エプソムカップ2018 ラップ考察と先週の結果

こんばんはボンカです!

安田記念と鳴尾記念は馬券はダメでした。馬券はこんな感じで購入しました。

特に安田記念についてはアエロリットの巻き返し、モズアスコットの高評価、ペルシアンやリスグラシューが微妙というようにある程度ピントが合ってただけにかなり悔しい結果でしたね。

安田記念のペース自体は想定内の45.5‐45.8の前傾の平均。

こうなってくるとやはり基本的なスピードに優れた馬が優位になってくるよねと。更に中盤が明確に厳しくなったというレースで基本的にはサンデー系には厳しい展開にはなったかなと思います。また中盤以降全く緩まなかったことからも外々を回った馬特にサングレーザーなどにはかなり厳しい競馬になったと見ています。

 

◎レッドファルクスはあの展開で延びてこないとなるともう厳しいのかもしれませんね。

馬体重が+8キロと休み明けの分はあったのかもしれませんが、位置に関しては好発から意図的に下げたというよりはテンでついていけてなかった感じはありますしね。マイルの距離で追走が効かないとなるとスプリント戦も苦しいかもしれません。直線は入りで反応自体は見せているんですがそれでも他馬と明確に差があるものではなかったですし、内やや有利~内外フラット程度の馬場では厳しかったか。

 

〇サングレーザーは勝ちに行った結果裏目に出た印象で、位置を散りにいったが終始外目で速いペースに乗る形になってしまい、持続力は引き出して頑張ったものの厳しかった感じですね。まあこの馬に関してはいくらでも見直せる内容だと思いますし、今回は厳しい展開になったもののマイル路線ではやはり上位の安定感がありますね。

 

▲モズアスコットは進路、馬場、ペース共にかみ合った結果になりましたね。やはり見立て通り前半部分がある程度要求されるレースのほうが良いです。結局後半勝負になるとサンデーの決め手が勝るわけですし。

本当に本当に連闘が引っ掛かった。連闘がなかったらもっと人気してたでしょうけど。。。悔しいです。

 

☆リアルスティールは流れると厳しかったかもしれませんね。マイルが合ってない可能性もありますが比較的まともに走ったのが今回が初めてですので決定的な判断材料にはならないとは思うのですが今日にレースを見ても4歳が強すぎますね。

 

△アエロリットはまあこんな感じのレースになったらこの馬の土俵という感じで、結局牝馬のヌルいレースよりは混合のしまったペースのほうがかみ合う馬なんですよね。ただこのレースで難しかったのが戸崎がそう言ったレースメイクを強気でしてくれるかという点とやはりG1ニ戦目というローテーションでしたね。来年も出てくるなら十分にリピートはあると思います。

 

△スワーヴリチャードは化け物ですね。この一言に尽きます。ゲートが出て、サトノアレスやダッシングブレイズより前に出れた時点で課題は60%クリアでした。ただそれでも31秒台のレコードタイの高速決着に対応してきたわけですし、まだ4歳でハーツ産駒の成長力もありますので秋はこの馬の時代になりそうですね。JCと天皇賞秋はこの馬軸で問題ないでしょう。

 

消リスグラシューは牝馬限定戦で見直しましょう。

 

鳴尾記念に関しては◎マルターズアポジーは武豊さんがしっかり淀みないペースを作ってきてくれましたがさすがにオーバーペースでしたね(笑)負けた馬だとタツゴウゲキなんかはサマーに本気でしょうし見直せると思います。ストロングタイタンは個人的につかみどころがなくて苦手ですね。このペースで勝っちゃうか。。。

さて懺悔の時間はこれくらいにして来週のエプソムカップのラップ考察に入りましょう!


まずは過去10年のラップを表にまとめましたのでご覧ください!

今回お話ししたいことは2つです!

①エプソムカップのラップ傾向について

②前残りについて

 

①エプソムカップのラップ傾向について

まずペースに関しては先週の安田記念と大きく変わり基本的にはハイペースになることはまれで、近10年では極端なスローもしくは平均程度と二分化している。今年も出走馬を見渡す限り大きくペースが上がるということはなさそうで、近年とおなぞようなペースに収まると考えていいでしょう。

また、仕掛けどころに関してはやはり東京といったところか、明確に仕掛けが遅くなったのは2013年のみで基本的にはL3で勝負となってきます。その中でもL3最速が多く最高速度の持続力がキーになり、中団くらいに付けられて持続力のある馬が狙いやすいかもしれませんね。

 

②前残りについて

東京1800mは前が残りやすいコースでして、回収率ベースでも基本的に前目が有利、追い込み勢は壊滅的という構図なのが東京1800m。

エプソムカップでもやはり4コーナーで最低でも10番手以内にいないと勝ちまでは厳しくなっていますね。

追い込み馬を買うならコーナー手前で緩む展開もしくは自ら動ける馬を狙うべきだと思います。

 

以上です!

現状で軸というか頭固定したいと考えている馬がいますので発表しておきます!

馬A

→堅軸だと思います。まず飛ばないでしょう。久々の馬や年齢を食った馬ばかりのメンツなら負けられないですね。

鳴尾記念2018 最終予想

こんばんはボンカです!

アニメ、クレヨンしんちゃんの主人公しんちゃん役声優の矢島晶子さんが降板するというニュースを見かけました。

小さいころからずっと見てきたアニメでして、今でも親戚の小さい子たちが見てるのを一緒に見たりすることがあります。

ドラえもんでも大山のぶ代さんが降板して水田わさびさんに変わったときに失礼な話ですが大変な違和感を覚えたことがありますが、親戚の子供たちはその時もっと小さかったので今ではドラえもんの声=水田さんの声とハッキリ認識しております。

それを見て生まれた時代の差を感じてさみしく感じると共に、人間が物事を捉える際には時間の濃淡によって認識の強弱が生まれるということを思い知りますね。あたりまえですが。

この認識の違いは競馬にも遠からずで、長い時間セオリーとされてきたものが崩れ去ったときに、新しいセオリーとされるものにすぐにアジャストしていけるのは基本的には競馬をしてきた経験が浅い人だと思います。切り替えができる方はとても頭の良い人なんだと思います。

そしてその流れについていけない競馬ファンは負け続けるか、競馬が嫌いになってしまうことが多いでしょう。

人間は自分が条件反射で繰り返してきたり無条件で信じてきたものを捨てられない生き物なんですね。

今でもドラえもんの声優は?と僕がだれかに聞かれたらきっと先に名前が出てくるのは大山のぶ代さんと名前です。

僕が潜在的にはドラえもんの声優をいまだに大山のぶ代さんと認識しているように、しんちゃんの新しい声もきっと受け入れられないように、人間はみな時間の流れに置いて行かれそうになることが必ずありますが、競馬においては常についていけるようにしないといけませんね。


さてさてつまんない前置きはこれくらいにして、鳴尾記念2018の最終予想に入りたいと思います!!

想定

逃げ馬 マルターズアポジー

ペース 平均~1秒程度のスロー

仕掛け L3最速>L2最速

馬場  高速馬場。雨の影響ほぼなし

→マルターズアポジーが逃げる。武豊は基本的には緩めて逃げるジョッキーではないが、小頭数ということもありペースは1秒程度ならスローに落ちるのもありえなくはない。

仕掛けに関しては恐らくトリオンフが早めに行くのではないかと感じ、それによってマルターズアポジーは仕掛けざるを得ない展開にはなってくると考えます。

馬場に関しては晴れてるらしいですの恐らく高速馬場にはなってくるでしょう。

 

→使いづめが苦手な馬で若干間隔をあけてきたのはプラス。血統的にも結構悪くない印象で枠の並びも良いので割と素直に本命に。

坂で止まらないかだけが心配。

→二走前はドスローで好走しましたが本質的にはある程度流れたほうがいい馬で、ここはペース的によさげなので抜擢。

▲トリオンフ

→これ以上下げにくいですね。ペース的には流れたほうがいいタイプ。

☆ストレンジクウォーク

→血統推奨馬。時計勝負でどうかですが、きれいな馬場はいいと思います。

抑え 5.7.8.9

 

以上です!

閲覧ありがとうございました!!!

 

鳴尾記念2018 血統考察

こんばんはボンカです!

安田記念の血統考察の前に今週土曜に阪神競馬場で開催される鳴尾記念2018の血統についてを先に記事にしちゃいます!

血統推奨馬は先週も目黒記念でノーブルマーズが10人気2着としっかり穴をあけてくれたので引き続き調子はいいですのでこの調子でいきたいですね。

過去の血統推奨馬一覧

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)

複勝率 43% 複勝回収率 201%

 

さてアピールもこれくらいにして本題に入っていきます!(笑)

まずは簡単な血統表をご覧ください!

今回お話ししたいことは2つです!

①今年のペースは読みやすい??

②前述のペースで相性が良くなる血統、今年は決め打ち

 

①今年はペースが読みやすい??

まず鳴尾記念の血統を語る際にペースについては話しておかなければならないでしょう。

今年の出走予定馬にはマルターズアポジーがいますがこの馬はとても特徴的な逃げ馬ですよね。

マルターズアポジーの近5走すべてペースとしては平均以上の流れを作っており過去には小倉大賞典で1.7秒も前半が速いレースを作り逃げ勝ったこともある馬なんですよね。

そして今回は乗り替わりですが鞍上はレジェンド武豊。マルターズの特徴をつかんでいないからスローで逃げるんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、武豊の逃げの特徴としてまず極端に緩めるということは少ないんですね。

よって今年の鳴尾記念はある程度の流れ=平均の範疇くらいには流れてくるのではないでしょうか?

 

②前述のペースで相性が良くなる血統、今年は決め打ち

マルターズアポジーと武豊をある程度信頼します。

よってペースを平均~ハイまででスローに落ちることはないと決め打ちます。

それを前提に過去10年の血統表を見ていただきたいのですが、表の左側に年度が書いてあって色分けしてあります。

色はペースを表しています。簡単な分類

 

ですが青はスローペース、赤はハイペース、黄色は平均ペースです。

そうするとある血統傾向が浮かび上がりませんか??

そうなんですね。ペースが流れるとトニービンとボールドルーラーがかなり効いてくるんですよね。

トニービンは常々言ってますが前傾や平均ペースへの対応力が高い血統。

ボールドルーラーは持続力に優れる血統なんですよね。

 

これらの理由により今年はペースを決め打ってこの2本の血統を強調したいと思います。

今年のトニービン内包馬

サトノノブレス

ナスノセイカン

今年のボールドルーラー系内包馬

アメリカズカップ

サトノノブレス

ストレンジクウォーク

ストロングタイタン

マルターズアポジー

ヤマカツライデン

 

うわあ、、、どうしよっかなってメンツですね。。

各馬期待より不安が勝る馬ばかりで、、、

不安点を簡単にまとめると

アメリカズカップ 道悪巧者。開幕週はマイナス

サトノノブレス 人気する。一番無難には感じるが

ストレンジクウォーク 休み明け△。父阪神2000微妙。

ストロングタイタン 重賞で頭打ち感。

ナスノセイカン 右回り?

マルターズアポジー 人気する。鉄砲のほうがいい馬。平坦のほうが良い。

ヤマカツライデン 距離不足。強力な同型がいる。

 

めちゃくちゃ悩みましたが今回は馬Cを推奨したいと思います!!!

人気馬推奨はできるだけ推奨したくないので。。。

 

以上です!閲覧ありがとうございました!!!

良かったらクリックお願いします!