函館記念2019 血統考察

こんばんはボンカです!

先週は土曜は1R中1R的中、日曜は両重賞外れでトータルマイナスでした。

上半期の収支を張るのを忘れてましたので張っておきます。


まとめると、

参加レース数94 的中レース数23

総投資 372300 総回収 482750 収支 +110450

的中率 24.4% 回収率 129.6%

まあプラスで終えれて良かったですが、もう少し安定した的中が欲しいですね。ガンバリマス。(貧乏人馬券は禁句です。)(咲助ごっこもしてないです。わかる人にはわかる)

さて、今週は荒れる重賞函館記念が開催。

今年はエアスピネル、ステイフーリッシュなどが出走予定でかなり面白いレースになりそうですね!

・今週の他記事

函館記念2019各馬考察1

函館記念2019各馬考察2

日曜予想

2019年度血統推奨馬一覧

中山金杯(ステイフーリッシュ7人気2着)→京都金杯(グァンチャーレ4人気6着)→フェアリーs(アクアミラビリス1人気5着)→日経新春杯(ムイトオブリガード2人気9着)→AJCC(ジェネラーレウーノ2人気4着)→東京新聞杯(レッドオルガ6人気2着)→クイーンカップ(ビーチサンバ2人気2着)→京都記念(ノーブルマーズ3人気9着)→フェブラリーs(サンライズソア6人気7着) →中山記念(ウインブライト5人気1着) →金鯱賞(アルアイン3人気5着)→高松宮記念(アレスバローズ7人気9着)→大阪杯(ペルシアンナイト3人気11着)→桜花賞(クロノジェネシス3人気3着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気1着)→マイラーズカップ(インディチャンプ2人気4着)→フローラs(パッシングスルー7人気4着) →天皇賞春(チェスナットコート10人気6着)→ヴィクトリアマイル(プリモシーン4人気2着) →オークス(ノーワン15人気18着)→葵s(マリアズハート7人気12着)→ダービー(ロジャーバローズ11人気1着) →安田記念(アエロリット3人気2着) →函館ss(ダノンスマッシュ出走取消)→ユニコーンs(デアフルーグ1人気7着)→宝塚記念(リスグラシュー3人気1着)

4-5-1-15 単複回収率 446%/113.2%

2018年度血統推奨馬成績 180%120%

目次

1.函館2000mの種牡馬別成績

2.函館記念のラップ傾向

3.函館記念で重視すべき血統について

1.函館2000mの種牡馬別成績

函館2000mではキングカメハメハの産駒がものすごく良績ですね。

函館記念でも昨年7人気で2着のサクラアンプルールや2015年7人気3着のヤマカツエースが穴で馬券に絡んでます。

ゼンノロブロイやマツリダゴッホも好成績ですが今回出走する産駒は馬券に絡めるかと言えば厳しそう。

2.函館記念のラップ傾向

この表は函館記念過去9年間のラップをまとめた表。

まず基本として押さえておきたいのは

1~3着馬の上りが遅いことと、前半後半の偏差が小さいか前半に比重が置かれるつまり前傾から平均で推移しやすいということですね。

また、仕掛けどころはぱっと見掴みどころがない感じになっているのですが、2016年と2015年は「超絶早仕掛け絶対にやるマン」ことマイネルミラノが先手を打った年なんですよね。なのでこれを例外とみなすと、ほぼほぼL2地点で最速にということです。あと極端なギアチェンジはあまりないです。

3.函館記念で重視すべき血統について

ポイントは

①4Lにロベルト系を内包している馬が鬼のように走る

②ニジンスキー持ちも好相性。

特に①に尽きます。

表の黄色ラインが引かれている部分がロベルト系。圧倒的ですよね。

さて、手短でしたが今年の推奨馬を発表します。

エアスピネルやステイフーリッシュも普通に函館記念が合いそうな血統のなのですが、

エアスピネルはトップハンデ58キロ+休み明け1~2人気とリターンが見合いませんし、ステイフーリッシュは57.5キロに斤量増+鞍上超絶弱化。こちらもリターンが見合わなさそう。

というわけで今年はこの馬を推しておきます。

馬A(バナークリックでブログ紹介文に表示。現在150位くらいです。)

→字面の血統では洋芝小回りは普通に合いそう。ただ流れた時にパフォーマンスを落としていることは不安。マイスタイルが逃げると思っていますが彼の逃げ方次第ですね。エアスピネルとは親和性が低い馬だと思います。

あと血統推奨はしませんでしたがマイネルファンロンなんかも悪くなさそうですね~!

また、今回買うべきだと思っている馬も発表しておきます。

馬B(バナークリックでブログ紹介文に表示。現在90位くらい)


→前走は馬体増と不利が大きかった。今回は斤量減+恐らく絞れる馬体+展開をそれなりに作りやすそうなメンツ。洋芝もあっていると思います。鞍上は普通に不安。

以上です!閲覧ありがとうございました!

あー!あと今日のJDDちょっとだけ買います!

◎クリソ〇ミューチャーリー▲デアフルーグ

◎-〇▲-〇▲の3連単買ってゲームしながら観戦します!当たるといいですね!

ではまた!

CBC賞2019 血統考察

こんばんはボンカです!

先週の宝塚記念は◎リスグラシュー〇キセキで決着も3着のスワーヴリチャードは無印で外れ。そこそこ自信のある消しだったんですが、、、あとは馬券の買い方が下手すぎましたね~。普通に取れてましたね。またこの反省をいかしてがんばりますー。

さて、今週はG3が二つ。今日はCBC賞を取り上げていきます。

2019年度血統推奨馬一覧

中山金杯(ステイフーリッシュ7人気2着)→京都金杯(グァンチャーレ4人気6着)→フェアリーs(アクアミラビリス1人気5着)→日経新春杯(ムイトオブリガード2人気9着)→AJCC(ジェネラーレウーノ2人気4着)→東京新聞杯(レッドオルガ6人気2着)→クイーンカップ(ビーチサンバ2人気2着)→京都記念(ノーブルマーズ3人気9着)→フェブラリーs(サンライズソア6人気7着) →中山記念(ウインブライト5人気1着) →金鯱賞(アルアイン3人気5着)→高松宮記念(アレスバローズ7人気9着)→大阪杯(ペルシアンナイト3人気11着)→桜花賞(クロノジェネシス3人気3着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気1着)→マイラーズカップ(インディチャンプ2人気4着)→フローラs(パッシングスルー7人気4着) →天皇賞春(チェスナットコート10人気6着)→ヴィクトリアマイル(プリモシーン4人気2着) →オークス(ノーワン15人気18着)→葵s(マリアズハート7人気12着)→ダービー(ロジャーバローズ11人気1着) →安田記念(アエロリット3人気2着) →函館ss(ダノンスマッシュ出走取消)→ユニコーンs(デアフルーグ1人気7着)→宝塚記念(リスグラシュー3人気1着)

4-5-1-15 単複回収率 446%/113.2%

2018年度血統推奨馬成績 180%120%

目次

1.中京芝1200の種牡馬別成績

2.CBC賞で走る血統~長い直線を耐える~

1.中京芝1200mの種牡馬別成績

中京芝1200mは少し他の競馬場の1200mとは異なる傾向。

中京芝1200mは直線が長く急坂があるので京都の1200などと比べてスタミナが要求されるんですね。これは次の項で重要になってきますから覚えておきたいです。

表を見るとディープ以外のサンデーはやや苦しい結果に。

2. CBC賞で走る血統~長い直線を耐える~

前項で中京芝1200mでは直線を耐えるスタミナや持続力が要求されると言いましたがその結果を如実に表していますね。

ポイントとしては

①グレイソヴリン持ち

②ネヴァーベンド持ち

どっちかを満たしてるほうが良い

ということで短いですが今回はこれで終わり。天気のせいで馬場も難しいんでね。

ちょっと難しいですが、、、今回の血統推奨馬は

馬A

また、微妙だなと思う人気馬を発表しておきます。

馬B


閲覧ありがとうございました!

宝塚記念2019 血統考察

こんにちはボンカです!

先週はちょいプラで終了。平場で3的中も馬連までハマらなかったので仕方ないですね~。

6月は少し負けてるので今週で捲りたいですね~1レース当たれば捲れるレベルなので。

さて、今週は上半期ラストのG1宝塚記念が開催されますね~。昨年は買い目次第では取れたレースだったので今年こそは取り切りたいですね~。

今年はいいメンツが揃いましたね!

菊花賞勝ち馬のシルバーコレクターキセキが1番人気でしょうか。もう一頭のシルバーコレクターエタリオウも出走予定。ダービー、天皇賞秋を制覇したレイデオロも出走。

他には今年、去年の阪杯勝馬のアルアイン、スワーヴリチャード。エリザベス女王杯勝馬のリスグラシューなどG1馬が6頭登録されてますね。

先週の雨の影響があるなら阪神はタフな馬場。もともと宝塚記念は普通のG1とは適性が異なるので尚更偏りが出そうなレース。キセキもいますし楽しみですね。

今週の他記事

宝塚記念各馬考察①

→宝塚記念各馬考察②

土曜予想

日曜予想

2019年度血統推奨馬一覧

中山金杯(ステイフーリッシュ7人気2着)→京都金杯(4人気6着)→フェアリーs(アクアミラビリス1人気5着)→日経新春杯(ムイトオブリガード2人気9着)→AJCC(ジェネラーレウーノ2人気4着)→東京新聞杯(レッドオルガ6人気2着)→クイーンカップ(ビーチサンバ2人気2着)→京都記念(ノーブルマーズ3人気9着)→フェブラリーs(サンライズソア6人気7着) →中山記念(ウインブライト5人気1着) →金鯱賞(アルアイン3人気5着)→高松宮記念(アレスバローズ7人気9着)→大阪杯(ペルシアンナイト3人気11着)→桜花賞(クロノジェネシス3人気3着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気1着)→マイラーズカップ(インディチャンプ2人気4着)→フローラs(パッシングスルー7人気4着) →天皇賞春(チェスナットコート10人気6着)→ヴィクトリアマイル(プリモシーン4人気2着) →オークス(ノーワン15人気18着)→葵s(マリアズハート7人気12着)→ダービー(ロジャーバローズ11人気1着) →安田記念(アエロリット3人気2着) →函館ss(ダノンスマッシュ出走取消)→ユニコーンs(デアフルーグ1人気7着)

3-5-1-15 単複回収率

2018年度血統推奨馬成績 180%120%

目次

1.阪神2200の種牡馬別成績

2.宝塚記念=ヌレイエフ、ノーザンテースト

1.阪神2200mの種牡馬別成績

キンカメ、ステイゴールド、ジャングルポケットの成績が良好ですね。

ステイゴールド産駒はドリームジャーニー、ナカヤマフェスタ、ゴールドシップ、オルフェーブルが宝塚記念を制覇。今年はエタリオウが出走予定ですがエタリオウは少しこれらのステイゴールドとは違う感じがしますね~。

キングカメハメハ産駒からはラブリーデイとミッキーロケットが人気薄で宝塚記念を制覇しています。人気薄で2着のデニムアンドルビーは母系にキングカメハメハを持っており、相性はかなり良さそう。今年出走するキンカメ産駒はレイデオロ。どっちかというと高速馬場巧者だと思いますし、トップスピードが秀でた馬だと思う(それなりに分散しても弱くはないし強い馬だけど)ので宝塚記念で勝ち切れますかと言われれば微妙な気もします。

ジャンポケ産駒はノーブルマーズが昨年大穴で3着。今年もノーブルマーズは出走しますが今年は昨年よりシンプルに相手強化ですしね。どうでしょうか。

2.宝塚記念=ヌレイエフ、ノーザンテースト

さて。まずはこちらの表を見ていただきたいです。

上り3ハロン平均は勝馬から採取したデータ。

見ての通り宝塚記念は馬場要員やコースからも上りがかかることがわかりますね。

今年も先週の雨の影響、キセキという逃げ馬がいる以上は例に漏れずある程度上りのかかる展開になりそうです。

では上りのかかるレースで強い血統とはどの血統でしょうか?

これは過去10年間の宝塚記念の好走馬の血統表を見てみれば良さそうですね。

簡単ですね。

上りがかかるレース質にものすごく合うのが、ヌレイエフ、サドラーズウェルズなどのスペシャル系列。ほかには上げるなら宝塚記念は機動力も求められますのでノーザンテーストも相性が良さそう。

ポイントをまとめると

①ヌレイエフ、サドラーズウェルズなどのスペシャルの血が好相性

②ノーザンテーストの機動力も活きる

これらを理由に、今年はこの馬を血統推奨馬としておきます。

馬A

また、本命候補の馬を挙げておきます。

馬B