5月2週の敗因分析【次走注目馬】【京都】

こんにちは!ボンカです。

メモ公開しときまーす

該当週の他場注目馬

次走注目馬2019年5月2週目【東京】

次走注目馬20195月2週目【新潟】

※ベタ買い非推奨。

5月12日

7R 4歳上500万以下 ダート1400

5着⑩セカンドエフォート

→展開不向きで完全な差し遅れ。ゴール板付近でもまだ伸びていたので、大外分回しのロスがあったにも関わらず脚も少し余していた。展開さえ向けば500万以下1400では通用することは前走前々走で示しているので、人気では買いたくないし、人気薄では抑えたい馬。枠順は道中は中で我慢してコーナーで外を意識できる中枠から内枠向き。砂は被っても大丈夫そう。

8R 4歳上500万以下 ダート1800

5着⑧テイエムヨハネス 

→展開は向いて5着に突っ込んできたがさすがに大出遅れが痛すぎた。シンプルに前傾ならこのクラスでも突っ込んでくる可能性はある馬。メンツと馬場次第ではあるが人気薄なら抑え。人気なら嫌う一手。

11R 栗東ステークス ダート1400

8着④ヌーディーカラー 危

→出遅れででどうしようもなかったので次走このクラスでも通用する感はあるが、案外地力的に疑問ではあるので微妙

9着⑧ローズプリンズダム

→ここ2走は短縮失敗の形。一応今回は出遅れもあった。1800が戦績や走りからもベスト。ややスピードに欠ける配合で軽ダートよりは重めのダートのほうが良さそう。冬の中山1800が適条件かも。

5月11日

6R 3歳500万以下 芝2000

3着①ヒンドゥタイムズ

→ハービンの休み明け。京成杯3着馬で、現状は上りを問われないほうが良いかもしれない。

4着⑦ジョウショームード ☆

→休み明けで二けた体重増加。レース自体も小頭数の前決着だったが後方から上り最速で追い込んだ。父ローズキングダム母父リンカーンとやや地味な血統だがこのクラスでも勝負になるレベルにある。

10R 蹴上特別 ダート1900

5着⑦ウインフォルティス

→前走は前崩れ先行5着。今回はコーナーで加速できず置かれてしまったがバテはしなかった。じり脚なのにコーナー加速が下手なのでもう少し前を取れれば3着勝負になってもよい。

7着⑥ワンダーウマス

→前決着で出遅れて絶望的な位置取りだった。前走は差し決着で先行大敗。それ以前は1000万以下でも突破級の競馬ができていただけに本来の力が発揮できれば通用。ただゲートが安定しないのは難点だし、母父ブライアンズタイムも気になる。

おわり

良かったらクリックお願いします!



5月2週の敗因分析【次走注目馬】【東京】

該当週の他場注目馬

次走注目馬2019年5月2週目【京都】

次走注目馬2019年5月2週目【新潟】

※ベタ買い非推奨。アイフォンの過去メモを公開している形なのでもう次走走っちゃってる馬もいますが気にしないでください

5月12日 

1R 3歳未勝利 ダート1400

2着③メンディ 危

→砂被り×。今回は最内ががっつり開いてそこを伸びてきた競馬。次走砂被る位置で人気なら嫌う一手。

6R 4歳上500万以下 ダート1300

1着①ヤマニンリュシオル

2着⑦コールドターキー

3着④スズノフブキ

4着⑥デュアルマンデート

→東京巧者のワンツースリー。5着ゴールドクロスは500万以下ややハイレベル戦で馬券になれるレベルの馬で、それを競り落とした2.3着馬は東京1300、1400では抑えるべきだし、前目で決着したレースを出負けから追い込んだ4着馬は普通に強い。

9R 青竜ステークス ダート1600

11着⑫ケイアイターコイズ

→スタートは良かったが距離不安からか位置を下げて競馬して見せ場なしの惨敗。兄は1200~1400での良績が多く、母もスプリンター。さらに父もキンシャサノキセキなのでマイルが長い可能性が高く、距離短縮+積極策で。今回は距離長かった&非積極策。前々走大敗は超差し競馬でのもの。

11R ヴィクトリアマイル 芝1600

5着⑪アエロリット ☆

→敗因として、ペース自体は向いたが直線でスピードの出る馬場で、前半飛ばしても結果としてラストも時計の出るレースとなってしまったことと、海外帰りの影響も多少あったかといったところ。高速馬場+イーブン以上のペースを刻めば持ち前の高速巡行能力で牡馬相手にもやれる。

8着⑦ミッキーチャーム

→輸送に課題&高速マイルではやや基礎スピード不足。

11着②レッドオルガ

→勝負所で見事な詰まり。詰まっていなければ3着はチャンスがあったかなという印象。エリモピクシーの仔で東京ベタ買い推奨。

12着⑧デンコウアンジュ ☆

→アルテミスステークス、2015年ヴィクトリアマイル、2019年福島記念、ローズステークス。この馬のベストパフォーマンスはすべてスローからの瞬発戦でのもので、今回のヴィクトリアマイルはそれとは異なるレース質。得意ペース、展開になりそうなメンツで再考。

5月11日

6R 3歳500万以下牝 ダート1400

5着⑧エリンアクトレス

→短縮後良さが出てきた。今回は差し決着の中先行勢で再先着。メンツ、展開次第では大穴として。

12R 4歳以上1000万以下 ダート1400

1着⑬アメリカンファクト

→時計はかなり優秀。揉まれ×砂×の逃げがベストの馬なので自分の形で競馬できるなら強い。

この記事が役に立ったらクリックお願いします(´;ω;`)



5月1週目の敗因分析【次走注目馬】【新潟】

該当週の他場注目馬

次走注目馬2019年5月1週目【東京】

次走注目馬2019年5月1週目【京都】

5月5日

3R 3歳未勝利 ダート1800

L4地点11.8秒で最速。1から3着馬は4角での位置取りそのままにゴール。

4着⑮マカル―テソーロ やや危

→ゲート五分からやや押して外目先行したが、最終コーナーではインにワープしてキックバックを受けてその地点で前と離された。その後は砂被りが軽減してからバテずやや伸びと言ったレースぶりで、地力は疑問も、普通に競馬できればこのレベルなら3着には足りるかも。ただキックバックを嫌がった通り砂被りへの耐性は低そうなので、次走内発走なら微妙。外なら人気次第で買い。

5R 3歳未勝利 芝1400

2着⑤シャンデフレーズ 危

→1400mでは0-2-1-0とパーフェクトだが、新馬戦3着は重馬場、今回は良馬場発表でも時計のかかる馬場で2着に逃げ粘り。エイシンフラッシュ産駒で母系は欧州性が強い血。恐らく湿り馬場巧者なので例えば高速1200とかでは嫌いたいし、1400でも時計の出る馬場なら勝利は疑いたい。(多分メンツによっては1人気2人気なので。)

11R 谷川岳ステークス 芝1600

12.2-11.1-11.7-12.0-11.7-11.0-10.8-11.8

L2地点最速でかなりトップスピードが要求された。差し追い込み勢が台頭したのは決してそれが有利な展開だったとかではなく、前に行った馬がその適性が低かったからこうなったのです。

7着⑧キョウヘイ

→湿り馬場◎馬群×の馬。適条件があまりないタイプでもハマったらクラス好走級だけに。

8着⑨キャプテンペリー

9着⑬ミュゼエイリアン

→キレ負け勢。この2頭の得意な展開はハイペースの消耗戦もしくはL4地点最速になるような展開。特に中山ではそういった競馬になりやすいのでまた買えそう。

10着③ハクサンルドルフ

→最近マイルばっかり使われているがやはり距離が短い。また、湿り馬場巧者で時計早い決着には不向き。この馬なりに脚は使えているので位置取りの分大敗続き。延長で再考。

5月4日

11R 邁進特別 芝1000

1着⑤ライオンボス

→フロックではない。時計がかなり優秀で次走フロック視されることがあれば。1000直の鬼説