今週の収支と函館記念2018 血統考察 ~前傾になりやすい洋芝というテーマ~

こんばんはボンカです。。。

七夕賞、対抗まで評価を上げたメドウラークが勝利。しかし本命のサーブルオールが伸びず4着。

これは悔しすぎますね。週前からメドウラークの評価は高く、血統面でも馬場的にもかなり後押しがあったのでもっと思い切って狙うべきでしたね。荒れる重賞で1人気軸はセンスがなかったかなと思います。

少し最近は置きに行って思い切れてないのが良くないですね、夏競馬は特別思い切ったほうがいいって去年も思ってたのに。。。人間は忘れる生き物ですね。。。

プロキオンsはケンで正解でした。

福島10Rは1人気の馬が強すぎましたね。内目でスタート後分程度なら揉まれる可能性もあるとみてワイドの買い目から外したのですが逃げられちゃいましたね。◎のディアドナテロは1000万条件外枠であればどこかで穴をあける馬だとは思ってるんですけどねぇ。

馬券はこんな感じになりました。

土日合わせて

11900円のマイナスですね。

先週から対抗の評価の馬が3勝とかなり2分1外してる感。ただ選べないのは弱さですし、もっともっと楽しみつつも競馬に対する理解を深めていけたらいいなと思います。


さて今日の記事は日曜に函館競馬場で開催される函館記念の血統考察についての物です!

血統推奨は調子が悪くないだけに今週もしっかりと考察していきたいですね!


過去の血統推奨馬一覧

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)→マーメイドs(ルネイション8人気9着)→エプソムⅭ→(ベルキャニオン9人気6着、マイネルフロスト13人気9着)→函館ss(ワンスインナムーン2人気8着)→ユニコーンs(ルヴァンスレーヴ1人気1着)→宝塚記念(ダンビュライト5人気5着)→CBC賞(アレスバローズ4人気1着)→ラジオNKKEI賞(イエッツト3人気11着)→七夕賞(メドウラーク11人気1着、サーブルオール1人気4着)→プロキオンs(ドライヴナイト9人気13着)

推奨馬平均人気 5.5人気

着度数 4-4-7-19

勝率  11%

連対率 23.5%

複勝率 44.1%

単勝回収率 350%

複勝回収率 178.8%


さて本題の函館記念の血統の話に入りましょう。

まずは簡単な血統表をご覧ください!

 

今回お話しすることは4つです!

①函館記念のラップと脚質の傾向と今年の出走馬を見てのペース予想

②ラップ傾向から推しておきたい血統について

③函館の今週の馬場について

④重くなった洋芝ということで

 

①函館記念のラップと脚質の傾向と今年の出走馬を見てのペース予想

・ラップ

流れやすい、仕掛けどころに明確な特徴はないが流れた中で脚を使うことが要求されやすい。

・脚質

逃げ先行勢が優勢で、序盤は中団くらいでも4角出口で4番手以内に上がってこれる馬がねらい目。コーナーでの加速力は必須。

 

・今年のペース予想

→基本的には平均以上になってくるというほうが考えやすいですね。

逃げ候補としてはヤマカツライデン、マイネルハニー、カレンラストショー、クラウンディバイダ。

絶対に逃げたいのはヤマカツライデンでその他の3騎は非逃げでも競馬はできるのでここがどの程度突っかかるかは枠やコメント次第なところもありますが、ヤマカツライデン自体がさほど緩めて逃げていいタイプではないですし、馬場も恐らく重いとなると前傾には入りやすいかなと思います。ただ騎手が国分恭Jに変更がありますのでそこえはどうか。

 

②ラップ傾向から推しておきたい血統について

さて函館記念でかなり相性の良い血統が一本あります。

前傾ラップが得意で底力のあるロベルト系」ですね。

今年もある程度ペースは流れそうですしロベルト持ちには注意していきたいですね。

 

・今年ロベルト系を内包している馬

エアアンセム(父シンボリクリスエス)

エテルナミノル(母母父リアルシャダイ)

カレンラストショー(父タニノギムレット)

ゴールドサーベラス(父スクリーンヒーロー)

ブレスジャーニー(母父タニノギムレット)

マイネルハニー(母父ナリタブライアン)

ヤマカツライデン(父シンボリクリスエス)

 

まずはベースとしてはこれらの馬から推奨馬を出す形でいきたいです。

 

③函館の来週の馬場について

次に話しておきたいのが函館の来週の馬場状態。

今年は函館ssの記事でも書きましたが去年の馬場が不評だったこともあり昨年よりは低速馬場化

先週日曜の時点で雨の影響もあり1000万以下1800mで1分50秒、500万以下1200mで10秒代の時計と稍重発表通りの馬場にはなってるのですが今週に関しては週中雨予報が続いておりますし先週よりも明確に時計がかかってくる可能性が高いですね。重馬場以上の馬場での開催も頭に入れておきたいです。

もし仮にそのような馬場になったとして起こりうる可能性がある事象というのが「長距離性の要求値が上昇する」ことだと考えています。

イメージとしては先週の七夕賞のメドウラークでいいですね。あの馬は2200以上の実績がある馬でした。

道悪実績+長距離適性がスピードだけではどうにもならない展開と馬場状況の中で生きてきたという感じですね。

去年の函館記念もそのような結果となっていて、ルミナスウォリアータマモベストプレイ、ヤマカツライデンこれらの3頭すべてが2200以上を陣営が使う=長距離適性を見込まれた馬が重馬場ハイペースの函館記念で活躍しています。

長距離性がどのような状況で求められるかを具体的に条件を提示するならば

2分以上時計のかかった前傾ラップのレース」です。

これに該当する函館記念で馬券内に入った馬の戦績を見てみると

2017

1着ルミナスウォリアー AJCC4着(2200m)それ以外にも2200以上馬券内の実績複数

2着タマモベストプレイ 万葉s1着(3000m)、丹頂S1着(2600m)

3着ヤマカツライデン  丹頂S1着(2600m)

2014

1着ラブイズブーシェ  有馬記念4着(2500m)、目黒記念2着(2500m)

2着ダークシャドウ   ジャパンカップ4着(2400m)、京都記念2着(2200m)

3着ステラウインド   青葉賞3着(2400m)、2400勝実績など

2012

1着トランスワープ   後にAJCC2着(2200m)

2着イケトップガン   特になし

3着ミッキーパンプキン 特になし

2011年

1着キングトップガン  目黒記念1着(2500m)

2着マヤノライジン   リピーター

3着アクシオン     迎春S3着(2500m)

2008年

1着トーセンキャプテン 後に京都大賞典3着など

2着フィールドベアー  古都S1着(2200m)

3着マンハッタンスカイ 松前S1着(2600m)など複数

 

少し長くなりましたが結構効いてくる事実だと思いますのでこれを今年の馬に当てはめると

エアアンセム    なし

エテルナミノル   なし

カデナ       なし

カレンラストショー 2200以上0-3-1-9

クラウンディバイダ なし

ゴールドサーベラス なし

サクラアンプルール 日経賞3着(2500m)

スズカデヴィアス  京都記念2着(2200m)比叡S1着(2200m)など

トリコロールブルー なし

ナイトオブナイツ  なし

ナスノセイカン   なし

ブラックバゴ    なし

ブレスジャーニー  なし

マイネルハニー   なし

ヤマカツライデン  2200以上4-2-0-7

ロジチャリス    なし

・該当した馬

カレンラストショー

サクラアンプルール

スズカデヴィアス

ヤマカツライデン

これらの馬には注意が必要かなと思います。

 

④重くなった洋芝ということで

最後にこの項は大した内容ではないのですが重くなった洋芝ということでやはりヨーロッパ系の血統が生きてくるとは思いますね。

と言っても過去の函館記念自体がヨーロッパ血統が走ってるのですが。

特にその中でも今回は欧州ノーザンダンサー色が強い馬を重視しようと思います。

欧州ナスルーラもいいんですが、多くなりすぎますので今回はこれで。

今年欧州ノーザンダンサーを強く持つ馬

カレンラストショー

クラウンディバイダ

サクラアンプルール

スズカデヴィアス

トリコロールブルー

ナイトオブナイツ

ナスノセイカン

ブラックバゴ

ヤマカツライデン

 

さて以上の内容から

今年はこの馬を推しておきたいと思います!

馬A

 

以上です!

閲覧ありがとうございました!!

よかったらこっちもクリックお願いします!

七夕賞2018&プロキオンs2018など 最終予想

こんばんはボンカです!

いやーあまり騎手に対しては批判めいたことはしないスタンスで いると心に決めているんですが今日の中京11Rの浜中は本当に酷かった。

◎ドーヴァ―で単複購入してたんですが直線最後追うのをやめて福永のヴェネトに差されて4着。

普通にずっと追っていれば3着残れた可能性はけっこう高かったとおもうんですよね(笑)

出遅れだとか、射程圏外だったり馬に明確な故障が合ったりなどで追わないのは理解できるのですがあれは油断してたっぽいですよねえ。

ある程度差しが決まる馬場と展開、アドマイヤムーンで道悪も行ける可能性が高い、近走内容も悪くないと結構複に関しては自信あったんですがあんな騎乗をされるとまでは追えないです。。

競馬って難しいですね。。


さて収支は明日まとめて出すとして日曜の予想に入っていきたいと思います!

 

七夕賞 自信度2

馬場  そこそこ時計のかかる馬場

逃げ  マイネルミラノ

ペース ややスロー

◎サーブルオール

▲マイネルフロスト

☆キンショーユキヒメ

△1.5.10.12

買い目

三連複 ◎‐〇▲☆‐〇▲☆△ (傾斜をつけます、5.10絡み薄めと低配当部分補強)

馬単  ◎‐〇▲☆

 

プロキオンS 自信度1 

馬場 高速

逃げ 不明

ペース ハイペース

◎ダノングッド

〇キングズガード

▲ウインムート

☆ドライヴナイト

△1.5.6

買い目

三連複

◎‐〇▲‐〇▲☆△

 

福島10R 天の川賞 自信度2

〇テルペリオン

▲カブキモノ

☆コスモバーダン

買い目

ワイド ◎‐〇▲☆

 

七夕賞2018 出走馬短評

こんばんはボンカです!

今日からまたワールドカップが放送されますね!

所用があってフランス対ウルグアイを観戦できないのがつらいですが、、、

ブラジル対ベルギーを何とか起きてみたいところですね!

さて今日は七夕賞の出走馬短評をしていきたいと思います。

明日の予想記事は今日の夜中2時ごろまでには出したいと思っていますので興味のある方は是非!

↓ブログの更新通知が受け取れます!↓

では短評のほうに入っていきたいと思います。


七夕賞2018関連記事

七夕賞2018血統考察


プラチナムバレット 血統☆★★

血統に関しては欧州性がそこそこありいいかなと思うのですがマンハッタンカフェは福島芝で少しだけ複勝率が落ちますので血統はこの評価。

基本的にペースが上がってくるとあまりよくないタイプに見えており、現状の評価としては3ハロン戦での持続力が武器の馬

距離延長はいいと思います。

ただ今回はマイネルミラノがおりL4からL5くらいからペースを上げ、それにフロストあたりも乗っかると思われるため、最高速度の維持というよりもっとスタミナに寄ったロングスパート気味の競馬にはなってくると思うのでそこの適性に関しては不明ですが個人的に悪くない馬なのではないと考えています。

根拠としては血統面と京都新聞杯の内容で、京都新聞杯ではドスローからかなり長く足を使っておりロングスパート的な競馬への適性を見せるには十分だったのではないでしょうか。

ただ状態面は不安で、前走は平均ペースでこの馬にとってはややペースが速かった印象はありますが直線でかなりパタッと止まってしまっていましたのでやはり骨折明けから本来の状態に戻っているとは考えづらいんですよね。

※どうやらレース中にハ行をやったらしいですね

なので人気しそうなので基本的には抑え~消しで考えていきたい一頭というのが現状の評価。

 

キンショーユキヒメ 血統☆★★

マイネルミラノがいることで展開が向く可能性がかなり高い馬

結局この馬が好走できるか否かは仕掛けどころがうんと早くなるかどうか、これに尽きると考えています。

例として

福島牝馬1着

12.4‐11.2‐11.5‐12.1‐11.8‐11.7‐12.2‐11.7‐12.2 (35.1‐36.1)

ムーンライトハンデ1着

12.8‐12.1‐13.0‐12.8‐11.7‐11.6‐11.6‐11.5‐11.7‐11.8 (37.9‐35.0)

中山牝馬7着

12.5‐12.1‐12.3‐12.3‐12.1‐12.3‐12.0‐11.5‐11.9 (36.9‐35.4)

愛知杯10着

12.2‐11.3‐12.1‐12.3‐12.4‐12.6‐11.8‐11.3‐12.0 (35.6‐35.1)

こんな感じでやはり直線瞬発力勝負や最高速度を求められてくると苦しく逆にかなりのロンスパになってくるようであれば恐らく牡馬にも通用するだけのものはありそうで。

血統考察の記事にマイネルミラノ4角先頭時のラップがあるので良かったら見てきてください。リンクは上にありますので。。。

なので今回はこの馬に関しては一定の評価を与えておいたほうが良さそうですね。

 

マイネルフロスト 血統★★★

去年の2着馬ですね。

マイネルらしく3頭出しの1角ですがこの馬にももちろんチャンスはありそうですね。

馬柱が汚いので安定感に欠ける印象がぬぐえませんがこの馬の長所は器用なところなんですね。

馬柱が汚くなっているのは一時かなり長いスランプに陥っていたことや休み明けが全くダメなところが大きな要因で、本来のパフォーマンスを出せる状態にさえあれば去年のようにハイペースの中4ハロン戦でもやれますし、新潟大賞典やダービーのようにL2最速の早い脚を問われる展開もこなたりします。

馬場に関しては若干重くなる程度なら歓迎、重馬場まで行くと少しわかりませんね。

福島自体はかなりあっているとは思いますし休み明けを叩いてのここですので抑えは必要かとは思いますね。

 

メドウラーク 血統☆★★

2015年の9月から現在まで馬券の絡んだのは3回だけですがその3回ともが重馬場以上で2回は不良馬場でした

今回通常の馬場なら全く買いの要素はありませんが重馬場以上+マイネルミラノが引っ張るかなりスタミナに寄った展開になってくると他馬の重馬場適性自体では食い込みもありうると考えています。

明日の馬場を見て、日曜の天気を考えてからですね。

 

マイネルサージュ 血統★★★

時計がかかるのはこの馬もプラスでしょう。

ただ前走は勝ってはいますがかなり特殊な展開で後方待機ががっつりはまった印象。

白富士Sに関しても状態が微妙なプラチナムバレットに0.1秒差三着の内容で強調はしにくい。

前傾でペースが流れるようであれば疑問ですし、後傾だったとしてもロンスパの形になると他に買いたい馬がいますのでヒモ評価ですね現状では。

 

サーブルオール 血統★★★

ハービンジャー産駒自体は福島が微妙なことが多いのですがこの馬に関してはヌレイエフやDanzigを持っておりマイネルミラノが引っ張る展開なら強調したい血統という判断です。

個人的に評価が高いのは美浦Sの内容で、平均ラップの中L4で少し早くなりL2で再加速という競馬でコーナーで上がっていって4角通過2番手からきっちりしのぎ切って1着と去年の七夕賞のマイネルフロストに若干近い競馬をしていたのが印象的で。

敗退したエプソムカップについても一定の内容の4着。力のいる馬場でもある程度の適性を見せました。

今回不安要素は戸崎Jがルメールのように乗れるかどうか?という点がまず一番に来る馬ですね(笑)

 

ワンブレスアウェイ 血統☆☆★

穴人気するのかな?という感じですね。

前走は2着に来て復活のにおいを感じさせましたが結局は53キロの計ハンデを生かしてのものですし、今回も53キロですがキンシューユキヒメ比較で1キロ、サーブル、マイネルサージュ比較で2キロしかハンデ差をもらえてないですしそもそもロングスパートの競馬自体苦手な馬ですので今回は消します。

 

パワーポケット 血統☆☆★

母系はいいと思うんですがエンパイアメーカー産駒の福島芝成績はかなり壊滅的ですし重視はできませんね。

流石に地力の面でも足りないでしょう。

 

バーディーイーグル 血統☆★★

むらさき賞、去年のエプソムカップの内容から仕掛けがかなり早くなる競馬自体はペースが平均程度に収まれば結構あっていそうですし怖さは少しだけあるかなと思います。

しかし本質的に軽い馬場のほうが向いている馬でもありますのでヒモで買うかは馬場と天気次第ですね。ブリンカーの効果がどうでるかですね~。

 

レイホーロマンス 血統★★★

この馬の血統も良さそうです。母母母父にフェアリーキング、母父にシアトルスルーは悪くなさそう。

ただ近走の重賞での好走はどれもL2最速戦で軽ハンデを生かした速い脚での差し込みが主ですし今回もハンデは軽いですが僕が思っているような展開になればキンショーユキヒメのほうを重視したいので、、、ヒモ以下の評価。

 

マイネルミラノ 血統☆★★

血統自体はかなり良さそうですね。

展開を作る馬として今回かなり取り上げましたがこの馬自身にも少しチャンスはあるかなと思います。

年齢的な問題からか最近は行き脚が付かないシーンが多いですがある程度の位置にいれば自分で仕掛けをスイッチしてそのまま残れる馬。

相当の人気薄ですがチャンスあり。

 

シルクドリーマー 血統☆★★

距離が短いですね。ロンスパ気味になったとしても。ただ雨馬場は得意なのですが。多分消します。

 

以上です閲覧ありがとうございました!

現状での本命馬を発表しておきます!

馬D

また穴目で押している馬も上げておきます!

馬E