5月1週目の敗因分析【次走注目馬】【東京】

こんにちはボンカです!

サーバー料金払い忘れてたので数時間ブログが404になっていましたが無事です。(笑)

当ブログをブクマしてくれている方はいったんブクマを削除してから再度ブクマして頂けると正常にブックマークから当ブログを閲覧できると思います。

今日の記事は重賞とは全く関係のない記事で、個人的なメモ的なものをブログにものっけて行こうという記事です。☆マーク付きの馬は特に買いたい馬。危マークは次走人気なら考えたほうが良い馬。

該当週の他場注目馬

次走注目馬2019年5月1週【京都】

次走注目馬2019年5月1週【新潟】

5月5日

備考

東京芝→8R以降外差し傾向

東京1R 3歳未勝利 ダート1400

前半が速いと言えず、後半の失速率が低かったレース。1から3着馬は差し勢が独占。2着の⑦マイネルイヴィンスは未勝利クラスでは中上位馬。

4着⑩マハカーラ 

→逃げて残る勢いもラスト1Fで差し勢の速い脚に屈した。当馬自身の失速率はさほど高くないので悪くない内容。やや短縮向きか。次走大敗希望。(今回掲示板なので次走人気すると思うので。)

東京4R 3歳未勝利 芝2300

スローからのL4が12.3.L3で11.4と1秒近いギアチェンジが要求されたレース。

4着⑤ビギングローリー

→最終コーナーかなり置かれており加速に時間がかかっていた。父ナカヤマフェスタ母父メジロマックイーンと言った配合からもギアを一気に入れる競馬は向いていない。もう少し前半位置を取れるようになるかロンスパの競馬でギリギリ足りるかも。中山とかは微妙。広いコース向き。

6着⑥トランスポーター

→1コーナーで不利を受けてややスイッチが入ってしまったか。それでも先行勢で最先着。非根幹で。

東京5R 3歳500万以下 芝1400

前傾でもラストの失速率が低かった。(稍重と言えど直線時計の出る馬場というのはあるが)

1着⑤スイープセレリタス

→時計自体は前日1000万以下より優秀。人気するだろうが上のクラスでもそれなりにやれるでしょう。

3着⑨イチゴミルフィーユ

→一族自体がやや延長が得意で今回は延長が良かった説もあるが、東京1400mでは0-1-1-1。東京1400で唯一掲示板外の6着に敗れたレースからは重賞勝ち馬が1頭、500万勝馬が2頭出ているややハイレベル戦。人気しなさそうな名前なのでこれからも1400では買えそう。

4着⑧グランソヴァ―ル

→ダンカークの仔で初勝利はダート。母の産駒はダート馬が多いが今回初芝でも通用した。3着のイチゴミルフィーユとの差は位置取りと通過コースと慣れ。母系はスピードのある配合だが、ダンカークの仔だけに時計のかかるローカル芝とかで面白いかも。

東京6R 4歳上500万以下 ダート1400

2着①モリトシラユリ

→出遅れから押して好位先行集団。直線半ばではやや進路どりに手間取ったが、不利な中山1200から東京1400に延長というローテで地力を見せた。ただメンバーはさほど強いとは言えないので過信は禁物。

4着⑪ガトーブリランテ

→出負けから中団くらいでの競馬で前残り展開だったのでノーチャン。加速に時間がかかっていたように思えるので戦績通り延長したほうが良い。

東京9R 湘南ステークス 芝1600

6着⑧ルタンデュボヌール 

→前走はインから2頭分より内を通った馬が馬券内を独占した中7枠から外3頭目でコーナーを回ってきたロスがある中接戦の4着。今回は外差し有利東京で内で逃げて見せ場のある6着。このクラスでは通用級。

東京11R NHKマイルカップ 芝1600

12着②プールヴィル ☆

→前半3F33.9秒、前後半45.8-46.6の0.8秒の前傾ラップでそこそこ激しい先行争いがあったことと、前述の通り外差し馬場だったこともあり字面上は大敗だが、コーナーでの手ごたえの割にはラスト1F近くまでジリジリと伸びて抵抗していたし、桜花賞6着が示す通り、世代上位馬との差はイメージより少ない。次走状態がまともなら中位人気でも即買い。

13着⑬ファンタジスト

→スプリングステークスの感じだと距離は1800はクリアしたように見えたが実際は長いのかもしれない。(スプリングステークスも結果的にレベルが高かったわけでは無かった。)スプリント路線で見直せるかも。ただ人気しそう。

東京12R 立川特別 ダート1600

4着⑭リアリスト

→勝負所で詰まり。スムーズにいけば3着はワンチャンありそうな脚色だった。

5月4日

東京1R 3歳未勝利牝

2着⑨ココリジャスミン 

→初戦はゲートいまいちで差しに回るも大敗。2戦目は終始砂を被る1枠での競馬で大敗。今回は砂を被りにくい位置で競馬できたのが良かったのかも。地力は疑問。フロック視されて人気薄且つ砂を被らないのであれば。

東京7R 3歳500万以下 ダート1600

7着⑬スポ―カンテソーロ

→父スキャットダディは新馬戦に強いが3か月以上の休み明けでは1-1-2-26.単複回収率は9.3%/19.6%と散々な成績で今回はその3か月以上の休み明け。さらに延長ローテと不利な条件が多かった。

オークス2019 血統考察

こんにちはぼんかでございます。

先週のヴィクトリアマイルの勝時計が1分30秒5ととんでもないことになっていましたねw

32秒台くらいじゃね?とあまり考えずに時計の出る馬場想定で予想してましたがそれを上回る直線スピードの出る馬場でした。

ヴィクトリアマイルは予想的には完敗。◎のプリモシーンはやはり高速マイル向きの配合で中山的な要素や前傾ラップに強い要素を持ち合わせていたので人気面からも素直に◎を打てましたし、クロコスミアも見えていたのでそこは良かったのですがノームコアに関しては完全にノーマーク。上位印を打って買えた方教えてほしいです。。。

ワントゥワンは調教がいまいちだったのでクロコスミアとどっちをワイドボックスに入れるか悩んだんですよねー。。。印打った馬たちが中団の馬たちなのでそれを考えると位置取り的にはクロコスミアのほうが近いんでそっちのほうが良かったかな。

アエロリットはやっぱり強いしやっぱりクロフネの仔ですね。あの展開で差はつきましたが5着に残ってるしやっぱり前傾ラップで後続の脚を削ぐ競馬のほうが良いし、仕掛けも早いほうがいい。今回海外帰りだったことを考えると安田記念でチャンスがあってもいいかなと思うんですが今年はメンツが強そう。。。

平場は土曜にワイド3200円馬券と日曜にワイド930円を2点でゲットしてトータルは+。

ただ固め打ちってものがないので一気に稼ぐ日が欲しいですね~。後G1取りたい!

とまあ、先週はそんな感じでしたが今週はいよいよオークス!

桜花賞後に感じたのは「あれ??今年オークスでもよさげな馬いなくない?」でした。

なので個人的には中波乱想定で馬券を組もうと思っています。上位馬が桜花賞向き過ぎた気もするんでね。

とりあえず本題へと移行しまーす。

2019年度血統推奨馬一覧

中山金杯(ステイフーリッシュ7人気2着)→京都金杯(4人気6着)→フェアリーs(アクアミラビリス1人気5着)→日経新春杯(ムイトオブリガード2人気9着)→AJCC(ジェネラーレウーノ2人気4着)→東京新聞杯(レッドオルガ6人気2着)→クイーンカップ(ビーチサンバ2人気2着)→京都記念(ノーブルマーズ3人気9着)→フェブラリーs(サンライズソア6人気7着) →中山記念(ウインブライト5人気1着) →金鯱賞(アルアイン3人気5着)→高松宮記念(アレスバローズ7人気9着)→大阪杯(ペルシアンナイト3人気11着)→桜花賞(クロノジェネシス3人気3着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気1着)→マイラーズカップ(インディチャンプ2人気4着)→フローラs(パッシングスルー7人気4着) →天皇賞春(チェスナットコート10人気6着)→ヴィクトリアマイル(プリモシーン4人気2着)

2018年度血統推奨馬成績 単勝複勝 180%/120%

目次

1.東京2400mの種牡馬別成績について

2.オークス過去10年間の好走馬の血統から今年狙う馬を選ぶ

1.東京2400mの種牡馬別成績について

まずは簡単に東京芝2400mの種牡馬の成績から見ていきましょう。

東京2400mというクラシックディスタンスではやはりディープ産駒やハーツクライ産駒がとても好成績ですね。ハーツクライなんかは加速に時間がかかる馬が多いので広いコースは良いです。

気になるのはバゴ産駒の成績。バゴ産駒は現時点では東京2400mで過去10年間が県になったのは1頭のみ。凱旋門賞勝馬のバゴですが、バゴ牝馬は短距離適性を見せることがこれまでは多かったのが事実。

今回人気の一角に推されるであろうクロノジェネシスは牝のバゴ産駒で字面の血統的には延長は母系からあまりプラスには見えませんが馬体的には中距離馬に見えますし、何よりバゴの最高傑作と個人的には思っている馬なので距離は対応してきてよいと思います。

そもそも3歳の時期で距離を気にしすぎるのはナンセンスで、それよりはむしろ馬場の適性や競馬場の形に合うか、調子や地力などを意識するほうがよいでしょうしね。

他に気になるのはディープ産駒のコントラチェック。

この馬は大物の匂いのする馬で、同母にはバウンスシャッセやムーンクエイクがいる良血なのですが、母リッチダンサー産駒は湿り馬場が苦手な傾向。

先週の馬場から考えると多少の降雨では馬場にはさほど影響はないと思うのですが日曜の天気が微妙ですし馬場が悪くなった際には使えるデータかもしれませんので一応知識として持っておきたいですね~。

2.オークス過去10年間の好走馬の血統から今年狙う馬を選ぶ

ポイントは2つ。

①父サンデーサイレンス系有利なレース。それ以外ではキンカメ。ルラシとロードカナロアも今後馬券になる馬が増えていきそう。

②5代以内にヌレイエフやサドラーズウェルズなどフォルリの血を引いている馬が強い。上りが少しかかれば本質的にはなおよくなるはず。

今回①と②をクリアしている馬は

コントラチェック

シゲルピンクダイヤ

ジョディ―

ノーワン

メイショウショウブ

ラヴズオンリーユー

今回血統推奨する馬は

馬A


直線が少し時計のかかる馬場になっているかそういった展開になることを祈ってます。

また、危険だと思う人気馬も発表しておきます。

馬B

以上です!

閲覧ありがとうございました!

ヴィクトリアマイル2019 など予想

こんばんはボンカです!

昨日はnoteで配信した新潟10Rでワイド3320円が的中して+で終わることができました。馬連まで刺されば大回収でしたので惜しかった!

11Rでは穴指名のマイネルツァイトが勝ち切りましたが軸が来ずでしたので何とかここは取っておきたかった(´;ω;`)

今日も配信予定ですので興味のある方は是非!(バナークリックで購入ページに飛べます!)

さて、明日のヴィクトリアマイルの予想にはいります!

東京11R ヴィクトリアマイル2019 自信度2

〇アマルフィコースト

▲レッドオルガ

☆ワントゥワン

△3.18

▽6.11

買い目

※単勝追加しました。

単勝 ◎

馬連BOX ◎〇▲☆

ワイドBOX ◎〇▲☆

三連複 〇-◎▲☆△▽-◎▲☆△▽

京都1R 3歳未勝利 自信度2


〇ブレーンクロー

▲ナムラシェパード

△3.6.8.11.15

買い目

ワイド ◎-〇▲

馬連 ◎-〇▲△

三連複 ◎-〇-▲△

以上です!閲覧ありがとうございました!