオークスより緩くなりやすいことからある程度前目の馬が有利になっている上にこの馬は前目でコントロールできるタイプのディープで折り合い面に不安はあまりないんですよね。

ただ不安点はもちろんありまして、この馬は本質マイラーだと思いますし距離延長自体は探り探りの部分も大きいと思いますし(他の馬も2400は初めての馬が多いですが)長い直線で目標にされる立場というのもあります。

そして皐月賞回避明け初戦というのも不安ではありますね。

ということを僕自身も馬券を買う方々も不安視していると思いますが、現状でのダノンプレミアムの評価を書いておきたいと思います。

評価Eクリックで表示です現在68位くらいです!

理由Fクリックで表示です現在150位くらいです!

 

以上です!

閲覧ありがとうございました!!!

 

日本ダービー2018 血統考察

こんばんはボンカです!

爆睡かましてました。。

早い時間のうちに血統考察を終えてしまいたかったのですが。。。睡魔は悪ですね(笑)

 

とりあえずダービー前までの血統推奨馬の成績を集計してみました!

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)

複勝率 42% 複勝回収率 169.2%

これは大注目の血統考察ですね。(自分自身でハードルを上げていくスタイル)

基本的にできるだけ人気薄を血統推奨仕様としているのですがちらほら人気馬もいますね。そしてこいつらが勝てないという。

ここはもうすこし考えて記事を書かんといかんですね。

 

さて自慢を終えたところで日本ダービーの血統考察に入りたいと思います。

今回お話ししたいことは4つとかなり多いです。ものすごく気合が入ってますwなんたってダービーですからね。

①相性の良い種牡馬について

②キングカメハメハ=キングマンボ持ちについて

③ルーラーシップ産駒やロードカナロア産駒について

④相性の良い血について

まずはこちらの簡単な血統表をご覧ください!

 

日本ダービー2018関連記事

日本ダービー2018ラップ考察

 

 

①相性の良い種牡馬について

まずは種牡馬から見るのが吉ですよね!

ダービー過去10年の種牡馬別の成績を表にしましたのでご覧ください。

馬券になった馬を複数回出している種牡馬で今年出走馬がいるのは

ディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライ、ステイゴールドですね。

中でも母数は少ないですが回収率の面で優秀なハーツクライに注目したいと思います。

ハーツクライ産駒で馬券になったスワーヴリチャード、ワンアンドオンリー、ウインバリアシオンに共通する点がありました。

それは【33秒台の末脚を使って勝利した経験がある】点です。

今年のハーツクライ産駒にこのデータを当てはめてみると

グレイル ×

アドマイヤアルバ ×

ゴーフォザサミット 〇

タイムフライヤー 〇

となりました。特にグレイルは見た目の血統はいいのですが皐月賞記事で書いたように上りに限界があるタイプで、上りがかかる馬場や展開のほうが良いタイプの可能性が高いため、ハーツの延長東京替わりで穴人気する可能性がありますが今回は早くも消し宣言をしておきたいと思います。

また、ディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒は数字上では優位で、明らかに足りない馬の出走もあるため人気馬に絞ればおいしくはないですがどうしても有力な種牡馬になりますね。

キングカメハメハ産駒に関しては次の項で少し触れておきたいことがあります。

 

②キングカメハメハ=キングマンボ持ちについて

さて前の項の最後に触れたキンカメ産駒についてですがダービーでもこの産駒の傾向が出ています。

ラップと関係する話で僕は常々口にしているのですが、キングカメハメハ産駒は緩いラップのほうがいい馬が多いんですよね。

過去10年ダービーでキングカメハメハ産駒もしくはキングマンボ持ちが馬券になった年は2017、2015、2011、2010、2009年の5回にわたってあるのですが、2009年の不良馬場開催時以外はすべて後傾ラップのだったという事実があります。

なのでどうしても前傾ラップでは強調したくない血統ですね。

今年はアイトーンがいない、ジェネラーレウーノはいる前目もまあまあいるがある程度コントロールする意識がありそうということで、実質ペースに関してはゴリゴリの前傾ラップには達さない平均ペースからスローペース位になりそうなのはキングマンボ持ちにとっては追い風かもしれませんね。

もう一つ触れておきたいのはキングマンボ持ちはパワーがある馬が多いということですね。

実際に不良馬場開催の2011、2009年はキングマンボ持ちの人気薄がともに3着に来て穴を空けました

今年は晴れ予報ですので使えない知識かもしれませんがいつか雨のダービーが来た時のために覚えておきたいですね。

 

今年のキングマンボ内包馬

キタノコマンドール

コズミックフォース

サンリヴァル (父ルーラーシップ)

ステイフーリッシュ

ステルヴィオ (父ロードカナロア)

ブラストワンピース

ワグネリアン

 

③ルーラーシップ産駒やロードカナロア産駒について

キングマンボ持ちの傾向の話からロードカナロア産駒やルーラーシップ産駒に話を発展させます、まだ傾向がつかみ切れていないので想像の段階ですし強く主張はしませんがこれらのキングマンボ持ち種牡馬は前傾が苦手というキングカメハメハ産駒の傾向を受け継いでいない可能性が高いと僕自身は考えています。

ルーラーシップ産駒はトニービンを持っていますし、ロードカナロア産駒はストームバードを持っていますのである程度前傾に対応する力を持っていてもいいのでは?という視点での考察ですが、実際ルーラーシップ産駒は高いレベルだと前傾やしまった平均ペースでもパフォーマンスを落とさない馬が多いですし。

ただルーラーシップ産駒に関しては東京は得意ですが距離延長は苦手というデータがあるので注意が必要かもしれませんね。

 

④相性の良い血について

さて、ようやく軸となる血統のお話です(笑)

長くなってしまいすいません。

過去10年で相性が良さそうだと感じた血統を2本発表します。

「ダンジグ系」「ロベルト系(4L)」

この2本です。

ロベルト系に関してはロベルトの中でもスピードがあるタイプのほうがいい気がしますね。

具体的に言うとグラスワンダー、タニノギムレット、シンボリクリスエスなど

 

今年のダンジグ内包馬

エタリオウ

グレイル

コズミックフォース

ジェネラーレウーノ

ジャンダルム

ダノンプレミアム

ブラストワンピース

 

今年のロベルト系内包馬

ジェネラーレウーノ(父スクリーンヒーロー)

ジャンダルム(母父Lear Fan)

ダノンプレミアム(母父インティカブ)

 

 

ああ~おもってたよりダノンプレミアムいいっすね。。w

さて①-④の項で上げた馬から一頭血統推奨馬を出したいと思います。

今回は様々な理由によりあまり自信がないです。

これは出走馬短評でお話ししたいと思います。

今回はこの馬!馬C

父がね~2400以上で若干弱いんですよね(これも自信ない理由の一つです。)

ただ人気薄にはなってくると思いますし、リスクよりもリターンのほうが多いと思っています!

 

以上です閲覧ありがとうございました!

この記事が役に立った、面白かったと感じた方はクリックお願いします!!

日本ダービー2018 ラップ考察

こんばんはボンカです!

今日は寒かったですね。飼っているわんこが丸くなっていたのでヒーターをつけてあげたらヒーターの前から動かなくなってしまいました。。

 

さてさて今週はいよいよ日本でダービーですね。今年はかなり難解なメンバー構成かな?といった印象を現在は持ってまして、キーとして挙げるなら2つで

①皐月賞の1.2.3着に対する評価とそれ以下の馬たちに逆転の目はあるのか?

②朝日杯組>別路線組の図式はまだ持っていていいのか?

これらの二つが日本ダービー2018が的中するかどうかの大きな焦点になってきそうですね。

他にもダノンプレミアムの状態や無敗の惑星ブラストワンピースといった考えなければならない要素はあるのですが、まずは過去のレース傾向を知るほかないでしょう。

というわけで今日は日本ダービーのラップ傾向についてまとめてきました。

簡単な表を用意しましたのでご覧ください!

今回お話ししたいことは2つです!

①日本ダービーのおおまかなラップ傾向について

②先週のオークスと比較して

③今年の出走馬を見ての雑感

 

①日本ダービーの大まかなラップ傾向について

日本ダービー個別の傾向をまず見ていきましょう。

ペースの傾向は表だとそこそこ分散していますが実質ペースだとスローから平均程度が殆どで2012年くらいの厳しいペースになることは稀です。基本的にはスローから平均というのを頭に置いておきましょう。

次に仕掛けどころですがL2最速の比率が高く次点でL3最速が過去3回ありました。ここには特段大きな特徴はなく東京2400らしいレースという感じですね。

 

個別考察だとやはりレースの全貌がハッキリと見えてきませんね。

というわけで他のレースと比べてどうか?という視点で見ていきたいと思います。

 

②先週のオークスと比較して

では先週行われたオークスのラップとダービーの平均ラップを比較してみましょう。

過去10年データから良馬場開催時のデータを抽出しました。

ダービー 勝 2:25.0 前4F 47.9  中4F 50.5  後4F 47.0

オークス 勝 2:25.0 前4F 48.1  中4F 49.6  後4F 47.2

 

平均勝時計が奇しくも同じになりました。

ただ明確に差が出た面が一つあり、それは【中間4Fにおいてはダービーのほうがオークスより緩い】点です。

これがどういった風にレースに作用してくるかというと、

過去10年の脚質別のデータを少し見てほしいのですが

分かりやすく言い換えると【オークスのほうがダービーよりも中間ラップが絞まっている=息を入れにくいため前の馬が垂れる】です。

これにCコース替わりなど他の要素も絡まって先行馬と差し馬の比率がかなり変わってきますね。

何が言いたいかというとダービーのほうが前有利ということと、ダービーのほうがオークスと比べて器用さが求められるということです。

 

③今年の出走馬を見ての雑感

今年の出走馬を見てまず目につくのはジェネラーレウーノやエポカドーロ、ダノンプレミアムでしょうか。

逃げ候補としてはケイティクレバーやアイトーンといったところもいますが、田辺騎手も前走でジェネラーレウーノが前傾ラップ向き(父ロベルト系、母系はアメリカン血統)ということがつかめているという前提で考えると皐月賞は流石に前に突っかかりすぎましたが今回も前がスローに落とすようなら平均以上程度へのコントロールを意識するのではないでしょうか。消耗などで競馬ができない状態になければ。

それを見て先団以降がどうするかですが、サンリヴァルやエポカドーロあたりが皐月賞のように少し離れた位置で平均からスローでコントロールといったイメージもわきますね。

仕掛けどころに関してはダノンプレミアムが休み明けと距離のこともあるので前よりも後ろの有力馬を意識した騎乗になるかなと思いますし基本L2最速で考えますがL3最速も今年のメンツならあるかもなーといったイメージです。幅を持たせたほうがいいかも。

まとめ

・ペースバランスはスローから平均が本線。

・仕掛けどころはL2かL3で決めていい。L2最速が多い。

・オークス比較では前で受けられる馬が有利。器用さが必要。

・今年のメンツを見た感じではペースは先団ペースは前傾、実質ペースは平均からややスローまでを想像。ドスローはなさそう。仕掛けはL3最速もあるかも?といった印象

 

以上です!閲覧ありがとうございました!

最後に現時点で皐月賞負け組から評価しておきたい人気馬を挙げておきます!

評価理由は馬A馬Bともに地力を評価しているからです。

馬Aクリックで表示です現在149位くらい!

また、絶対買うという人気馬も発表しておきます!

馬Bクリックで表示です現在69位くらいです!