菊花賞2018+α 最終予想

こんばんはボンカです。

遅れましたが菊花賞2018の最終予想に入っていきたいと思います。


菊花賞2018関連記事

菊花賞2018血統考察

菊花賞2018出走馬短評1

菊花賞2018出走馬短評2

菊花賞2018出走馬短評3


京都11R 菊花賞2018 自信度2

想定

馬場 上りのかかる馬場。標準馬場程度。内が若干荒れ気味。スタミナも必要なパターンの菊花賞。

→菊花賞適性で考えると出走馬中最上位になってくる馬。現状では二桁オッズと結構なめられているので妙味はある。課題として気性面やゲートの不安、血統面での不安はあるがやはり前哨戦のレベルは高かったと思うしその中で菊花賞のめどのたつ競馬もできたわけで。データ的にも内枠&関西馬と有利データに該当しているのでここはこの馬から入る。

〇エポカドーロ

→好枠。前哨戦は訳ありの凡走。調教師はかなりの策士で今回も細かく鞍上に指示を出しているはず。血統面は不安があるし春のG1戦線は展開が向いたとはいえ、どちらのレースも地力がないと難しいパフォーマンスだったと思うし皐月賞の内容からもロンスパの形は悪くない。距離が少し長いのが不安。

▲ブラストワンピース

→血統面の評価は低い。枠もかなりハイリスクハイリターンな枠。ただ枠の並び的に出負けしてもカバーしていきやすい並びで、うちの序列は少し難しいが内目に当てになる馬が多いので進路は確保しやすいかもしれない。アイトーンが下がってくるタイミング次第ではハマる可能性はある。地力もあるので。

☆グレイル

→ブラストワンピースを抑えるならこの馬もセットで。恐らくブラピをマークすると思うのでこの馬も前があてになる馬で進路は作りやすい。インでべったり我慢できてロスなく立ち回れそうなので。馬場も味方している。

△エタリオウ

→血統推奨馬。思ったより人気が出てしまった。厩舎コメントで距離が伸びていいと思っていると述べられていることや、これまでのパフォーマンスからも3000自体は持ちそう。しかし枠が枠なので内に入れるどころか外を回して勝ちに来るハメになりそうでここは評価を落とした。

△ユーキャンスマイル

→大穴枠。鞍上が鞍上なのでこの枠なら内目を狙ってくるはずで、良いポジションが取れそうな枠。前走である程度距離が延びてもやれそうなパフォーマンスを見せていたしレベルもある程度高かった。チャンスあり。

△タイムフライヤー

→大穴枠2。近走状況から買う要素は正直かなり薄いが、血統面とこれまで見せたパフォーマンスと馬場がマッチしているので抑えておく。上りがかかる競馬のほうが良いタイプで今回の馬場ではそれがかないそう。ラストチャンス。

 

京都12R 大崎山特別 自信度3

→相手弱&短縮で狙う。差し追い込み時に好走→先行して凡走の戦歴を持つ馬で今回は1400→1200短縮。自ずと後方からの競馬になりそうな今回は狙いが立つ。

〇オーロリンチェ

△14.15.16

菊花賞2018 出走馬短評3

こんばんはボンカです富士ステークスは血統推奨馬のレッドアヴァンセが3着と最低限。エリモピクシーってすげえなあ。。。

菊花賞の出走馬短評のラストを直前ですが書いておきたいと思います。

京都が思っていたより上りがかかってますね。。。今年は結構スタミナが問われる菊花賞になりそう。。


菊花賞2018関連記事

菊花賞2018血統考察

菊花賞2018出走馬短評1

菊花賞2018出走馬短評2

菊花賞2108最終予想


ジェネラーレウーノ 血統☆☆★★★

父スクリーンヒーローで母系はかなりアメリカ色が強い馬。これまでの戦歴通り前傾ラップなど底時からを問われるようなラップでパフォーマンスを上げそうな血統構成。京都適性に関しては微妙なラインで坂のある苦しいコースのほうがベターなはず。ロベルトやリボー、ニジンスキーなど菊花賞で効く血統を持っているのは高評価だがアメリカ色が強すぎることだけが心配。馬体的にはステイヤー体型で距離は持ちそう。

皐月賞などのパフォーマンスからアメリカ競馬的な底力を強く持っていることは明白で、前傾ラップで後続に脚を使わせながら粘りこむ競馬を得意としている。直線の坂でもそこそこ粘れるのが強み。逆にセントライト記念ではスローからの仕掛けが長い競馬となっていて勝ちはしたもののラストを結構落としていたのでロンスパになると苦しいかもしれない。

菊花賞では近年中だるみからロンスパという傾向が強くなってきているので瞬間的な脚を要求されないのはいいと思うが前半は全馬初距離ということもあり落ち着きやすいので必然的に広範囲ウエイトがかかりやすく、セントライト記念の内容からも後半戦に特化すると微妙な気はする。距離に関しては前述の通りある程度持つだろうから心配はいらないが、京都適性という点ではやはり未知数。

枠順はいいとこを引けた。アイトーンを行かせたうえで番手から4番手という選択肢を取れる。その中で田辺がどの程度引き上げる意識があるのかが焦点。

 

メイショウテッコン 血統☆☆☆★★

父マンハッタンカフェは菊花賞で全く結果が出ていない。0-0-0-13と壊滅的。

この点に関しては心配ではあるがマンハッタンカフェの馬力の面が近年の時計の早い菊花賞にマッチしていなかった可能性は高く、今年のように上りがかかるような馬場になってくるとちょうどよいかもしれない。馬体的に足が長くすらっとした体型で現状では距離が伸びてもある程度対応してくるだろう。母系にはレモンドロップキッドがおりこれはベルモントsの勝馬でダート中長距離の馬でアメリカ血統にしてはスタミナ色が強いのは少しプラスか。ただやはり配合全体的には菊花賞で強気になれる配合ではない.

結構前から菊花賞で面白いと思っていた馬で、前走の神戸新聞杯は良い負け方だったと思う。神戸新聞杯の行われる阪神は2400mでもスタミナのいるコースで、セントライト記念組より成績が良いのはここら辺の理由もあると思う。そのレースで逃げてL4から11.8‐11.2‐11.3‐12.1と持続力が色濃い流れをこなしたことは菊花賞ではプラスだろう。勝ったラジニケではハイペースから中盤が緩み、後半L1で減速していないのでいないので恐らくもう一段上のパフォーマンスは望めるはず。

ただ弱点も明確で、それはかかり癖があることとスタートが致命的に遅いこと。長距離戦においてかかる掛らないはものすごく重要だし、スタートが悪いのはこの枠の並びだと致命的。人気薄なので適性的に買いは買いだと思うがこれらのリスクは大きい。

 

カフジバンガード 血統☆☆★★★

足りないでしょう。消します。

 

コズミックフォース 血統☆☆☆☆★

父キングカメハメハ、母系を見ると母が1600m以下適性が濃く、母父産駒は日本ではスプリンターを輩出しておりスピード色が強い配合で現状の馬場での菊花賞ならなおさらスタミナが足りない配合。キンカメ産駒なので今後は当馬も距離が短いところにシフトしていく可能性が高い。

厳しいと思います。血統面も枠順も。前走のセントライト記念はさほどレベルは高くなかった中であのレースぶりですしね。。

また馬場適性もこの馬は高速馬場向きだと思うので3重苦ですね。消します。

 

グローリウェイズ 血統☆☆☆☆★

メジロラモーヌが母系にいますね。。魔性の青鹿毛。。。ただ母父がスウェプトオーヴァーボードで母のメジロツボネも短距離馬でしたし父ディープインパクトなのも加味して少し狙いにくい。

大外枠ではさすがにやりようがないでしょね。1000万以下を勝っていますが今年に限ってはさほど相対的にありませんので回要素が薄いですね。

グロンディオーズ 血統☆★★★★

母系はムスカテールを輩出したスタミナ豊富な血統で、父ルーラーシップはノーザンテースト内包。配合全体的に少し重いので今の馬場はちょうどいいかも。距離は持ちそうな配合。

思ったより人気しちゃってますね。ただ前走の信濃川特別では相手がそこそこ強い中3馬身差完勝ですので見た目のインパクトはかなり強いのでね。ただこの枠って結構難しい枠で、今年は先行勢が内に固まったので外の差し馬はかなりポジション取りに苦労する流れになると思うんですよね。まずはそこをクリアできるかどうか。前走はドスローからですが後半かなりいい競馬をできていますのでワンチャン足りてもいいと思うんですが。。。

 

以上です!

菊花賞の本命馬は次の記事で発表します。。

 

菊花賞2018 出走馬短評2

さて出走馬短評の続きを書いていきますか。

なんか今年の下半期のG1全部勝馬は荒れない気がしてるんですよね。。。

2016年安田記念のロゴタイプみたいな伏兵が勝つレースが見たいです。。中穴党なんで。。。(笑)ラップめっちゃきれいやったなあ。。。


菊花賞2018関連記事

菊花賞2018血統考察

菊花賞2018出走馬短評1

菊花賞2018出走馬短評3

菊花賞2018最終予想

富士ステークス2018関連記事

富士ステークス2018血統考察

富士ステークス2018最終予想


エタリオウ 血統評価 ☆★★★★

まずは血統面から。今回血統推奨馬にはエタリオウを選びましたが血統的に菊花賞ぴったりの馬がおらず消去法的に選んだところがあります。。。

母は芝1800mのG1勝鞍があり母父はストームキャット系。母系はアメリカ色がかなり強いが持続力があるタイプの血もあるためロンスパの形になってもそこそこの持続力を見せられるのはそのためだろう。上りが速くなりすぎないレース質は向いている血統。しかし神戸新聞杯と菊花賞であれば神戸新聞杯のほうが向いていそうな血統でもある。

まずは人気馬なので不安点から。騎手が人気傾向にあることに対して淀の長丁場があまり得意でないことが若干不安。それ以外の不安点としてはエタリオウは重賞での接戦歴が複数あるため今回も人気薄に推されそうではあるが実際は1勝馬で実力的に抜けているわけでは無い。また神戸新聞杯で見せたように直線でまっすぐ走れずに内に斜行する癖があることもよいとは言えない。また脚質も不安で、菊花賞では基本的に4コーナーの時点で先頭列に並びかける勢いがないと苦しく、せめて一桁通過順でないとどうしようもないのだが、この馬の今までのレース成功パターンは後方で折り合って前半無理をさせず後半に集中してというもの。実際に道中動いたゆきやなぎ賞や青葉賞ではラスト甘くなっているところからもやはりロンスパの形がベストなわけではなさそう。枠順的に結構厳しい並びになってしまったので外から動いてとなると尚更。(内はほぼほぼ取れないでしょう。)というように能力は上位とはいえ抜けておらず、適性的に疑問があるので頭のイメージは浮かばない一頭。馬券内に来ても全く驚きませんが。。。見せているレースぶりと血統イメージが個人的にマッチしていない馬。

 

エポカドーロ 血統評価☆☆☆★★

母ダイワパッションが引っ掛かりますね。またたびたび言っているようにフォーティーナイナーが強く出ている当馬ですので距離延長に関してはやはり疑問。さらに父オルフェーヴルは当たりはずれの多い種牡馬とはいえ京都成績がかなり悪いという風に血統面での推奨は全くできないですね。タフ馬場皐月賞での勝ちがある通り馬力に優れる点は馬場次第で活きてきそう

考えなければいけないのはダービー、皐月賞はかなり展開が向いた部分は大きいということ。皐月賞は実質スローでコントロールできる離れた2列目先頭。ダービーは逃げてスローにコントロールできた。ただしダービー当時はデキ落ち気味とのことで完璧な出来だったかと言われると微妙なラインだったこと、前走の4着敗退は見え見えですが躓いて位置を悪くしたことが大きな敗因であることも考える必要もありそう。皐月賞、ダービーの好走に関しては力がないと無理ではあるので地力はあるんでしょうけど。

逆に期待できる点は藤原英昭厩舎の叩いて本番激走はステファノスでよく見た通り上積みは期待できそうなのはプラスで、前走よりも状態は確実に上向いてくるはず。新馬戦凡走からも叩き良化型のにおいは少ししますし。適性的には延長がめちゃくちゃいいとは思いませんがあまり瞬間的に早いラップを踏まないのはプラスになりそう。結局皐月賞も早いラップを踏んでないですし、後半ロンスパ気味で勝ってますので菊花賞適性も上位人気馬の中では高いほう。

枠もいいとこを取れたと思いますし、距離延長は疑問ですが地力とロンスパの適性は出走馬中トップクラスと見ます。有馬記念で買ってみたいタイプ。

 

タイムフライヤー 血統評価☆★★★★

血統評価は実は最上位級

母父にブライアンズタイムを持っておりハーツクライの延長ローテ。血統表だけ見れば菊花賞の穴馬候補なのですが、外枠発想とプラスで近走の内容が悪く買いの要素はほとんどなくなっちゃいましたね。。。

ラストチャンスかなと思いますが。。。


 

ユーキャンスマイル 血統評価☆☆☆★★

父キンカメが少し気に食わない。長丁場のキンカメは信頼ならないとこがあり、馬体的に長距離が向かない産駒が多くなる傾向がある。また、母父ダンスインザダークは菊花賞で好成績を残している種牡馬だが祖母が短距離馬というのも少し買いにくいか。ただ馬体を見る限りでは距離は持ちそうな体型をしておりいい風にスピードが遺伝しているのかもしれない。

例年なら穴候補なんですが今年は世代レベルが高いので強気とまではいけない。ただ前走の阿賀野川特別は菊花賞にめどを立てたレースで、スローからのL5戦となっている中でL1を落とさず勝ち切ったというもの。後半ロンスパの競馬自体はこなせる

ただ毎日杯ではコーナーで置いていかれ、前走も瞬間的な反応自体は良くなかった。このようにズブい馬なので今回もその課題は残ったまま。向こう正面で動いていくような競馬ができるとチャンスは増すかもしれないが。。。

 

アイトーン 血統評価☆☆☆★★

スピードが足りない配合。

今回は逃げると思いますがさすがに残れないでしょう。消します。

 

ステイフーリッシュ 血統評価☆☆★★★

血統は悪くないと思います。母のカウアイレーンはマイルで5勝しているように、母系はかなりマイル色が強い血統で現代菊花賞において必要とされるスピードに関しては足りている。ただ少しスタミナ色が薄いので距離延長が抜群にいいというわけでは無いので注意

京都新聞杯がベストバウトでしょうけどあのレースは0.8秒の前傾ラップでかなり流れたレース。その中での先行押し切り。ホープフルステークスでも2秒のハイペースから3着強襲したように勝負になったレースはすべて流れたレース。結構血統が出てるかも。

逆にダービーや神戸新聞杯ではスローで内容が良くないので菊花賞向きとは言えないタイプの馬で、馬体重も増えてきていなかったこと、8枠発想という点からもここではかなり狙いにくい1頭。短縮平均ペース高速馬場条件で重賞を勝てる器だとは思うんですけどね。。。

以上です!

菊花賞の現状での本命馬を発表しておきたいと思います!

馬G

また、2列目候補相手筆頭馬も発表しておきます!

馬H

 

以上です!閲覧ありがとうございました!