桜花賞2019など最終予想

おはようございますボンカです。

桜花賞の予想ができましたのでブログを更新しておきます。

クラシック苦手なんですよね(笑)ギアが隠れてる馬とかもいますし、桜花賞に関しては女の子のレースですからね。まー難しいですよね。

阪神11R 桜花賞2019 自信度2

想定

逃げ ジュランビル→前目示唆のエールヴォアはテンいまいち、グランアレグリアの鞍上はルメールで流石に逃げは嫌いそう。ほかに候補はプールヴィルくらいかな。1400mから延長の馬のどちらかがやや押し出され気味に逃げることになりそう。

ペース 平均から1秒程度のスロー→今年の桜花賞は少しペースは落ち着くんじゃないかなと思ってます。明確な逃げ馬もいませんしね。

仕掛け 下りでしっかり加速して直線に入れる流れになるんじゃないでしょうか。基本的には外から勢いをつけて直線に入ることのできる馬が良さそう。

馬場 昨日よりやや緩くなっている。グランアレグリアの評価マイナス。


▲クロノジェネシス

△グランアレグリア.アクアミラビリス

買い目

三連単 ◎-〇-▲△ ◎-▲△-〇


阪神9R 忘れな草賞 自信度1.5

◎ルタンブル

▲ラヴズオンリーユー

△ランブリングアレー

買い目 

三連単 ▲-◎-△

桜花賞2019 血統考察

こんばんはボンカです。

先週は完全なオケラ。て言っても2レースしかやってないんですけどね。(笑)

大阪杯は3枠の2頭を重視して馬券を組み、対抗のアルアインが9人気で勝利したんですが痛恨の相手抜け。

ただ3月は自信度の高かった平場の3連単2発で大幅プラスで1.2月のマイナスを捲ることができました。4月も3月のようにしっかりと勝ち切りたいものです。マジでブログ始めて以来安定感に欠けるんでね。

先週の馬券負けた話はこれくらいにしといて(笑)

今週は牝馬クラシックの桜花賞が阪神競馬場のマイル外回りで施行されます。

去年の血統推奨馬のトーセンブレスは7人気4着で馬券もしっかり外れた苦い記憶がありますw

今年の桜花賞は3強ムード。阪神JF勝馬のダノンファンタジーが1人気に支持されそうですが、朝日杯FSで牡馬と互角の勝負を繰り広げたグランアレグリアや前哨戦のクイーンsを勝ち切った阪神JF2着馬のクロノジェネシスが3強。穴目では荒れ気味前哨戦から望むメンツが上記の3頭に足りるかどうかですね~。

2019春のG1はこのところ波乱決着が続いてますが今週はどのような結果が待ち受けているんでしょうね?

さあ、ここの所絶不調の血統考察記事を書いていきたいと思います。(今週は当たれ。)

2018年度血統推奨馬回収率 180%/120%

2019年度血統推奨馬一覧

中山金杯(ステイフーリッシュ7人気2着)→京都金杯(4人気6着)→フェアリーs(アクアミラビリス1人気5着)→日経新春杯(ムイトオブリガード2人気9着)→AJCC(ジェネラーレウーノ2人気4着)→東京新聞杯(レッドオルガ6人気2着)→クイーンカップ(ビーチサンバ2人気2着)→京都記念(ノーブルマーズ3人気9着)→フェブラリーs(サンライズソア6人気7着) →中山記念(ウインブライト5人気1着) →金鯱賞(アルアイン3人気5着)→高松宮記念(アレスバローズ7人気9着)→大阪杯(ペルシアンナイト3人気11着)

目次

1.阪神マイル外回りの種牡馬別成績

2.桜花賞で相性の良い血統について

1.阪神マイル外回りの種牡馬別成績

いつもどおりコースの種牡馬成績から見ていきましょう。

簡単にまとめると

・ディープは複勝率30%超えでOP以上では複勝回収率も及第点。桜花賞では尚更ディープが走る。

ハーツクライ.クロフネ.マツリダゴッホ.バゴは勝ち切れないものの複勝回収率は優秀で複穴注意。

2. 桜花賞で相性の良い血統について 

ポイントとしては

①ディープ産駒が基本的に強いレース。父クラシック血統優位。今年は出走しないがキンカメ産駒はスローのほうが良い。キンカメの仔であるロードカナロアの産駒はこれについて気にしなくてよい可能性が高い。

②フォルリ系列(サドラーズウェルズ.フェアリーキング..ヌレイエフ等)の血を引いている馬が好走しやすい。(特に4L上にこれらの血があるとよい)

③トニービンも阪神マイル戦で悪くない。

個人的に大事なのは②だと思います。今年も去年と同じで②を重視。

①は前項を見ればわかるので、②の該当馬をまとめておきます

フォルリ系列の血を持っている馬

クロノジェネシス

シゲルピンクダイヤ

トロイメント

ノーワン

ホウオウカトリーヌ

メイショウケイメイ

ラヴズオンリーユー

ルガールカルム

レッドアステル

まとめ

血統ランキングを発表しておきます。

1位が血統推奨馬となります。

1位 A


2位 B


3位 プールヴィル