マーメイドs2018 血統考察

こんばんはボンカです!今日は少し急ぎでの更新です。

マーメイドsの血統考察をしていきます!!


過去の血統推奨馬一覧

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)

複勝率42% 複勝回収率185.2%


まずは過去10年の簡易血統表をご覧ください!!

今回お話しすることはたった1つです!これで突破できると思ってます。

・このレースで支配力のある血統。スタミナの権化について

 

・このレースで支配力のある血統。スタミナの権化について

この重賞において最も目立つ種牡馬を考えた時にパッと思いつくのはマンハッタンカフェです。

表を見ていただいたらかなり目立つと思います。過去10年馬券になった30頭中6頭つまり5分の1の割合を占めちゃうんですよね。

マンハッタンカフェの配合の特徴の一つのリボー持ち。マンカフェは天皇賞春を勝ってますが、天皇賞春はリボーがとても走る舞台なんですよね。

リボーと言えばスタミナの権化と呼ばれるような馬ですが、血統表の奥に入って底時からを出す役割を果たしているんですね。

話は逸れましたが、マンハッタンカフェ産駒が走る→ヨーロッパ血統も相性がよさげ→リボーいいんじゃね?という発想のもと過去10年の馬券になった馬の血統表を見た結果30頭中14頭がリボーを内包していました。

というわけで今回はリボー持ちを重視してみようと思います。

 

今年のリボー内包馬

マユキ

ミエノサクシード

ミリッサ

ルネイション

レイホーロマンス

ヴァフラーム

 

案外絞れましたね。

ここから何を推奨するかですが、現在日曜阪神の天気は雨。

更にもとよりヨーロッパ色が強い馬の相性がいい重賞。

というわけで今回はこの馬にしてみます!

馬D

→父は本来開幕終盤のタフな芝が得意で、荒れ馬場は血統的には問題なし。

母系はヨーロッパ色が強く、リボーも内包といろんな条件をクリア。

戦績的にはスローバランスのほうがいいので緩めの流れになれば面白いかも。

あとは単純に足りるかですね。頑張ってほしいです。

 

以上です!

最後にマーメイドsで巻き返しあるんじゃないかと感じている中穴も発表しておきます。

馬E
→好走条件が割とピンポイントな馬。外枠からゆったり前目に着ける且つできれば渋ったほうが良いという狭いストライクゾーンの持ち主でこのような馬は条件次第でさらっと復活もあり得るので要注意。後イメージ程渋らないとダメって感じもしないですねこのレベルなら。

 

 

閲覧ありがとうございました!!!

エプソムカップ2018 血統考察

こんばんはボンカでございます。

安田記念が個人的にダメージのある外れ方だったので寝込んでましたが復活しましたw

今日の記事はエプソムカップ2018の血統考察の記事です!

ペース分けしたら結構明確に違いが出ましたので役に立つかもしれません!

ではでは行ってみましょう!


エプソムカップ2018関連記事

エプソムカップ2018ラップ考察


過去の血統推奨馬一覧

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)

複勝率42% 複勝回収率185.2%


 

さてまずは過去10年の簡単な血統表をご覧ください!

今回は色分けが多くなって申し訳ないです。

お話ししたいことは2つです!!

①平均程度に流れた場合に相性の良い血統

②スローまで落ちた場合に相性の良い血統

 

①平均程度まで流れた場合に相性の良い血統

表の左側の年度を見ていただきたいのですが、青色と無色に色分けされていまして、これは青色の年はスローペースで無色の年は平均まで流れたという意味合いです。

平均まで流れた2013年から2008年はスローだった年よりもヨーロッパの中長距離の血統が活躍していますよね。

これに関しては深く考えず今年も狙っていきたいですね。

 

今年グレイソヴリン系を4Lに内包している馬

ブラックスピネル

 

今年ダンシングブレーヴを内包している馬

シャイニープリンス

今年ニジンスキー系を4Lに内包している馬

ベルキャニオン

少し心もとないメンツにはなりましたが、平均程度まで引きあがった場合はこの馬を推奨したいと思います

馬B現在143位です!

→戦歴と血統がマッチした馬。ネット競馬の予想オッズでは12番人気となっていますが個人的にはもう少し人気してくると思います。

ここ3戦を見ても全く足りないという印象は受けず、上位2頭が少し強いですが3着程度なら展開次第ではあっても良さそうです。

 

 

②スローまで落ちた場合に相性の良い血統

次はスローになった場合を見ていきたいのですが、スローになった場合はDanzigがいい結果を出していますが、これに関しては平均でヨーロッパ血統がいいという事実と比較して個人的には弱い気はします。

ただそれ以外に実績のある血統が見受けられませんので今年はDanzigを持った馬を強調してみたいと思います。

 

今年Danzigを内包している馬

アデイインザライフ

サーブルオール

サトノアーサー

マイネルフロスト

マイネルミラノ

 

サトノアーサーはかなり人気の2番人気だと思いますのであんまり推奨したくないですね。

というわけで今回はこの馬!馬Cを推奨してみたいと思います。

現在70位くらいです!

 

③週末の雨に関して

週末に雨が降って馬場が少し悪くなるのであれば父キンカメのダイワキャグニーや、父アドマイヤムーンのハクサンルドルフあたりが面白いかもしれませんね。

 

以上です!

閲覧ありがとうございました!!!

 

エプソムカップ2018 ラップ考察と先週の結果

こんばんはボンカです!

安田記念と鳴尾記念は馬券はダメでした。馬券はこんな感じで購入しました。

特に安田記念についてはアエロリットの巻き返し、モズアスコットの高評価、ペルシアンやリスグラシューが微妙というようにある程度ピントが合ってただけにかなり悔しい結果でしたね。

安田記念のペース自体は想定内の45.5‐45.8の前傾の平均。

こうなってくるとやはり基本的なスピードに優れた馬が優位になってくるよねと。更に中盤が明確に厳しくなったというレースで基本的にはサンデー系には厳しい展開にはなったかなと思います。また中盤以降全く緩まなかったことからも外々を回った馬特にサングレーザーなどにはかなり厳しい競馬になったと見ています。

 

◎レッドファルクスはあの展開で延びてこないとなるともう厳しいのかもしれませんね。

馬体重が+8キロと休み明けの分はあったのかもしれませんが、位置に関しては好発から意図的に下げたというよりはテンでついていけてなかった感じはありますしね。マイルの距離で追走が効かないとなるとスプリント戦も苦しいかもしれません。直線は入りで反応自体は見せているんですがそれでも他馬と明確に差があるものではなかったですし、内やや有利~内外フラット程度の馬場では厳しかったか。

 

〇サングレーザーは勝ちに行った結果裏目に出た印象で、位置を散りにいったが終始外目で速いペースに乗る形になってしまい、持続力は引き出して頑張ったものの厳しかった感じですね。まあこの馬に関してはいくらでも見直せる内容だと思いますし、今回は厳しい展開になったもののマイル路線ではやはり上位の安定感がありますね。

 

▲モズアスコットは進路、馬場、ペース共にかみ合った結果になりましたね。やはり見立て通り前半部分がある程度要求されるレースのほうが良いです。結局後半勝負になるとサンデーの決め手が勝るわけですし。

本当に本当に連闘が引っ掛かった。連闘がなかったらもっと人気してたでしょうけど。。。悔しいです。

 

☆リアルスティールは流れると厳しかったかもしれませんね。マイルが合ってない可能性もありますが比較的まともに走ったのが今回が初めてですので決定的な判断材料にはならないとは思うのですが今日にレースを見ても4歳が強すぎますね。

 

△アエロリットはまあこんな感じのレースになったらこの馬の土俵という感じで、結局牝馬のヌルいレースよりは混合のしまったペースのほうがかみ合う馬なんですよね。ただこのレースで難しかったのが戸崎がそう言ったレースメイクを強気でしてくれるかという点とやはりG1ニ戦目というローテーションでしたね。来年も出てくるなら十分にリピートはあると思います。

 

△スワーヴリチャードは化け物ですね。この一言に尽きます。ゲートが出て、サトノアレスやダッシングブレイズより前に出れた時点で課題は60%クリアでした。ただそれでも31秒台のレコードタイの高速決着に対応してきたわけですし、まだ4歳でハーツ産駒の成長力もありますので秋はこの馬の時代になりそうですね。JCと天皇賞秋はこの馬軸で問題ないでしょう。

 

消リスグラシューは牝馬限定戦で見直しましょう。

 

鳴尾記念に関しては◎マルターズアポジーは武豊さんがしっかり淀みないペースを作ってきてくれましたがさすがにオーバーペースでしたね(笑)負けた馬だとタツゴウゲキなんかはサマーに本気でしょうし見直せると思います。ストロングタイタンは個人的につかみどころがなくて苦手ですね。このペースで勝っちゃうか。。。

さて懺悔の時間はこれくらいにして来週のエプソムカップのラップ考察に入りましょう!


まずは過去10年のラップを表にまとめましたのでご覧ください!

今回お話ししたいことは2つです!

①エプソムカップのラップ傾向について

②前残りについて

 

①エプソムカップのラップ傾向について

まずペースに関しては先週の安田記念と大きく変わり基本的にはハイペースになることはまれで、近10年では極端なスローもしくは平均程度と二分化している。今年も出走馬を見渡す限り大きくペースが上がるということはなさそうで、近年とおなぞようなペースに収まると考えていいでしょう。

また、仕掛けどころに関してはやはり東京といったところか、明確に仕掛けが遅くなったのは2013年のみで基本的にはL3で勝負となってきます。その中でもL3最速が多く最高速度の持続力がキーになり、中団くらいに付けられて持続力のある馬が狙いやすいかもしれませんね。

 

②前残りについて

東京1800mは前が残りやすいコースでして、回収率ベースでも基本的に前目が有利、追い込み勢は壊滅的という構図なのが東京1800m。

エプソムカップでもやはり4コーナーで最低でも10番手以内にいないと勝ちまでは厳しくなっていますね。

追い込み馬を買うならコーナー手前で緩む展開もしくは自ら動ける馬を狙うべきだと思います。

 

以上です!

現状で軸というか頭固定したいと考えている馬がいますので発表しておきます!

馬A

→堅軸だと思います。まず飛ばないでしょう。久々の馬や年齢を食った馬ばかりのメンツなら負けられないですね。