朝日杯FS2018 血統考察

こんにちはボンカです!

先週は阪神JFを▲〇◎で三連複的中。ほかには自信度5(MAX)をブログ開設以来初めて打った師走ステークスでテーオーエナジーの複勝的中。収支的には土曜はトントン。日曜は回収率200%後半で終えることができました。中日新聞杯自信はかなりあったんですが◎エンジニアは進路取りにてこずったことと展開に泣きましたね。極端に流れてよいタイプではないですしあの展開は想定外。

馬券としてはこんな感じになりました。


気持ちを切り替えて今週も頑張っていきたいところ。朝日杯は先週の阪神JFをダノンファンタジーが勝ったことを考えてもグランアレグリアが牝馬ながら1倍台の支持を集めそう。仮に勝つことになれば牝馬が朝日杯を制すのは38年ぶりの偉業。今の現役馬はアーモンドアイやディアドラなどかなり高い素材が多いのでそれに続けるか楽しみですね。それでは朝日杯FSの血統考察をやっていきましょう!

2018年度血統推奨馬一覧

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)→マーメイドs(ルネイション8人気9着)→エプソムⅭ→(ベルキャニオン9人気6着、マイネルフロスト13人気9着)→函館ss(ワンスインナムーン2人気8着)→ユニコーンs(ルヴァンスレーヴ1人気1着)→宝塚記念(ダンビュライト5人気5着)→CBC賞(アレスバローズ4人気1着)→ラジオNKKEI賞(イエッツト3人気11着)→七夕賞(メドウラーク11人気1着、サーブルオール1人気4着)→プロキオンs(ドライヴナイト9人気13着)→函館記念(ヤマカツライデン回避)→函館2歳s(カルリーノ3人気3着)→中京記念(ロジクライ5人気2着)→アイビスサマーダッシュ(アクティブミノル14人気8着)→クイーンs(ツヅミモン5人気9着)→小倉記念(トリオンフ1人気1着)→レパードs(ショーム除外)→エルムs(リッカルド4人気6着)→関屋記念(ロードクエスト8人気5着)→北九州記念(トウショウピスト12人気13着)→札幌記念(サクラアンプルール7人気6着)→新潟2歳s(エルモンストロ5人気6着)→キーンランドカップ(キャンベルジュニア5人気4着)→札幌2歳s(アフランシール3人気5着)→小倉2歳s(セタブリアン4人気16着)→新潟記念(メートルダール6人気2着)→紫苑s(カレンシエリージョ9人気10着)→セントウルs(ラインスピリット9人気5着)→京成杯AH(ロードクエスト5人気4着)→ローズs(サトノワルキューレ1人気6着、ウラヌスチャーム6人気5着)→セントライト記念(ジェネラーレウーノ4人気1着)→オールカマー(ダンビュライト3人気3着)→神戸新聞杯(ステイフーリッシュ5人気5着)→シリウスs(なし)→スプリンターズs(レッツゴードンキ3人気5着)→サウジアラビアRC(アマーティ4人気3着)→毎日王冠(ケイアイノーテック4人気5着)→京都大賞典(なし)→府中牝馬s(カワキタエンカ8人気9着)→秋華賞(パイオニアバイオ9人気12着)→富士ステークス(レッドアヴァンセ5人気3着)→菊花賞(エタリオウ2人気2着)→スワンステークス(ヒルノデイバロー7人気11着)→アルテミスステークス(エールヴォア2人気3着)→天皇賞秋(サングレーザー4人気2着)→福島記念(エアアンセム1人気3着)→エリザベス女王杯(カンタービレ5人気6着)→東スポ2歳S(カテドラル3人気11着)→マイルCS(ジュールポレール10人気6着)→京都2歳S(ブレイキングドーン4人気2着)→ジャパンカップ(シュヴァルグラン5人気4着)→京阪杯(ダノンスマッシュ1人気1着ナインテイルズ12人気2着、フミノムーン17人気8着)→ステイヤーズステークス(ヴォ―ジュ3人気11着)→チャンピオンズカップ(アスカノロマン15人気10着)→中日新聞杯(メートルダール3人気5着)→カペラS(キングズガード5人気6着)→阪神JF(クロノジェネシス2人気2着)

着度数 7-11-9-50

平均人気 5.8人気

勝率  9.3%

連対率  24.1%

複勝率  33.8%

単複回収率  181.1%/123.8%

目次

1阪神2歳戦1600m外回り良馬場~稍重馬場の種牡馬別成績

2朝日杯FSで強い血統について





1阪神2歳戦1600m外回り良馬場~稍重馬場の種牡馬別成績

先週と出だしは被りますがまずは朝日杯と同条件の2歳戦における種牡馬別成績から見ていきましょう。

2歳戦ということでディープインパクトダイワメジャークロフネロードカナロアの成績が優秀。他にはマツリダゴッホ産駒も阪神に限らず2歳戦で強い血統。朝日杯FSでは2014年に14人気のアルマワイオリが2着に絡んだこともありましたね。

とりあえず基本的には2歳戦で勝負になるような完成の早さが売りの種牡馬かスケールが大きい種牡馬がねらい目ということになるので上記の種牡馬には要注意。

2朝日杯FSで強い血統について

朝日杯FSの過去4年間の3着内馬の血統を表にまとめましたのでご覧ください。

表を見て思うのはやはり先ほど挙げたような種牡馬=完成が早いorスケールが大きい種牡馬が馬券に絡んでいますね。

キンシャサノキセキなんかも完成が早い種牡馬。代表産駒にはシュウジやこのレースで馬券になったモンドキャンノなどがおりどちらも2歳の早い時期に十種で活躍。

そのほかにはダンジグ系を推しておきたいですね。ダンジグはオーストラリアで主流の血統ですが重めの芝での推進力がある血で2歳戦に強い。ハーツクライに主要ラインにダンジグ持ちの母を掛け合わせると晩成傾向のあるハーツクライ産駒でも重賞レベルでも早い時期から活躍しやすい。(ロジクライ、ワンアンドオンリーなど)というのはこの要素もよく出てるんでしょうね。

今年ダンジグを4Lに持つ馬は

コパノマーティン(母父デインヒル)

ファンタジスト(母母父デインヒル)

またほかにも推しておきたい血がありまして、それがグレイソヴリン系特にトニービンとデュピティミニスターのライン。

これらは先週の阪神JFでも重視した血で、G1で前哨戦よりも厳しいマイルらしい前傾ラップになったらパフォーマンスを上げる血。

過去4年データではトニービン持ちで馬券になっているのは一昨年の3着ボンセルヴィーソ一頭。デュピティミニスターのラインはクラリティスカイとシャドウアプローチの2頭だけ。ただこれは母数が少ないために馬券になった馬がさほど多くないだけで、適性という意味ではマッチしたレースだと思いますし6年くらいたてば過去10年血統表でももっと存在感を出してくると思います。

今年これらの血を4Lに持っている馬

エメラルファイト(父クロフネ)

ソルトイブキ(母母父トニービン)

二ホンピロヘンソン(父母父トニービン)

マイネルサーパス(母父タマモクロス)

さて、以上の考察より今年はこの馬を推しておきたいと思います。

馬A 


→少し買いたい馬が少なく消去法的ですが、母系はグレイソヴリンの色が濃く、父ダート系も悪くはない。非サンデーは気がかりですが切れが問われなければワンチャンあるかも。

また、微妙だと思う人気馬を挙げておきます。

馬B

 

以上です!閲覧ありがとうございました!