京都金杯2019 最終予想

連続投稿です!今度は京都金杯の予想を簡単に。

京都11R 京都金杯2019 自信度2

→年一内が有利になりやすい京都第一回開催。昨年は秋ごろの悪天候による内の痛みが回復しなかった特殊馬場で度外視。基本的には圧倒的に内目が有利な構造。当馬は血統的にも実績的にも京都マイルはかなりの+材料。流石に人気するがこの馬でいいと思う。


→枠準自体はあまりよくないが右回りはベター。地力も高い一頭なのでここは普通に勝負になるかと。

▲サラキア

→出遅れ癖がかなり痛いし枠はタイプ的に良くはないが血統面はいいしマイルへの短縮は悪くないと思う。ゲートを出て運べれば。

☆ミエノサクシード

△1.3.8.15

買い目

三連単 〇▲‐〇▲☆△‐◎

馬連  ◎‐〇▲

以上です!閲覧ありがとうございました!!

中山金杯2019 最終予想

こんばんはボンカです!

中山金杯2019の最終予想ができましたので更新しておきます。

血統推奨馬のステイフーリッシュが大外枠。さてどうしたものか。

中山11R 中山金杯2019 自信度3

→好枠&母系は中山がかなり得意な一族でこの馬自身も小回りで良績を残している。またオールカマーでは苦手とする非内回りコースのロンスパの形で強い相手に4着と崩れなかったし、函館記念ではL3最速の流れで早め先頭で我慢しきったことからも後半ロングスパートの形になってもそれほど仕掛けが速くならなかったとしても対応できる馬と見る。前走は短縮ローテで苦しかった。力負けではないはず。今回は相手もそこそこ強いが鞍上もこの部隊が得意で上記のプラス要素もあるので軸とします。


→前走は着差ほど悲観する内容ではない。また、状態面も疑問だった中での出走だったという事実もある。昨年の中山重賞2着時は少しハマった部分はあったがそれでもかなり長く足を使ってきているのでロンスパの流れになれば強い。年始の中山の馬場もあっていると思うので酷量と枠の並びがいまいちなのを考慮してもチャンスはあるはず。

▲サンマルティン

→有馬記念週はハービンジャー産駒のブラストワンピースが勝ち、ホープフルsでも3着馬がハービンジャー産駒。現在の中山の馬場はハービンがそこそこ良い馬場。内枠で外人ジョッキー替わり。折り合えればどんな流れでもスッと加速できる馬なので内枠は合っているしマーフィーはポジションへの意識も強いので人妙味はあるかと。

☆ステイフーリッシュ

→血統推奨馬。中山替わりはかなり良いと思うが痛恨の8枠引き。評価はここまでとした。

△1.3.8

買い目

複勝 ◎

三連複 ◎‐〇‐▲☆△

※明日オッズを見て変更する可能性ありです。

以上です!閲覧ありがとうございました!

京都金杯2019 血統考察

こんばんはボンカでございます!

いよいよ明日に迫った競馬ファン年始の恒例行事東西金杯!今回は西の金杯にあたる京都金杯の血統考察をやっていきたいと思います。

今年はなかなかの好きメンバーがそろった京都金杯ですが年が始まって初の重賞を制覇するのはどの馬なのか!楽しみですね~。

個人的にはパクスアメリカーナに注目。NHKマイルカップで見せた幼さがどれくらい成長しているのか楽しみ。

すでに枠順は決まっておりますので載せておきます。

目次

1.京都マイルの種牡馬別成績を条件に分けておさらい

2.第一回京都開催は内枠超有利バイアスが年間で一番色濃いことについて

3.京都金杯で持っていると熱い血統について

1.京都マイルの種牡馬別成績を条件に分けておさらい

まずは京都マイル過去5年間における種牡馬別成績を見ていきましょう。

集計条件は全クラス対象&良馬場~稍重馬場。

次はOP以上に絞ったものです。種牡馬も今回産駒が出走予定のある馬に絞りました。

全クラス対象のレースでもOP以上でも圧倒的に存在感があるのはスクリーンヒーロー産駒。今回出走するグァンチャーレ自身も京都で好走歴がありモーリスなども京都マイルG1で勝利がある。今回出走するのはグァンチャーレ、ゴールドサーベラス。

他にはハービンジャー産駒はOP特別以上に限れば単複回収率ともに優秀。今回はヒーズインラブが出走しますが当馬は中山マイル重賞勝ち。

ハーツクライ産駒は一発がありますね。単勝回収率が160%超え。ディープ産駒は人気しやすい種牡馬ですので回収率こそそこそこですが複勝率は30%超え。

また、全クラス対象の重馬場~不良馬場集計ではこのような成績になります。

2. 第一回京都開催は内枠有利バイアスが年間で一番色濃いことについて

データをドン!

過去10年間の京都金杯の馬番データ。

第一回京都開催は年間で一番内有利バイアスが発生しやすい条件。

データを見てみても圧倒的に馬番9以内が強いということで馬番10以降は過去10年で未勝利となっています。血統だけでは少し絞りにくいので今回はこの枠番データも重視しようと思います。

馬番9以内の馬

ストーミーシ―

サラキア

カツジ

グァンチャーレ

バリス

アドマイヤアルバ

ミエノサクシード

ヒーズインラブ

スマートオーディン

3. 京都金杯で持っていると熱い血統について

過去5年間の京都金杯3着内馬の血統表をご覧ください。

※クルーガーもニジンスキー系内包馬です。抜けてますね。

要点だけ言うと

・ニジンスキー系内包馬が強い

・ダンジグ内包馬にも注意

特にダンジグ系は同じ舞台同じ開催中に行われるシンザン記念でも強いので覚えておきたいですね。

今年ニジンスキーを内包している馬

ストーミーシー

サラキア

グァンチャーレ

今年ダンジグを内包している馬

サラキア

グァンチャーレ

ミエノサクシード

ヒーズインラブ

ゴールドサーベラス

マイスタイル

ロードクエスト

さて、以上の考察で終了です。

血統ランキングを1から3位まで発表しておきます。

1位の馬を血統推奨馬とします。

1位 C

→父は京都マイルで好成績。当馬自身も京都で良績あり。母系にニジンスキー、父系にダンジグを抱えているのも好感。好枠を生かして立ち回ればチャンス。

2位 D


→母系にデインヒル、さらにはセクレタリアトを持っており全体的に柔らかい配合で京都金杯の相性は悪くなさそう。

3位 サラキア

→ゲートが下手なのがかなり気がかり。内前有利レースになりやすい京都金杯ではインはある程度渋滞するのでタイプ的にはこの枠は微妙。ただ、父ディープ、母系にニジンスキーとデインヒル持ちで相性は悪くなさそう。短縮も悪くない。


以上です!

えつらんありがとうございました!